<   2016年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

【 出張型・地場調整 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は地場調整の為、矢本町まで出掛けて来ました。


時としてこのようにして現場まで伺い、石を置きながら流れを整えることもさせて頂いております。
b0367250_10051976.jpg


石を安易に動かしてはならない。
先人方も同じような考えでいたと思います。


人工的に置かれた石には必ずその時代にある出来事があり、そこには石を理解する者が担当とし地場を整えていたであろうと感じます。




( ちなみにこの日はこちらの御宅のお母さまが手作りされまパンがずらりと用意され、心もお腹も満たされました。)
b0367250_10052038.jpg

アヒージョも海老のお出汁が素晴らしかったです!
b0367250_10052143.jpg

大変美味しゅうございました!




ちなみに、こちらでは一つだけ不思議な出来事が。



それは私がお手洗いの石たちを並び直させて頂き、よし!これでオッケー!となった時の話。

何かが私の頭上をスッと通って行きました。
お手洗いの中から廊下に向けてです。


何か居たのかしら?


b0367250_10052306.jpg

まぁ何はともあれ、今回も満足して頂き本当に本当によかったです!

ご縁に感謝申し上げます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-30 21:30

【 心も身体も丁寧に 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日はある方のお通夜の席へ夫の代理と参列して参りました。
( 夫が元市議会議員ということもあり、こうして代理として夫をカバーすることがたまにございます。)

b0367250_14581776.jpg

電車に乗るため最寄駅でもある陸前高砂駅へ向かう時に私に映り込んだ空がこちら。


とはいえ、喪服姿でいたのであまりバシャバシャ撮るのも不謹慎にも思えたしたのでこの一枚を撮るのが精一杯ではありましたが…。




そしてこの燃ゆるような空を見ながら、そこでふと考えたこと。



ここ3年程ですが、ご縁のあった方々のお通夜や葬儀に参列して参りました。

そこに共通したことが一つあります。

それは、全員が『 ガン 』で亡くなっているということです。





それが一体何を意味するか。


b0367250_14581891.jpg


自分自身の為に丁寧に生きていますか?
誰かの為にと言って自分らしさを後回しにしてませんか?
真面目過ぎるが故に一生懸命になり過ぎていませんか?



身体も心も連結しております。


たとえどんなに志しの高い思いを抱いて生きているにしても、私たち一人一人生身の肉体を持った人間です。
病に伏してしまっては、それまで出来ていたことも出来づらくなってしまうのが現実です。



これからの時代に大切なこと。
b0367250_14581923.jpg


心も身体も丁寧でいてください。
全てにおいて丁寧であればあるほど、リズムが元に戻りやすくもなります。


元々が丁寧な人種でもある日本人ですから。
b0367250_14582078.jpg

ご自身の中にある丁寧な部分を今一度思い出してみませんか?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-29 20:25

【 2年ぶりの再会 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






それは実に久方ぶりの一本の電話からでした。


「 柴田さん?げんき?
実は紐が切れて半年経つんだけれども、最近左手首が妙に寂しくて。」



私はただ純粋に嬉しかったです!


Kさんは、まだ『 Nina Stone Clinic 』 を始めたばかりの頃に御本人はもちろんのことお子さま方やお孫さん、遠方のご友人までご縁を頂いた方でもあり、わずかな間でしたが同じ職場にいた事もあった御婦人でもあります。

b0367250_12100148.jpg


互いに苦楽を共にした間柄なだけに、時間もあっという間に過ぎました。




どうやら2年前の私は今ほどあまり頻繁にこの血筋を話していなかったらしく…
b0367250_12100329.jpg




Kさんより。

「 そういえば、ずっと考えてたの。
なんで柴田さんに( 体質的に )他に無いものがあるのかを。 」

どうやらKさんなりに何かを感じ取ってくださっていた様子。





改めて自己紹介をさせて頂きました。
b0367250_12100325.jpg

亡き母がシャーマンでもあり、ベトナム王室の末裔でもあることを。


最後に実に2年ぶりの再会を心から喜び合いました。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-28 20:50

