【 富士山というキーワード 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






ここのところ、何故か『 富士山 』が気になって仕方ありません。
b0367250_06004958.jpg

夢にまで見る…
とまでは言いませんが、様々な形でキーワードが私の元に来るようになりました。



そこで気になってSNSで調べてみると、割りと多くの富士山の噴火の恐れがあるという記事が目につきます。



確かにここ近年騒がれ始めている富士山。


だが、気になったのはなんとなしに意識をそっちばかりに向かわされている?ようにも感じるものがありました。

もちろん日本は地震大国であり、備えあれば憂いなしという意識も大事なこと。
そこは理解しています。

が同時に、感情が波動となり、その状況を生みだすこともあるという事も感じてとってもおります。


「 不安 」な感情は「 不安 」に近い状況を誘う。

もしこの感情のエネルギー、いわば波動をもが富士山の噴火の一つの着火材に結び付く要因の一つとなってしまうんだとしたら、なるべくならばこうした富士山に対する「 不安 」や「 恐れ 」という感覚を「 愛でる 」や「 恋う 」に変えることは出来ないものだろうか?と考えました。






( 実は先日のタマラでのコスモにて見せられた富士山の頂上、それも真上から見た場面が未だ忘れらずにおります。富士山の頂上を思い描いた事など全くない中で見せられる意味とは。)




未だ答えにたどり着けずにいる中、本日、新たなニナストーンの持ち主が台風と共に遥々静岡県よりお越しくださいました。

辿り着いたのがまさに台風のピーク時。



組み始めてから約4時間。


不思議なものでニナストーンが完成した頃には外は見事に晴れていました。
b0367250_06005006.jpg

このタイミングで生きた石が静岡に初上陸した意味。


本日は静岡からお越し頂いたご縁にただただ深く感謝し、ニナストーンを紡がせて頂けたこと大変光栄に思います。


このご縁が必然か偶然か、は…今後とも見守って行きたいと思います。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-08-17 22:00