【 私ってネコに好かれたことあったかしら? 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






久々に夫と二人で完全オフ。
b0367250_02234824.jpg

二人で格安温泉へ行って参りました。
やはり温泉はいいですね。
温泉=パックが最近のマイブームでもあります。




そして神社へも。
b0367250_02234960.jpg

こちらは温泉神社と書かれてありますが、おんせんじんじゃとは読まずに『 ゆのかみのやしろ 』と読むのだそう。

承和四年(837)、当地で大噴火が起り、温泉の神を祀って、鎮めたのが当社の起りです。
b0367250_02235018.jpg

境内には、こけし歌碑が建てられております。
鳴子は「こけし」で有名な地なだけにこちらの拝殿にも「こけし」がぽつんと置かれていました。


御朱印も頂戴致しました。




さて次なる神社へ。
b0367250_02235157.jpg

( 個人的にいろいろと思う事があり、敢えて神社の名前は伏せさせて頂きます。)

こちらの小さな神社の鳥居に掛けられたこの注連縄( しめなわ )は、藁でなくビニールひもを編んでつくってありました。
色があまりにも青々としておりましたので直ぐにその違いが分かったくらいです。

伝統的に藁を編んで作られてきた草履や野良仕事用のかごなどをビニールひもで作ってしまう例は今となっては日常的に見られるようになりましたが、やはり少々考えてしまう点でもあります。

それも、最も神聖であるべき注連縄にまでビニールを使うようになって来たとなりますと尚更複雑な思いに駆られました。

一体何処まで簡素化させたいのでしょうか。
考えてしまいます。
b0367250_02235234.jpg

中を覗き込むとほとんど物置きと化した神社門にも胸を痛めていたところ、またまた素晴らしい光りが入り込んで来ました。


確かに。
お節介な話しですよね。
失礼致しました。






さて、気を取り直して…次なる神社はこちらの磯良神社( いそらじんじゃ )です。
b0367250_02235398.jpg

こちらでは河童の伝説があり、おかっぱ様と呼ばれております。
緑結びの神として知られ、木彫りの河童の像があるとのこと。



車から降りると、なんと一匹のネコが足早にこちらに向かって来るではありませんか。
b0367250_02235341.jpg

ん?
かなり尻尾が真っ直ぐに立ってこっちに来るけれども。
b0367250_02235404.jpg

ん?
飼い主でもいるのか?
( 後ろを振り向いてみたが誰もおらず )


私ってネコに好かれたことあったかしら?


b0367250_02235548.jpg

写真では間に合いませんでしたが、実は思いっきりお腹を見せてくれたんです。
そしてしばらくは私の足元から離れようとしませんでした。

あまりにも突然な出来事にしばらくはこちらのネコから目を離せませんでした。




もしかして何か感じたのかしら?




と言うのも実はこちらの磯良神社に着く手前で車に跳ねられてしまった別のトラネコの姿を見たばかりでした。
血まみれになっていたその姿を本来ならば眼を背くところなんでしょうが、私は何故か眼を離さずに『 しかと見届けました。』と想いだけをそのトラネコに向けて届けました。



あくまでも予測でしかありませんが、そのトラネコへの思いをこちらのネコが何らかの形でキャッチしたのかなと。


想いも一つの波動ですからね。



あまりにも不思議な感覚の出来事にしばらくは上の空状態に。
b0367250_02235660.jpg

想いは時空を越える可能性を垣間見た出来事に感じましたから。




しばらくは忘れられなそうな出来事です。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-20 23:00