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






『日南の会』2016年第9弾!
毎月27日は「日南=にな=27」にちなんで『 日南の会 』を開催しております。


4日前とギリギリなイベント案内にも関わらず、全員で合わせて11名の素晴らしい方々と上質な時間を過ごすことが出来ました。
b0367250_01041774.jpg

大変素晴らしい数字でもある11。
テンションも自然と上がります。




ちなみに『 日南の会 』としては珍しい昼食会をホシヤマ珈琲アエル店にて開催。
b0367250_01041808.jpg




偶然にも昨日・今日とお誕生日の方がお一人ずついらっしゃいましたので、こっそりミニバースデーケーキで参加者全員よりお祝いをさせて頂きました。
b0367250_01041975.jpg




今回は数量限定でもあります「 アフタヌーンセット 」をチョイス。
b0367250_01041983.jpg

銀のスタンド、3段重ねととてもラグジュアリーな内容でした。
【上段】
カダイフのモンブラン
【中段】
抹茶のムース 黒蜜かけ
キャラメルケーキ
塩大福のアイスクリーム
【下段】
ドライカレーサンド
ミニトマトのマリネ
野菜のキッシュ
b0367250_01042011.jpg





( こちらでは1,000客ものティーカップが用意されていて、一客ごとにカップ&ソーサーのデザインや色をスタッフの方がお客様の印象や言葉、そして服装などを基にして、カップ選びをしてくれます。)
b0367250_01042149.jpg




普段はなかなか会えない方々との嬉しい再会につい感極まり涙する場面もありましたが、本当に素晴らしい上質な時間をシェア出来たと思います。
b0367250_01042264.jpg


『 日南の会 』は石たちにとってもある種の同窓会にも繋がります。
b0367250_01042392.jpg

というわけで全員集合!
やはりそれぞれの個性を感じます!



こうしてニナストーンでご縁を頂いた方々に囲まれ、大変有り難いご縁のもと無事盛会に昼食会を終えることが出来ました。






その後はNina Stone Clinicへ会場を移し、様々な観点で直接口頭より熱くお話しをさせても頂きました。
b0367250_01042482.jpg

お越しくださった皆々様に深く感謝申し上げます!



来月の『 日南の会 』は10月27日(木)にプチアウトドアな内容で開催致します。
お時間の合う方は是非ともご参加くださいませ!





益々、皆々様の流れが
素晴らしいものとなりますように!

本当に本当にありがとうございました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-27 22:45 | 日南の会

【 御朱印帳の魅力 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






実は御朱印帳にはまりつつあります。


昨日、また新たな御朱印帳を新たに購入。
お寺用・神社用と分けた方がいいという貴重なアドバイスを頂いたのでこちらは神社用として手にしました。



今年は東照宮御鎮座400年とのことで、限定御朱印帳( 写真・右 )が出ております。
b0367250_00390641.jpg

そこには御鎮座400年の記念文字入りが。
もちろん同色の巾着も購入致しました。



b0367250_00390767.jpg

日光東照宮の御朱印。
何故かダブりました。


まぁ、これもご縁かなとも。



御朱印帳片手にお寺や神社巡りをしたいものです。
もちろん無作為に選ぶのではなく、気になった場所だけをピンポイントに。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-26 20:00

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は私にとっては初めての日光でもあり世界文化遺産の東照宮も無事デビュー?を果たしました。
b0367250_00071531.jpg



駐車場に着くとトンボが夫の周りを何周も飛び回り、最初は手に、次は右肩へと自然と止まりました。その記念にと慌てて撮った一枚ですが、ちょっとした光遊びな写真が撮れました。
b0367250_00071669.jpg

