【 感情からのアレルギー反応 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






自分の中にある“ 本音 ”


そこを気づかないフリをして
気のせいと自分につくろってるうちに
いつしかその対象が自分にとって
負担なモノとなって来る場合があります


負担なうちはまだかわいいもの
b0367250_12101648.jpg

これが徐々に感覚として
ハッキリとした感情になって来る



これ以上のモノにならない為にも
そこから距離を置いてみるのもまた一つ
b0367250_12101644.jpg

我慢をし過ぎたその先に待ってるのが
そのモノに対する感情アレルギーですから


触れたくない
聞きたくない
受け入れ難い



その感覚はけしてネガティヴなものではなく
b0367250_12101749.jpg

自身の放つ“ ノー ”のサインなんだということを受け入れてみる選択も有りかと思います ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-07-16 21:40