カテゴリ:未分類( 428 )

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






Nina Stone の持ち主は、基本的に「 ど真面目 」な方が多いです

b0367250_23170908.jpg


《 Nina Stone Clinic 》は口コミのみの空間なのに、何故かご縁を頂く方々のほとんどが「 ど真面目 」でステキなお方ばかり




もっと器用に生きれたら
もっと上手に生きれたら
もっと自由気ままに生きれたら
もっと…
もっと…
もっと…
b0367250_23171062.jpg


挙げたらキリがありません




器用じゃなくても
上手じゃなくても
自由気ままじゃなくても


そのままの「 ど真面目 」なままで十分だと私は思います
b0367250_23171092.jpg


どうかいつまでもそのままの「 ど真面目 」なあなたでいてくださいね ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-07 20:00

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






思いやり…

それは小さなマナーや親切の在り方にも感じます
b0367250_15230237.jpg

例えば、道に迷ったり、なかなか目的地が見つからなかったりした時にその場にいる誰かに声を掛ける場面があるとします

その時に相手からめんどくさそう、もしくはつっけんどんな対応をされたとすればあなたはどう感じますか?

少なからずとも良い思いからは程遠いものを感じるとは思いますが…
そして、気分もあまりすぐれないまま
b0367250_15230350.jpg

かえって負の連鎖にも繋がりやすくなります




さて
そこから何を学ぶか
気付かされるか




自分が反対の立場となって道に聞かれた時に出来るならば、相手の気持ちになり、親身となって対応したいものですね
b0367250_15230481.jpg

些細なことでも気持ちが良く感じられれば、その後もハートに♫マークが誕生し、その後の流れにも軽やかな風を感じられるかと思います




思いやりの種まきの必要性
思いやり連鎖の大切さ




日々、大事にしたいものですね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-06 08:35

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






“ 自分 ”の胸の中に熱きものがあるならば
惜しみ無く表に表現してみよう



泣き叫んだっていいじゃない
ジタバタしたっていいじゃない
怒り狂ったっていいじゃない



一体誰に遠慮してるんですか?
b0367250_22363147.jpg

何から怖れを感じてるんですか?



“ 自分 ”の本音は“ 自分 ”にしかわからない



ならば、遠慮なくキャッチして欲しい
b0367250_22363109.jpg

“ 自分 ”の人生に遠慮は無用なのだから


大切なものの優先順位を
どうか無視しないでいてくださいね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-05 17:55

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






生きていれば83歳
b0367250_03092795.jpg



約60年前に当時のミス・サイゴンとなり、その後その美貌と知性により外交官として見出され、父の通訳に就き、両親は出会う事となりました


そして母はベトナム戦争中に私を産み、一歳になったばかりの私を連れて政府チャーター機に乗って日本へ脱出
b0367250_14370882.jpg

その一週間後にサイゴン陥落…



母にはベトナム王朝の血が流れておりましたが、王室が滅びる前に我が一族は名字を変え、南下しました
b0367250_14370981.jpg

それでも最後まで誇りを持って“凛”と生きる強さを私に教えてくれたのが母でした




古代より王室系統には国を治める為に特種な能力を兼ね備えて生まれて来ていました。
あとはその能力をどう扱うかはその人次第


栄えるのか
はたまた滅びるのか


母はいつも人々の栄光を望み、世の中の哀しみを自分のことのように受け止め生きていました




母は私のもう一つのルーツ


母より受け継ぎし、“石”を本来の状態に戻す能力をもっともっと発揮せねばと感じる今日この頃

改めて母の娘でよかった



お母さん、ありがとう

今も母の宝飾デザイナー時代の指輪を大切に身に付けてます

b0367250_14292335.jpg

※ 百合の花束は本日ご予約頂いたK様より亡き母の為にと頂きました
そのお心遣いに感激致しました!
本当にありがとうございました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-04 21:00