ホント、私にとってはとても不思議な出来事でもあり、心温まるスタートにも感じられるものでした。




〜 トンボは神の使いであり、吉祥をもたらす縁起の良い存在として知られております。
《 英訳すると「DRAGONFLY(ドラゴン・フライ)」と言う名前から翼・ツメをもち火を吐くという伝説の竜との繋がりから、西洋ではまた違った解釈がありますが…ここは日本ですから日本的な解釈で。 》
トンボは後ろに引かない虫ということで武士にとって「勝ち虫」と呼ばれ、この名称から勝負事にこだわる武士たちの間では当時かなり流行しました。
( トンボは前に進む事は出来ても背を向けて、後退する事が出来ません。行った道と同じ軌道を通って、戻ってくるという習性を持っています。
その事から、戦から無事に帰還する縁起の良い虫として、トンボをモチーフにした兜などが当時、多く作られました。)〜




ちょうど修学旅行のシーズンなんでしょうか。
b0367250_00071766.jpg

見渡す限り、小学6年生の生徒でいっぱい。
そこに実は元PTAとしても、少しばかり気になったことがございます。



それは「 鳥居 」を通る際に神様にご挨拶『一揖』( いちゆう ※軽いおじぎの事 )がなされてないように見えたこと。

確かに班ごととはいえ集団移動ですから、まとめることは難しいかもしれません。
ただ、剛には郷に従えという考え方があるように、必要なマナーやモラルは事前に伝えてもいいのでは?とも。

けしてそれは信仰心とか,神様だとか言うこと以前に,そこにいる地元の人達や思いを感じて,ただ「お邪魔します」「こんにちは」「いつもありがとうございます」という気持ちにも繋がることだと思います。

もちろんそれは帰り際も「 鳥居 」をくぐった後、鳥居に『一揖』の挨拶も一緒だと思います。


他にも「 敷居 」を普通に踏む子が少なくなかったという点です。


日本には
「 敷居を踏むと出世しない 」
「 畳の縁に立ってはいけない 」
「 仕切りの上に立つのはその家の主人の顔を踏みつけるようなものだ 」
というようなことが言われます。

「 敷居 」とは空間と空間を繋ぐ境目を示しています。
先人方の間では、敷居などの何かの境界線の部分に空間と空間を繋ぐ力があると考えられていました。


子供たちにも自然な形で嗜む方法って無いものでしょうか?





と、少々小うるさくなりました。
失礼致しました。





さて、気を取り直して。



徳川家康の墓所や、歴史的建造物(三猿、眠り猫、鳴き竜等)は圧巻。
世界文化遺産登録は頷けます。



そしてこちらの叶杉。
b0367250_00071847.jpg

〜 諸々の願い事をこの杉の、ほこらに向かって唱えると願い事が叶うと伝えられている 〜

願いを叶えてくれる杉の木は奥ノ院にある家康公の墓所のそばにあります。
樹齢600年の巨木でもあり、真ん中に穴が開いていてまるで洞窟のようになっています。そこにはしめ縄もかけられております。
b0367250_00071950.jpg





1日では見切りません。
b0367250_00072077.jpg



217年振りの平成の大改修中でもありましたので、様々な観点で違う楽しみ方が出来たようにも感じました。
b0367250_00072186.jpg




最後に。
b0367250_00072295.jpg

長押に猿の彫刻がなされた厩舎の中に、白馬が午前10時から午後2時までの間つながれるのも知らずにとても有り難いものでタイムリーにご神馬に会えました。

しばらくその場から離れることが出来ない私。
微動だに動かないご神馬でしたが、私なりに石たちと対話する感覚で想いを馳せてたら…右耳がピクピクしはじめ、真っ直ぐに私を見つめてくれました。


それだけで何故か胸が熱くなり涙目に。



そして夫は夫で珍しいことがありました。
b0367250_00072397.jpg

こちらの新しく生まれ変わった宝物館では東照宮シアターというのがありアニメやCGなどで子どもから大人まで楽しく映像で楽しめるのですが、普段はシアターに興味を持たない夫もこの時ばかりは率先して席を取ってくれたりと何時に無く不思議な行動が多々ございました。



