【 夫側の実家のお墓参りへ 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は夫と二人で千厩・藤沢を探訪して参りました。
b0367250_01192989.jpg



はじめに館ヶ森アーク牧場に立ち寄り、夫はソフトクリームを。

私は何故かショップ内で偶然見つけた
『 カンホアの塩 』を一目惚れで購入!
b0367250_01193026.jpg

①完全天日塩
②原料は海水100% 
③こだわりのじっくり結晶法


大事に食したいと思います。




次に、千厩では創業明治元年の魚屋さんで100円のかき氷を。
b0367250_01193002.jpg

100円でこちらのボリュームはサービス良過ぎと感じつつも、遠慮なく美味しく頂きました。
b0367250_01193127.jpg





さらに、藤沢にあるこちらの竹駒神社にて参拝。
b0367250_01193229.jpg



敷地内で最初に目を惹いたのがこちらの石碑たち。
b0367250_01193349.jpg

「何故、石碑を建てて祀るのか ?」

それは雷が落ちた場所に『 雷神 』と言う文字を刻んだ石碑や祠を建て、「 ここに雷神様が降り立った場所だから 」と言うのが通説らしいです。



そして次にこちらの鐘つき堂。
b0367250_01193372.jpg

神社の敷地内に鐘つき堂とは何故?
と思っていたら、
b0367250_01193450.jpg

夫は何の躊躇も無く鐘をついてました。


b0367250_01193552.jpg

なんとも不思議な空間でもありました。






その後はお墓参りを済ませてから、夫曰く約10年ぶりに訪れる親戚宅へ。
b0367250_01193645.jpg

外でバーベキューを頂いたりと楽しく過ごして参りました。



世代交代で感じること。

私の実家でも言えることなんですが、やはり親世代が居なくなると疎遠になりがちな流れをよく見聞きします。

やはり淋しいものですね。

私の実家でも、お盆ともなれば西瓜を丸ごと買っては近くの川で冷やし、ジンギスカンが大好きだった父はラム肉を5キロ程購入しては子や孫に振る舞っていました。

それが両親が他界した今となっては、全員が顔を揃えて集まる機会は激減。

改めてあの当時の賑わいを懐かしく感じます。

現代社会の核家族化による親戚同士のコミュニケーション不足は今後もっともっと深刻な問題になることでしょう。

古き良き文化を残す最善な方法が無いものか?とついつい考えてしまう私がおりますが…。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-08-16 21:20