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






私も含めてですが、今は、いろんな方がそれぞれの言葉で情報発信している時代です
b0367250_14233502.jpg


どれもがその方にとって受け取った大切なメッセージでもありますが、何よりも大切なのは先にしっかりと自身をグランディングさせること




ベースが出来て、はじめて答え合わせもしやすくなります
b0367250_14233624.jpg

自分軸を忘れずに、です




ただのコピーにだけはならぬよう、地に足を着くことから始めましょうね ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-03 21:50

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






幼少期からその感覚はありました


ソノモノの呼吸や
空間からのリズム


そこから
視えてしまうものを
b0367250_10485008.jpg


気付けば真意を感じてしまう
いや、感じ取ってしまう



その真意が表に出てるものとの
違いに気付いた時

途端に葛藤が生まれて来る
b0367250_10485183.jpg


ソノモノに悪気が無いとわかってはいても
感覚が一度感じたことに
当たり前に無視することも出来ず




ならば、どのようにして
この生きた石たちを世に発信するか


魂で繋がりし
あの時の約束を
あの時に決意したことを

b0367250_10485272.jpg


どうか
どうか
思い出して欲しい






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-02 19:55

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






時折、思わぬ形で
相手との流れが変わることがあります


伝えたつもりの表現が
いつしか捻じ曲げられて
伝わってしまった時


伝えたはずの一つの表現も
変わったものとなって
自分に返ってきた途端に気付かされます

b0367250_23204309.jpg


それが万が一に誤解のあるものであれば
早いうちに修整をしたい

出来るのであれば
コミュニケーションを怠らずに
きちんと真意を伝えたい


大切な相手であればあるほど
大事に思う相手であればあるほど






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-08-01 23:20

【 自分自身で勝負! 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






私もその中の一人ではありますが、今の時代は個人がSNSを通して様々な形で自由に発信が出来るようになりました


そんな中で気になっていることの一つが、家族のエピソードを綴っている内容のもの( ブログ等 )

b0367250_01530613.jpg


確かに内容によっては面白いかもしれない
確かに内容にメリハリが入るかもしれない


ただ、場合によっては相手の人生にも拘ることもあるのだという事も頭の片隅に置いて欲しいものです



家族だから大丈夫
ではなく

家族だからこそ
大事にして欲しいものです




そういった意味では自分自身をソツなく表現されてる方の発信の方がスーッと入りやすい私が実はおります

b0367250_01530796.jpg


家族エピソードは慎重に、と私は考えます ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-07-31 20:50

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






繰り返し言ってみてください





人は人
自分は自分
b0367250_00550164.jpg



人は人
自分は自分
b0367250_00550241.jpg



人は人
自分は自分
b0367250_00550210.jpg



少しでも早く気付いて欲しいこと


それは自分の人生はけして親のものでもなく、子どものものでもなく、パートナーのものでもありません


自分のものなんだということを




b0367250_00550373.jpg

一人一人がしっかりと自分の人生を全うできるよう、揺るがない自分に成長出来るよう、私もしっかりとこれからも Nina Stone を紡いで参りたいと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-07-30 19:55

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






最近よく“ ポカラ ”と言う地名をSNS上で見掛けます


〜 ポカラは、ネパール中部の第四州の州都、カスキ郡の郡都でもあります
カトマンズから西に約200kmの、標高800m地帯に位置しております 〜





実は母が亡くなる年まで、家業として実家では母を中心に『 ポカラ 』という名前で民宿を営んでいました
b0367250_22530766.jpg

父が以前、ネパール勤務の時に素晴らしい湖があるということから名付けたのが由来です



母が亡くなって24年
b0367250_10102968.jpg

民宿ポカラを廃業してから24年




自宅に電話が鳴り、電話に出る時に決まって言っていた台詞
b0367250_22530994.jpg

「 はい!民宿ポカラです! 」と



今はもう写真の中でしか残っていませんが、あの頃の生活、お客様とのやり取りは今でも記憶に蘇ります



まさかここに来て様々な角度から“ ポカラ ”を目にするとは思ってもいませんでした


やはりこれもまた、何かで繋がっているのでしょうね ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2017-07-29 20:15