もしかしたら、魂だけはしっかりと記憶してるのかもしれませんね。
b0367250_00072321.jpg

私もですが、夫もかなり楽しんだ様子でした。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-25 22:40 | 旅日記

【 夫の実家へ 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は夫と二人で今年の7月に亡くなった義父の愛用車を譲り受けるのに草加へ行って参りました。
b0367250_11025302.jpg

早朝5時。
三つ目のサービスエリアにて。

こうしていつも高速バスで移動してる私たちです。



いざ車と対面。
b0367250_11025406.jpg

思うことは多々ございます。
( ちなみに夫に対してではありませんので。 」


…まぁ、今はぐっと堪えることに。






さて、普段は共働きな私たちですのでせっかくの機会だからとここからは夫婦プチ旅行へ。





草加の名物は煎餅!
( 日光街道の宿場町だった草加。旅人に残り飯を焼いて醤油を塗ったのが始まり、と言われてます。 )


ですが、焼いた事は無いとのこと。
ならばと手焼き体験を。

いざはっぴを着てスタート!
b0367250_11025599.jpg

夫、かなり楽しんでる様子。
少々焦げはしましたが、美味しく焼きあがりました。
b0367250_11030157.jpg

煎餅ソフトなる、煎餅の粉末と醤油入りのソフトクリームも美味でした。
b0367250_11030119.jpg






草加を出た後は一路「 餃子の街・宇都宮 」を目指しましたが、私にとって、初・宇都宮での初・餃子体験となります。



そこで餃子屋さんをハシゴすることに。

1軒目は人気店の『 正嗣 ( まさし )』でしたが、これまた行ってビックリ長蛇の列!
b0367250_11030244.jpg

小雨にも関わらずに人・人・人!

運良く持ち帰りならすぐ頂けるとの事。
車内で食べました。
ジューシーな餃子を堪能。
b0367250_11030379.jpg

形も可愛いので、これも人気の一つかなと。



さて次は『 悟空 』。
此方の餃子は小籠包かと思うほど肉汁が垂れ美味。
b0367250_11030429.jpg

実は夫婦揃ってこちらが一番美味しかったです。



3軒目にも入りましたが、さすがに3軒目になりますとお腹も少々ふくれて来ます。
b0367250_11030611.jpg

創作的な餃子でした。
『 豚喜喜( とんきっき )』
b0367250_11030705.jpg

特に印象的なのは、店内で水耕栽培したレタスをメニューに使用していること。
今後はこのようなスタイルが主流な時代になるのでしょうか。



〜 大人気店のみんみんは超長蛇の列に並ぶのも諦めました。〜




改めて、世の中の素晴らしいものが100パーセント素晴らしいとは限らないことを再認識。

自分の感覚だけは信じられる自分で在りたいものです。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-24 22:30 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






『天赦日(てんしゃにち)』は大安よりも縁起が良いとされる日。
b0367250_07245904.jpg




『一粒万倍日』は1つのことが何倍にもなるという意味で、何か新しいことを始めるにはぴったりの日。
b0367250_07250093.jpg





『 天赦日 』や『 一粒万倍日 』に行うと良いとされている物事は主にこちらです。

・結婚、結納、入籍、慶事などの婚礼
・引っ越し
・会社や事業の開始、開業
・銀行口座の開設、出資
・財布の新調
・宝くじの購入
・種まき
・今まで躊躇していたことを始める 等。



