カテゴリ:生きた石たちの世界( 24 )

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






いざ、マンションの一室の地場調整へ




またまた偶然
こちらのお宅にも猫がおりました

b0367250_00354701.jpg


翌々考えてみますと、正式な地場調整は今回で三箇所目

偶然にも全員、猫と暮らす方々ばかり

b0367250_00372768.jpg


何か関係があるのでしょうか?

b0367250_00384294.jpg


…あまり深く考えるのはよそう



私はけしてお祓いは致しません

必ず話し合いをします

なんせ私たちの方が後から来た存在なのですから



何事も順番は守りましょうね ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-12-07 23:45 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






地球には“ 海 ”と“ 陸 ”があります

b0367250_21362095.jpg



そこに“ 国 ”という境界線を引いているのは人類のみではないのでしょうか
b0367250_21393598.jpg


同じ地球という星に居るのですから、競り合っている場合ではないと私は思います





地球は人類だけのものではありません





鉱物にとっても

草木にとっても

ほかの生き物にとっても

生きていく上で大切な土台なんです


b0367250_21395006.jpg

どんなに夢や希望を抱いているにしても、この地球という土台が揺れ動き、バランスを崩してしまってはその実現は厳しいものとなるでしょう






だからこそ私は『 地球 』そのものの担当として、本当に生きた石の存在を知ってもらいたいです



b0367250_21421094.jpg



内側から輝き出す Nina Stone たちをこれからも発信しつづけます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-30 21:00 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






何故、人類は地球の一部を自由気ままに発掘したり移動したりするんだい?


b0367250_17195229.jpg



今はもうあまり耳にしなくなりましたが、『 河川の石を拾って来るものではない 』と口々に言われたこともあったかと思います
b0367250_17203946.jpg

〜 ただ、そこには少しだけ人類側の思考や在り方に繋がる理由がありますので、敢えてここでは控えますが 〜





単純に石たちは適した環境条件だけで、そこに誕生したわけではありません

その地に必要な存在だからそこに在るのです
その地に誕生するのです





地球の資源は地球のもの
b0367250_17223472.jpg

その必要なものを必要な場所から奪えば、たとえどんな理由であれ、当たり前にバランスが崩れます





これ以上の発掘は望ましいものとは言えません


地球にとって必要なものを発掘したり移動したりすればするほど、地球のコアエネルギーも今以上に上昇することでしょう





同じ生きている存在なのに“ 動物愛護 ”という考えがあって“ 鉱物愛護 ”がありません

b0367250_17243140.jpg


地球本体が我々人類の活かされてるベース・ステージなのに、何故もっと地球本体の状態を考えられないのでしょうか? 



もっと共に考えてみませんか? ^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-27 23:45 | 生きた石たちの世界

【 この指止まれ! 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






最近、思うことがあります





もっと伝えたい!
もっと発信したい!
b0367250_23401815.jpg




もっと生きた石たちに触れてもらいたい!
b0367250_23421150.jpg




どうすれば伝わる?
どのようにしたら伝えられる?



溢れ出るのは思いばかり




“ Team Nina Stone ”

b0367250_23425345.jpg



本気で考えようかしら ^_^




気になった方
この指止まれ!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-24 19:30 | 生きた石たちの世界

【 いい石の日 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






今日は11月14日、「 いい石の日 」




“ 石も生きています ”
“ 鉱物と人類の真の共存を目指しております ”

b0367250_08310512.jpg

これらが最近の私の口癖です




もっともっと多くの方々に知っていただきたい生きた石の世界は写真のように新芽がニョキニョキと出ます
b0367250_08321805.jpg
たとえそれが丸く研磨された石でもです





地球から切り離されても生きた石は成長するんです
b0367250_08385419.jpg

だからこそ発信し続けます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-14 18:20 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






口コミのみでご縁をいただいている
Nina Stone

b0367250_08130683.jpg
生きた石たちだからこそ、確かな流れの中でお持ちいただきたい自身の羅針盤ともなる石のチームが Nina Stone です




“ 本来の状態に戻った石 ”の持ち主となることによって、持ち主自身も“ 本来の自分 ”に戻れてるかと思います
b0367250_08153010.jpg
そうなりますといずれ自分の変化と共にそれまでに共にした Nina Stone に違和感を感じてくるかもしれません



ここからが分岐点です
b0367250_08171384.jpg



‘ 卒業 ’も過ぎるかもしれません
それもまた一つの道です




そこに向けてご自身のシフトアップも兼ねての組み替えを、と本音では言いたいところですが…私からは強く言えません
b0367250_08181535.jpg

というのも『 自ら決断をして動く事 』と『 相手から勧められて動く事 』では実はかなりの差があるからなんです



本能が何を求めているのか



今一度、「 今 」のご自身を見つめてみてください


本来あるべき自分と現状の自分との距離の差がそれほど無いのか、もしくはかけ離れたものとなっとしまわれたのかに意識を向けてみてください




[ 追伸 ]

ある程度の組み替えを終え、自分らしさを取り戻し方や自然と‘ 卒業 ’された方も中にはいらっしゃるかと思いますが、生きた石の持ち主である事には未だ変わりは無いという意識だけは思い出して頂きたいです


今はもう身に付けていない守り石を Nina Stone を皆さまはどうされてるのでしょうか?


