【 善人倶會(ぜんにんくえ)】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






b0367250_15431157.jpg

先ず、朝一番にニナストーンの組み替えを。
いつまでも立ち止まっているわけにはいきませんからね。





b0367250_15431201.jpg

そして夫と二人でいざ義父の故郷巡りに!
運転免許証を持っていない私はいつも助手席に。
b0367250_15431317.jpg

景色を観ては心痛むシーンもちらほらと。


何故こうも山を切り崩せるんだろう?
…と。




ご先祖の墓参をし、近隣の町巡りを。



千厩町は日本酒・玉の春資料館へ。
b0367250_15431359.jpg

こちらは杉玉です。

スギの葉(穂先)を集めてボール状にしたもので、酒林(さかばやし)とも呼ばれます。

軒先に緑の杉玉が吊されると、新酒ができた合図です。
吊るされたばかりの杉玉は、蒼々としていますが、しばらくすると枯れて茶色になってきます。
この色の変化で新酒の熟成具合が分かります。

b0367250_15431462.jpg

やはり日本家屋はステキですね。
かなり御満悦な私。


b0367250_15431526.jpg

こちらは日本一大きな記念スタンプ。
20キロの重さです。
夫もかなり御満悦。





町のお店にもちらっと立ち寄りましたがこちらにはかなり驚かされました!
b0367250_15431568.jpg

蓮の花のバケツ売り。
お一つ2500円。

なんとも不思議な感覚です。




b0367250_15431630.jpg

こちらは千厩の夫婦石。

〜 古くは道祖神として信仰されていたが、やがて『古事記』『日本書紀』に登場するイザナミ、イザナギ神話やサルタヒコとアメノウズメの夫婦神信仰が習合し、夫婦和合の神となり、子作り・子育て・子宝の神として広く信仰されてきたのだろう。
しかし、夫婦石の系譜は、はるか縄文時代にまでさかのぼるものであり、千厩町にとっては、先人が祀った祖先神であり、大切な守り神であったことを忘れてはならない。〜

b0367250_15431744.jpg

いつまでも大切にしたい想いですね。






最後は長徳寺にてご縁を頂いております渋谷住職に読経頂きお焼香もし、説法も頂きました。
b0367250_15431736.jpg


“善人倶會”
「 善い行いをする人はまた会う事ができる 」

夫婦共々心穏やかになりました。
ありがとうございました。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-07-24 20:20