ちなみに2016年は7月11日、9月23日と12月8日が『 天赦日 』と『 一粒万倍日 』が重なる唯一の日。



そこをどう過ごして行くか。



本日はあえて『 今日 』という日を選び、組み替えをされた方がお二人いらっしゃいました。
b0367250_07273276.jpg

組み替えは更に次なるステージへ向けてのものとなります。


新たは流れには未知なる自分や出来事が待ち受けております。
とはいえ、それはどれもが必然なもの。
b0367250_07250220.jpg

今後の御活躍がますます楽しみです!
ご縁に感謝致します!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-23 20:50

【 松島・七ヶ浜探訪 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は天気もパッとしないので夫婦揃って雨が似合う所に来ました。

日本三景の一つ『 松島 』です。


苔むした庭園や
b0367250_19070463.jpg

歴史的建造物は雨が似合います。
b0367250_19070573.jpg



私の大好きな苔たちも良い色に。
b0367250_19070613.jpg

そんな松島に癒されます。



b0367250_19070812.jpg

夫は延命地蔵というブロンズ製の銅像前にて記念撮影。
b0367250_19070861.jpg

( 延命地蔵の説明は写真の通りです。)



帰り道には小腹が空いたので私だけ大好きなツブ焼きを。


そして、かぶりつく!
b0367250_19071008.jpg




御満悦です。
b0367250_19071694.jpg







さて、次に向かったのは七ヶ浜国際村。

私にとっては実に約15年ぶりに訪れることになります。
b0367250_19071849.jpg

以前はレストランだったこちらの空間も今ではオシャレなカフェに様変わりしていてビックリ!


以前の七ヶ浜国際村のイメージは、丘の上にポツリとある緑に囲まれた空間でしたが…。
今では住宅街が隣接されていました。

カフェスタッフの方に伺ったところ、東日本大震災で被災した方々の仮設が建てられ、その後取り壊し復興公営住宅街が出来たのだそう。
かなり最近の出来事でもあり、改めて月日を感じざるは得ませんでした。



こちらはギャラリー海物語。
b0367250_19071921.jpg

北洋漁業発祥の地、七ヶ浜の漁業の歴史を紹介。


ただ、最も印象的だったのが東日本大震災の時の七ヶ浜町の状況を記したこちらのコーナーでした。
b0367250_19072143.jpg

閉館までの残りの時間を最後まで過ごして参りました。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-22 20:50 | 旅日記

【 自分へのご褒美に 】

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






行きつけのネイルサロンへ行って参りました!
b0367250_09192060.jpg


日々、口コミのみで県内外よりお越し頂いた方の活きた石を紡がせて頂いておりますが…やはり手仕事ですので指先は見られます。
b0367250_09192134.jpg

だからこそのネイルはこだわりのデザインを。
演出もお持て成しの一つですからね。


今回は思いっきりゴールドラメをふんだんに使っております。
b0367250_09192239.jpg

陽子さん!
いつも素敵にセンス良く仕上げてくださりありがとうございます!
b0367250_09200620.jpg







夕方には二女とも逢えました。
b0367250_09192396.jpg

嬉しいひとときを過ごし、次なる場所へ移動。






初『楽笑』へ。


こちらでは熊谷育美さんの居酒屋コンサートがあるとのことで夫と二人で出掛けて参りました。
b0367250_11082027.jpg

感動的且つ身近なコンサートでした!
b0367250_11082180.jpg

気仙沼出身でもある熊谷育美さん。

《 3歳からピアノに触れており、14歳からオリジナル曲を作るようになっていた。今まで書いたオリジナル曲は300曲を超える。
帰郷して19歳の頃に作った「月恋歌(げつれんか)」が偶然映画監督・堤幸彦の耳に止まり、全国東宝系映画『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』の主題歌に抜擢された。熊谷育美が尊敬する鬼束ちひろの後を受けての主題歌となる。監督自身が「この曲しかない。3秒で分かった。声の透明感とかメロディーのうねるカンジとか」と惚れ込んだ。
〜 Wikipediaより 〜 》




地元が被災し、そこを元気づける歌は胸を熱くさせるものがあります!
応援しております!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-09-21 20:20