【 いざ、御江戸へ 】 〜 11月17日編 〜

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日はタマラ・アドバンスト・プラクティショナーの面接の受ける為に御江戸に来ております。



私が私らしく有るような過ごし方をしょうと決めた日でもあります。
b0367250_10145797.jpg

先ずは金王八幡宮へ立ち寄り、豊栄稲荷神社へも参拝を。
それにしても風が強い!
春一番かしら?


百度石( ひゃくどいし )
b0367250_10145840.jpg

百度参り( 百回参拝する )をするためのものでもあり、この石の上に目印となるものを置き、参拝した回数を数えていきます。

実際にされてる方が現代にもいらっしゃるのでしょうか?


ちなみにこちらは金王八幡宮での一枚。
b0367250_10145977.jpg

最近は地場が少しでも整っていると、写真のようなアーチ型の光りが映し出されるようになりました。





さて、今日のランチはこちらをチョイス。
b0367250_10145995.jpg

『 C-MEN-HAN(シーメンハン)』
こちらでは幼少期によく食べていた大好きな刀削麺を美味しく頂きました。

大変美味しゅうございました。





偶然見つけた渋谷・表参道の方面にある『エルシブヤ』というレザーショップ( 革販売店 )。
b0367250_10150095.jpg

丁度、タロットカード用の敷物を探していたタイミングだっただけに嬉しい発見でした。
Nina Stone Clinic ディスプレイにも愛用出来そうです。





『 みきじろう整体 』
b0367250_10150153.jpg

度々タマラさんのブログ「 あかね雲 」にも登場する整体院ということもあり、気になったので行って参りました。

みきじろうさんはとても気さくな方で、私の石の話しも嫌な顔ひとつせず聞いて下さいました。
ご縁に感謝です!

そして、やはり施術中に熟睡してしまいました。
イアーコーニングでもそうでしたが、やはりこれもまた何かの働きがあるのでしょうね。

御江戸に来た時にはまたお世話になります!
改めてよろしくお願い致します。





『 APSARA 』
※ この時はワイルドシルクミュージアムでの展示会イベント期間中でした。
b0367250_10150117.jpg

アプサラはカンボジア語で「 天使・天女 」を意味します。
( ここでも“ 天使 ”というキーワードが。驚きです。)

こちらではカンボジア草木染手織りシルクを日本でハンドメイドしファッションを提案しております。


昔からシルクを愛用する機会が多かったので、やはり馴染み有る素材は本当に安心出来ます。


シルクの特徴として。
・夏は涼しく冬は暖かい。
・汗を吸着し放出する上に、乾きが早い。
・菌の繁殖を防ぐため、臭いも気にならない。
・天然のUVカット繊維で、紫外線から肌を守ります。


かなり時間の無い中での訪問でしたので、バタバタしてしまいました。
そんな中でのスタッフさんの機敏な動きには感謝申し上げます。
大切に着たいと思います。





いよいよ、タマラ・アドバンスト・プラクティショナーの面接です。
b0367250_10150201.jpg

面接官は左から多田さん、持田さん、桜子さんの御三方でした。

この度は貴重なお時間を頂き感謝申し上げます。



そして無事、合格!

b0367250_10150346.jpg

ちなみにこちらはビフォー( 上 )アフター( 下 )の写真ですが、違いが分かりますでしょうか?
( 撮影し、レイアウトして下さった持田さんに感謝申し上げます!)


多くのアドバイスを活かせる自分で在りたいと思います!
ありがとうございました!






ラストは東京駅にてゆきさんと待ち合わせ。
b0367250_10150366.jpg

切れかかっている Nina Stone の紐交換の対応です。
ごく限られた時間ではありましたが、様々な角度から生きた石たちからのメッセージをお伝えしました。

ギリギリ間に合ってよかったです!
お土産まで頂き、楽しい時間にも感謝申し上げます!





一日中走って回ったように感じた今回の御江戸の旅も無事終える事が出来ました。



さて。
夫の待つ仙台へと帰ります!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-02-17 23:00