【 生命エネルギーのお裾分けの危険性 】

先日、重い病に伏せている方のお身体に
直接可能な限りの私の生命エネルギーを
送らせて頂きました。


すると当初、私自身が予定した以上の
生命エネルギーがその方に送られてしまい、

私の右側半分がまるでミイラのような
壊死した状態に。



右側半分がまるできしむような
痛みに少々悶え、
やはり私も側は人間なんだなぁと痛感。



その後、
ご縁を頂いてる方々の知恵や能力のおかげで
だいぶ修復状態に至りましたが、

未だ万全ではありません。



実は生命エネルギーのお裾分けをする
ということは、
私の持ってる本来の寿命を縮めること
にも値します。

なかなか想像し得ないかもしれませんが、
命を削るというリスクを危険性を
頭では理解し、解っていながらも
いざ実行してみてその危うさをも体感。



ターコイズが割れたのも
分からなくもありません。
b0367250_23301400.jpg

動くことにけしてバツなんかではなく、
動き方に
亡き父が警報を発して来たんだなぁと。


父上、心配かけてごめんね。


今夜も頂いたお塩と
空気神社の貴重な神酒で整え中です。
b0367250_23301498.jpg

そこでちょっとした不思議体験が。

普段、日本酒を飲めない私なんですが、
この時ばかりはワンカップの半分までを
ぐびぐびと飲むことが出来ました。

本当に甘かったんです。

日本酒がいつの間にか飲めるように
体質が変わったのかしら?と一瞬ばかり
錯覚してしまう位に…です。

ただ、その味覚は後半には普通の日本酒に
戻りましたので、残りの分はそのまま浴槽に。




しばらくすると…


b0367250_23301527.jpg

ん?

みるみるうちに私の手の平が…




シャワーヘッドの穴のような?

気穴がポツポツと
浮かび上がって来ました。




まるで気穴のつまりを
押し出したかのような感覚です。
[PR]
by ninastone | 2016-06-13 23:15