【 榴岡天満宮にて、嬉しい再会 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






本当に偶然の出来事でした。


榴岡天満宮へ夫と出掛けた際に、たまたま隣に駐車した車中からバッチリ目が合いました。

あらまぁ!
Aさんではありませんか!
ご無沙汰しております!
b0367250_22115104.jpg

あまりの嬉しさに私大興奮。
( ちなみにこちらはAさんに撮って頂いた一枚です。)


『 日南さん、石着け過ぎですよ〜。』
と言われましたが、まぁ石のお医者さんですからね。



どうやら今度、お子さまの受験があるんだとかで。
b0367250_22115273.jpg

もうそんな季節なんですね…としみじみ。




こちらには茅の輪がドーンとありましたが、左右にくるくる回らず、ここでは正面突破一方通行でとのこと。
b0367250_22115371.jpg

その名も「 難関突破合格の輪 」なのだそう。
それにしても見事なものでした。




榴岡天満宮には学問の神様である菅原道真が祀られているため、受験シーズンには次々と参拝客が訪れます。
b0367250_22115400.jpg

合格の願いを書き込む絵馬のほか、社務所で販売している「合格鉛筆」が有名とのことでした。




ほのぼのしていた御一家。
b0367250_22115408.jpg

何故か夫も見守っておりました。




それにしても!
b0367250_22115502.jpg

おみくじの種類の多さには驚きを隠せませんでした。
b0367250_22115606.jpg

では、私も。
b0367250_22115702.jpg

楽しむことも大事なことですからね。
b0367250_22115813.jpg

想いよ届け!




境内にある梅の木の蕾も寒さに負けず膨らんでます。
b0367250_22115994.jpg

梅の花が咲く頃には結果が出でるでしょう。



受験生の皆さん!
最後まで受験、頑張ってくださいね!!







本音ではAさんにお聞きしたかったです。

以前は『 守り石 』と呼ばれていた『 Nina Stone 』達が元気かどうかを。



まぁ、台詞を飲み込んだのは言うまでもありません。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-01-21 22:45