【 木と人間の関係性 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






仙台市が、JR仙台駅周辺の渋滞緩和が目的ということでこちら青葉区・広瀬通にあるイチョウ並木の伐採がとうとう完了してしまいました。
b0367250_01042586.jpg

中央分離帯に立つ12本のうち2本を伐採せずに残してはいましたが、やはりこちらの姿には胸が痛みます。

なんとも言いようの無い気持ちでいっぱいです。

人間側の生活事情とはいえど、何故ここまでする必要があるのでしょうか。

利便性って何なんでしよう…。





その後は夢メッセに移動し、リフォームフェアへ。
最近は中古住宅を購入してリフォームする方も増えています。
b0367250_01042536.jpg

ここにも様々な木の材料が活かされてはいました。



改めて木と人間の関係性を考えてしまいました。



木を植える者。
木を守る者。
木を育てる者。

木を伐る者。
木を運ぶ者。

そして木で何かを作る者のことを。



b0367250_01042692.jpg

木は「 人が十(まじわる)」と書き、二つ並んで「 林 」となり、また一つ重なって「 森 」となります。



この関係性をよく考え、どうか最後まで大切にして生きて行きたいものですね。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-01-22 22:50