【 この世はまさに現代版・ハリーポッター的流れ 】

ハリーポッターの映画を
一度でもご覧頂いた方は
お分かりかと思います。

ハリーポッターとは…。


〜ここから以下、Wikipediaより抜粋〜

舞台はホグワーツ魔法魔術学校。
年少の魔女や魔法使いが魔法についての理論や実技を学ぶための7年制の教育機関。
全寮制。

創設の歴史として4人の偉大な魔女と魔法使いによって993年頃創設される。
寮の選択は、4人の創立者が魔法によって知恵を吹き込んだ「組分け帽子」が行う。
具体的には、生徒が組分け帽子を被ると帽子が生徒の資質を分析し、(場合によっては生徒本人の希望を取り入れ)4つの寮から最適の寮を帽子が宣言する。
選択の基準は4つの寮が重んじる徳目のうち、“生徒が最も重んじる徳目は何か”というもの。


□『グリフィンドール』
勇気果敢な騎士道を有する生徒を求めており、優れた魔法使いを数多く輩出している。
寮生や出身者の多くは何らかの信念を持ち、安易にそれを翻さない性格であると言える。
しかし、それゆえに傲慢な一面を垣間見せる生徒も多い。

□『ハッフルパフ』
愚直で心優しい者を求めている。
他の寮に入れなかった生徒を広く受け入れる為に
劣等生の寮というイメージがあるが、優秀な生徒もおり、また四寮の中では最も闇の魔法使いの出身が少ないことでも有名。

□『レイブンクロー』
勤勉な者や学力が高い者を求めており、寮生は知性を重視する傾向が強いためか、どちらかと言うとプライドが高く、自分たちの基準に合わない知性の持ち主を見下す者も少なくない。

□『スリザリン』
蛇語、機知に富む才知、断固たる決意、やや規則を無視する傾向。
この寮の出身者は後述するように選民思想をもつ人間が多く、他の3つの寮と完全に決裂しているが、その分、他寮と比べて寮の結束が高い傾向にあると思われる。

〜以上、ここまでがWikipediaより抜粋〜



b0367250_23344395.jpg

ハリーポッターの映画を中にもあるように
グループいわゆるタイプ別に
『寮』が分かれております。

この『寮』というものを
例えば
『エネルギーワーク』に変換したとします。

最近では様々なエネルギーワークのタイプを
耳にするようになりましたが
貴方ならば何を基準にして選びますか?

強くなる為のエネルギーワークか
自分らしくいられる為のエネルギーワークか。


b0367250_23305555.jpg


私ならば
無条件に後者を選択します。


強くなるとは一体何なんでしょう?

自分らしく在ることこそが
たとえどんなことがあっても
耐えられことにも繋がるものでは?
とも感じております。



見方を変えれば
孤高こそが強さなんだと思います。
[PR]
by ninastone | 2016-05-08 19:20