【 開基・龍華妙立上人生誕1150年祭 初・ご開帳 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は大人の遠足で鶴岡の善寶寺に来ました。
b0367250_01085022.jpg


開祖してから初めてご開帳したとの事。
b0367250_01085014.jpg

寺内にある30を超える建造物のうち6建造物が国の重要文化財にも昨年決定し、観光客も多数来ておりました。
千年の時空を超え、大願成就の祈りを捧げました。




また裏側には1990年に「人面魚」騒動で有名になった貝喰みの池もあり、当時の人面魚もいました。
b0367250_01085107.jpg

写真真ん中辺りの金色の鯉がそのように言われています。


すると佐々木さんの胸元にトンボが!
b0367250_01085234.jpg

まさにトンボのブローチの完成!
素晴らしい流れです。



更に貝喰の池の奥の院では、妙達上人が三度び二龍神を拝し守護神・龍神様が祀られており、
b0367250_01085372.jpg

一千百年の歴史を刻むこの池には、今も二頭の龍が身を潜めていると伝えられているそうだ。
b0367250_01085484.jpg

それにしてもこちらの『 南無戒道大龍女 』がやたらと反応がよかったので思わず何度も見上げてしまいました。





ランチは寝覚屋半兵衛 (ねざめやはんべえ)にて鶴岡名物でもあります麦切りと蕎麦をチョイス。
b0367250_01085561.jpg

薬味は長ねぎとからしとわさびで。
お新香は自家製のようで、最後まで大変美味しゅうございました!





時間が僅かながらもありましたので、次は出羽三山の厳しい修行で精進潔斎し五穀十穀を断ち最後に断食して即身仏となった・鉄竜海上人( 山形に6体ある中の一番お若い方でもあり、江戸時代に目の疫病が流行った頃にこのお方は自分の左目をくり貫いて川へ流し祈願したそうです。)が安置されている南岳寺へ。
b0367250_01085633.jpg

昭和の火災時、本尊と即身仏のみ無事だったという神秘さをも持っているお寺です。


こちらでも御朱印を頂きましたが、不思議と墨がベッタリと付いていて文字が見えないようになっておりました。
きっと見られたくない何かがお有りだったんでしょうね。





ラストはこちら。
三寳荒神社( さんぼうこうじんじゃ)へ。

驚いたのがお休みだったということ。
神社にも休日があるんですね。


とはいえせっかくですから参拝をさせて頂きました。
b0367250_01085673.jpg

親子龍のいる手水舎。


b0367250_01085764.jpg

そして久々におみくじを引いてみましたが、気持ちよく一番を引きました!

もちろん内容は『 大吉 』ではありましたが、それ以上に一番という数字を引けた事にテンション上がりました!

今日の流れに感謝致します!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-10-10 22:00