【 大人の遠足〈金華山、女川、石巻〉・中編 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。





金華山を離れる前にかなり人馴れしていた鹿とのツーショットも撮れましたので
b0367250_00222009.jpg

金華山を後に女川へと向かいました。




『 シーパルピア女川内・今野梱包 』のテナントで常設展示されている話題のイタリア製高級スポーツカー「ランボルギーニ」の段ボール版「ダンボルギーニ」の見学へ。

宮城県の段ボール加工会社が原寸大模型を半年間かけて段ボールで製作加工し、完成したのがこちらです。
b0367250_00222059.jpg

それにしてもクォリティが高過ぎ!
b0367250_00222270.jpg

というわけでしっかりとツーショットも。




お昼は『 シーパルピア女川内・明神丸』にて。
b0367250_00222333.jpg

大変立派な大漁旗が飾られておりました。


b0367250_00222555.jpg

そしてこちらの「 まぐろ三色丼 」を全員でチョイス!






…大盛りにすれば良かったです。

もちろん大変美味しゅうございました!




お土産には大好きなホヤシリーズを。
b0367250_00222602.jpg

勝手にキャンペーンレディになりきってます。


b0367250_00222835.jpg

皆さんもいい笑顔!
幸せです!






さて、次に目指すは石巻へ。


途中で通ったのがこちら「がんばろう!石巻」と大きく書かれた追悼の場へ。
b0367250_00222923.jpg

そこには津波到達点、つまり津波の高さを示す1本のポールが立っています。
b0367250_00223028.jpg

その高さは6.9m。


屋根の高さほどもあるこちらの津波到達ポールを見上げながら、改めて5年半前のあの日、巨大な水が文字通りここをこの町を飲み込んだ現実を教えてくれています。
津波の高さが示された津波到達ポールを通してその驚異を感じました。

津波が到達したその高さは、当時は仙台朝市で被災した私には全く想像が出来ません。

同じように被災をしていても、内陸部と沿岸部ではかなりの開きがあるのが現実的な考え方だと思います。




その足で石巻日和山公園へ。
b0367250_00223188.jpg

改めて海を眺めました。

もちろん全員で。



後編へつづく。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-19 23:15 | 旅日記