【 妻として、長男の嫁として 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






実家に着きましたが、そこには既に冷たくなった義父が安らかで穏やかな表情で横たわっておりました。






本当に今にも生き返りそうな義父の表情を見ながら泣き崩れる夫。







b0367250_14391981.jpg

私自身も23年前には母を、19年前には父を亡くした経験があるからこそ夫の気持ちは痛いほど理解しております。

経験している私にしか出来ない形で精一杯努めて参りたいと思います。







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-07-14 18:00