もし箱にしまわれた方がおりましたら、是非とも箱からお出し頂けたらと思います
b0367250_08193321.jpg
組み替えやメンテナンスを検討されていない方々もせめてお持ちの石をご自身の一番長くいる空間に置いてくださるだけでも構いません



石も生きておりますから
呼吸をしておりますから
b0367250_08203576.jpg

石にも意志があります

元々が地球の一部の存在であることを忘れないでください




御理解とご協力の程よろしくお願い致します






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-13 22:00 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






役割を終えた石たちを今回は海に繋がる川へと還して来ました

b0367250_03360339.jpg


ほとんどの石たちは輸入されております
ほとんどの石たちの出身が日本にはありません



ハーフとして生まれた私だからこそ考えてしまいます
川や海ならば必ずその石たちの故郷にいつかは繋がれるのでは、と

b0367250_03374615.jpg


私も同じですから

b0367250_03382002.jpg


私ももう一つの故郷が海の向こうにありますから

b0367250_03391220.jpg


だからこそ、この生きた石たちをせめてこのような形であったとしても還したいんです

榊と共に…

b0367250_03413224.jpg


人の都合で発掘し、大地から離してしまったけれども…多くの気付きに働きかけてくれてありがとう



地球に御還し致します
本当に本当にありがとう





今回はいつも生きた石たちに深く御理解いただいている洋美さんが車を出してくださいました

b0367250_03425695.jpg

海風が強く、寒い中お付き合いくださりありがとうございました!





互いにホッとしたからなのか、小腹がすいたのでこちらをいただくことに
b0367250_03434131.jpg


そして

b0367250_03441375.jpg


石巻バーガーもご馳走さまでした!
大変美味しゅうございました ^_^

b0367250_03474308.jpg

さて、素晴らしい夕陽と共に仙台に戻ります!

全ての流れに出来事に感謝いたします!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-10 22:55 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






この地球上で10人いたら10人全員が石を身に着けないといけないかと言いますと、答えはノーです






山を求める方は山へ


b0367250_00313766.jpg

海を求める方は海へ


b0367250_00321056.jpg

土を求める方は農を


b0367250_00355660.jpg


自然の地場を介して、己の気の流れを無意識に大地より取込み整えてるんだと思います






ならば、石はどうか?






その中で石とご縁のあるお方の場合ですが、一つの共通点として人と関わったり、交わることが多い職種に就いてる方が石を身に着けてる率が高いように感じています







石を身に着けること、御自身に必要なエネルギーの微調整をはかってるようにも思えます


b0367250_00375567.jpg




そう考えれば考えるほど往来の願掛けとして身に着ける手段よりは、きちんと生きた石として石たちを身に着けてる方の方が数段も流れに違いが生じる、ということにも繋がります







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-06 18:18 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






無理に発掘され…

名前を付けられ、意味まで与えられ

中には着色までさせられ

b0367250_13101091.jpg

故郷より離れれば、もう二度と故郷には帰れないこの石たち





願掛けとして用いられ、その時は大切にするものの

関心が無くなると同時に忘れられてしまう




…。




石の仕入れをした時の一枚ですが、皆表情が全くといって無く


「 全員は連れて行けない 」




と、自分の胸に秘めながら一部の子だけを選んでくることが度々ありました


b0367250_13172978.jpg



せめてこの石たちがきちんと流れの分かる方の手元に行けるように願う事しか出来ない今の現状に少しだけ自己嫌悪






もっと、もっと



生きた石・Nina Stone の存在が世に渡りますように


b0367250_13122780.jpg




もっと、もっと


ひろがりますように






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-03 18:40 | 生きた石たちの世界

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です






我が家にある水晶のクラスター





購入した頃はもっとスッキリとしたポイントが特徴のこのクラスターをふと見つめていたら




ん?




こんなに小さくまるで新芽を見せるかのような枝分かれした形をしてたかな?と、このクラスターを分かる人にも確認の為 見せたところ




「 成長したの? 」と


b0367250_11495142.jpg


私がそのキーワードを発する前に相手から言われたことでようやくこの事態は実際に起きてる出来事として捉えることが出来ました






《 アルトン・シュルツの法則では「弱い刺激は生物機能を働かせるが、強い刺激はこれを抑制、さらに強い刺激は生機能を停止する」とあります 》






多分無意識で居ながらも常に石たちと心地良い空間の中で過ごしていたからこそのこちらのクラスターの成長



b0367250_11471493.jpg

大地を離れても尚も石は成長するということが分かったのと共に感じたのもの





それは生体への刺激は、出来るかぎり量子力学的レベルの計算から与えるべきものであり、究極は気力を誘発するほどのエネルギーでよいということ



b0367250_11491643.jpg



さて、どこまでこの子が成長し続けるかは分かりませんが、引き続き見守り続けたいと思います







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

[PR]
by ninastone | 2017-11-01 18:40 | 生きた石たちの世界