【 いざ、御江戸へ 】 〜 11月22日編 〜

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は二度目の靖国神社へ足を運んで参りました。
b0367250_01272612.jpg

b0367250_01321409.jpg



※ ここから靖国神社のサイトより抜粋。

《 靖国神社の御祭神 》
靖国神社には、戊辰戦争やその後に起こった佐賀の乱、西南戦争といった国内の戦いで、近代日本の出発点となった明治維新の大事業遂行のために命を落とされた方々をはじめ、明治維新のさきがけとなって斃れた坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・橋本左内といった歴史的に著名な幕末の志士達、さらには日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満洲事変・支那事変・大東亜戦争(第二次世界大戦)などの対外事変や戦争に際して国家防衛のために亡くなられた方々の神霊が祀られており、その数は246万6千余柱に及びます。
靖国神社に祀られているのは軍人ばかりでなく、戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒など、軍属・文官・民間の方々も数多く含まれており、その当時、日本人として戦い亡くなった台湾及び朝鮮半島出身者やシベリア抑留中に死亡した軍人・軍属、大東亜戦争終結時にいわゆる戦争犯罪人として処刑された方々などの神霊も祀られています。

※ ここまで靖国神社のサイトより抜粋。




b0367250_01272808.jpg

遊就館では特別展『時を超えた祖国への想い -軍人と共に歩みし軍属たち-』が展示されております。
b0367250_01304030.jpg

海軍だった父からよく戦争の話しを聞かされた幼少期を思い出しながら、鼻水が止まらなくなるほど胸が熱くなりました。





さて、次なる約束の場所へ移動です。

b0367250_01272838.jpg

ドキュメンタリー映画
『つ・む・ぐ〜織人は風の道をゆく 〜』
 http://www.tsumugu-movie.com/

吉岡監督と動画カメラマンの吉島陽子さんと急遽、御江戸にてお会いすることが出来ました。
初対面にも関わらずずっと喋りっぱなし!
( 私は石の話ばかりをしていたようにも…。 )

時間いっぱいに素晴らしい時間を共に過ごさせて頂きました。





またまた移動です。

こちらは恩師でもありますタマラ創始者・加藤憲子さんとのツーショット。
b0367250_01304112.jpg

人本来の生き方を伝え、サポートとなるエネルギー《 タマラ 》に基づくさまざまなエネルギーワークを展開しているお方です。


何よりも私が『 石を本来の状態に戻す能力者 』と的確に見出だしてくださった唯一のお方でもあります。
b0367250_01272965.jpg

今回はミラクルカンバセーションのメンテナンスを彩さんにして頂いた後にタマラさんとお話しをさせて頂きました。
b0367250_09473327.jpg

やはり餅は餅屋であるように、本質のある方に私はこれからも委ねて行きたいと改めて感じました。





更に移動をします。

急遽、タマラの自習塾へ。
b0367250_01273014.jpg

空間をエネルギーで満たすことで、およそ通常の倍のスピード感で脳が働けるようになり、およそ1時間、高い集中力で仕事や学習に取り組めるとのことで初参加です!
b0367250_01273172.jpg

なんとなしにチョイスしたのはこちら。



自由民主の広報誌は夫から渡されたもの。
私自身も前仙台市議会議員でもある夫・小野寺淳一の妻としてありとあらゆる方向性を学ばなければなりません。
b0367250_07064462.jpg

なんせ夫は三年後の仙台市議選にも出馬しますからね。




あっと言う間の一時間でした。

脳を使いますとやはり小腹が空きます。
b0367250_01273298.jpg

というわけで、ゆっこさんと二人でこちらでディナーを。
大変美味しゅうございました!


ゆっこさん!
いろいろとありがとうございました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-22 22:50 | 旅日記