【 2016 古宿祭 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






朝からゾロ目ナンバーの乗用車にメッセージを頂きました。
まるで背中を押してくれてるかのよう。
感謝しかありません。





今日は地域行事として新田( しんでん )の『 古宿祭 』へ夫婦で参加させて頂きました。
こちらはかれこれ30年以上も続いて来たお祭りでもあります。

当時はお寺も無く神社も無い。
何か商用施設になる場も無い。
せめて子供たちに何か楽しみを味わってもらいたいという当時のPTAをされてる方から始まったお祭りとも聞きました。

まさに想いの込められた地域のコミュニケーションの場。
古宿有志会の方々の想いの詰まった古宿祭をまるで祝うかのような晴天の下でいよいよスタートです!
b0367250_09092394.jpg

皆さん生き生きしてます!




私は急遽、フリーマーケットのブースのお手伝いを。
b0367250_09092440.jpg

夫。
張り切ってMCを。

MCと分かりやすいように、前掛けやタスキを。
タオルでねじり鉢巻といったスタイル。
b0367250_09092518.jpg


…私には出来ない夫ならではのスタイル。

b0367250_09092547.jpg

夫、各コーナーの紹介に熱が入ります。
本当に伝えることが大好きな夫です。




仙台初のアフリカン太鼓チーム
★ POLE POLE ★ ぽれぽれ
b0367250_09092611.jpg

こちらのバンドのネーミングの由来は「ぽれぽれ(pole pole) =のんびり・ゆっくり」なのだそう。

今までアフリカンダンスに滅多に触れることが無かったからなのか、本当に新鮮な時間でした。
夫も魅入っていた様子。

会場にアフリカンリズムが軽快に響き渡りました。




さあ!
ラストは皆さんお楽しみの抽選会!
b0367250_09092731.jpg



一等の自転車は誰の手に!
b0367250_09092805.jpg

当たった方、おめでとうございます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-06 21:40