【 伊達政宗公の感性に触れる 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






今日は夫婦で日本三景の一つ・松島へ
( 日本三景とは、京都府の天橋立、広島県の厳島神社、そしてここ宮城県の松島からなる名勝地のこと )




そして気になっていた『 瑞巌寺 』へ
※ 正式名称:松島青龍山瑞巖円福禅寺
( しょうとうせいりゅうざんずいがんえんぷくぜんじ )


□ー□ー□ー□ー□ー□ー□ー□

2017年4/28 - 6/25
〜 伊達政宗展 〜
生誕四五〇年を記念しての特別展が開催されています

□ー□ー□ー□ー□ー□ー□ー□


このお寺は戦国時代の武将・伊達政宗公が造営に力を注いでもおります

政宗公といえば勇猛な武将としての姿ばかりでなく、和歌や漢詩・能・茶道等にその才能を発揮し、能書家で筆まめな性格であると言われておりますが、まさに政宗公のこだわりを持った感性そのものに触れらる空間にも感じました
b0367250_08570472.jpg


国宝の庫裡( くり )は現在、平成の大修理期間中ということもあり特別公開中
b0367250_08570543.jpg

※ 庫裡( くり )とは現代でいうお台所のこと
b0367250_09232720.jpg



風流を愛した政宗公の意気込みは本堂でも感じられ
b0367250_09232831.jpg

職人は一流を、技術は最先端を関西から招聘されたとのことに政宗公の“ 美 ”に対する熱き思いも見受けられ、伊達政宗公が心血を注いだとされる桃山様式の唐戸や欄間の造り、襖や床の間の豪華な絵画を観ると、さすが国宝の格の高さにうたれます



宝物館( ほうもつかん )もそれはそれは大変素晴らしく、ただただ溜息ばかり

大満足です ^_^



もちろん瑞巌寺の奥ノ院でもある『 五大堂 』へも足をのばしましたが、さすが松島
b0367250_09232893.jpg

雨上がりにも関わらず、たくさんの観光客で賑わっておりました




こちらは『 みちのく伊達政宗歴史館 』にて鎮座している蝋人形の政宗公
b0367250_09470947.jpg

現代の松島を、宮城を、東北を見た時にどのような感想を述べるのだろうか


そう、ふと感じたわたしがそこにおりました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-05-14 20:35