【 魂の記憶・III 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今回は私自身のお話を致します。


b0367250_07421995.jpg




私が中学生の頃でした。


何故か覚悟を持って噴火口に飛び込む映像と感覚が鮮明に脳裏に浮かんで来ることが度々ありました。
ほんの一瞬とはいえ、フッと引っ張られるような感じに…です。

b0367250_23293902.jpg


その時はあえて深読みせずに過ごしていましたが、4年前に今の自分の体質を迎え入れたことで忘れていたその場面がそう頻繁ではありませんが数回とはいえ再びそのシーンが甦るようになりました。

b0367250_23294011.jpg


不思議なもので、その構図は何故か真上から一気に飛び込むのみ。
( まるでヘリコプターに乗っているような感じに )



噴火口を目掛けるスピードも生々しく感じております。

何故、飛び込むのかは感覚として今の地球のバランスを取り戻す為。

この記憶が果たして過去のものなのか。
もしくはこれから起きる未来のことなのか。




もちろん何らかのメッセージだとも思ってもいますが、今の私に解明するにはきっとまだまだ経験が浅いのでしょうね。




30年以上前から見せられて来たこの映像の意味がいつの日にか繋がることを信じて、これからも精進しながら生きた石を紡いで参りたいと思います。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-02-04 17:50 | 魂の記憶