<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






前髪をこれだけスッキリカットしたのは数年ぶりです。
b0367250_00553832.jpg




本当に伸びるのが子どもの頃から早い方ですので、思い切ってみました。
b0367250_00553943.jpg




あー、スッキリ!
b0367250_00554009.jpg

洋美さん、ありがとうございます!






おまけ。
b0367250_00554144.jpg

幼少期の頃、タイで撮影した家族写真です。
前髪はいつも母が切ってくれていました。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-30 19:40

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は可愛らしくもあり、初々しい高校生カップルが遊びに来てくださいました。
b0367250_00214127.jpg


お一人は既に Nina Stone の持ち主です。
それも感覚が鋭いため、組み替えのタイミングをよく理解してくださっております。




Nina Stone Clinic は口コミのみの空間です。




有り難いもので、親から子へ、子から親へ、おばあちゃんから孫へ、孫からおばあちゃんへと御縁を繋き、生きた石を紡がせて頂いております。
b0367250_00214219.jpg

口コミをもし一つの橋に例えるとすれば。
b0367250_00214366.jpg

安心して渡れる確実な橋で在りたいと思います。





今日は若い世代にも私から感じた石に対する想いや今ある世界の現状や実情の一部をお伝え致しました。
少しでも前に進む上でのヒントとなれたら、と思います。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-29 21:00

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






御江戸滞在も今日が最終日。

当初の予定では間に一度仙台に戻り、また再び御江戸に足を運ぶつもりではありましたが…夫の一言でそのまま居ることに。
『 交通費が勿体無いから。 』

うん!
確かに!





そのお陰で実は数日前に嬉しいタイミングの中、カラーアーティストのHiromiさんと二人でディナーを楽しみました。

普段は仙台を拠点に活動してる私とHiromiさんがまさかタイムリーに御江戸滞在が重なるとは!



( ただ、わかりやすいハズの「 新宿西口交番前 」に辿り着くのにかなり苦戦しましたが。)



初のトルコ料理にチャレンジ!
b0367250_22441656.jpg

二人で楽しく記念撮影を。
b0367250_22441889.jpg

…この時までは、ですが。











やはり味覚は正直です。
b0367250_22441970.jpg

慣れない味はある意味、間を作らせるものがあると言えばいいのでしょうか…。

様々な形でなんとか完食!




改めて、やはり食べ慣れたものが一番!




という訳で気を取り直しカラオケへ。
b0367250_22442057.jpg

ちなみに二人で行くのは初めてです。



思いっきり二時間、発散しまくりました!
それにしてもHiromiさんの声は澄んでいてキーが高いことに感動しました。



さて、いよいよそれぞれの居場所に戻ります。
b0367250_22442065.jpg

最後の最後まで演出魂が騒ぎ立てていました。
b0367250_22442202.jpg

テーマは何か。
b0367250_22442344.jpg

『 東京の初雪の寒さに凍える二人 』
b0367250_22442489.jpg

ダウンコートを着て行ってよかった!




長女のマンションに戻り、長女の部屋のトイレ掃除をし、改めてお世話になったことに感謝を称しました。
b0367250_22442565.jpg

ありがとうございました!




そして。

実は軽くギックリ腰をやってしまいましたので、長距離バスを諦め大好きなペリカンのパンをおやつに新幹線で仙台に帰ります!
b0367250_22442682.jpg

御江戸にて御縁を頂いた方々。
大変お世話になりました。
また参ります!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-28 23:05 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日はいよいよ『 日南の会 in Tokyo 』でございます。


毎月27日は私の名前でもあります日南( にな )からちなんで、《 日南→にな→27 》日南の会を開催しております。
b0367250_07540047.jpg



その時々にとって必要なメッセージだったり、私や皆様の体験談をシェアしたり。


b0367250_08393929.jpg

何よりも Nina Stone の同窓会にも繋がったりとその時々によって変わります。



今回の会場は第一ホテル両国 2階『 中国料理 東天紅 』です。
円卓テーブルにテンション上がる私。
b0367250_07540172.jpg

幼少期を思い起こさせる円卓テーブル。

両親を思い出します。
愛情いっぱいに私を育ててくれた両親を。
いつも円卓テーブルのあるレストランに出掛けていましたから。





Nina Stoneの持ち主である・ないをあまり気にせずに、生きた石たちの話しを惜しみ無くお伝えしている唯一の機会でもあります。


2016年での東京開催は今日がラスト。
次回は2017年に入ってからです。




2017年は海外での日南の会開催を予定しております。
b0367250_07540285.jpg

二極化が激しい時期でもありますが、人との繋がり方にたとえ一時的な距離感があったとしても、自分を軸の近くを回っているのか・距離を置いて遠くを回っているのかの違いだけという事もございます。




こうしてNina Stoneをきっかけに今回の日南の会にご参加くださいました皆々様には深く感謝申し上げます。
b0367250_07540342.jpg

※ 一部の方は、新幹線の都合により先にお帰りになっている為、集合写真に写っていませんのでご了承ください。





今回の御江戸の旅にて長女のマンションにお世話になるのも今日が最後と言うこともあり、長女と二人で金粉入りのシャンパンでプチパーティーをしました。
b0367250_07540468.jpg

やはり私より長女の方がお酒が強いようです。
頼もしく生きている長女に乾杯!


自分の役割を信じて邁進するんだよ!
母はいつも応援しております!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-27 23:30 | 日南の会

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日もバスに乗って、一気に浅草寺まで向かうことにしました。
b0367250_04325524.jpg

晴天に感謝しながらバスに乗車。



無事、到着!
皆様ご存知の『 雷門 』です。

( ただし実はこの雷門、正式名称は雷門ではございません。雷門は通称であって、正式名称は『 風雷神門(ふうらいじんもん)』と言います。)

風神とは「 風を司る神 」のこと。
雷神とは「 雷を司る神 」のこと。
b0367250_04325621.jpg

ちなみにこの大提灯には「松下電器」と書かれているのはお気付きでしたか?

慶応元年( 1865 )12月12日の田原町大火でに起きた火災以降、雷門は95年近く建物として姿を消しておりました。
そこに炎上した門に替わりに、昭和35年( 1960 )実に95年ぶりに松下電器創始者松下幸之助氏のご寄進により、復興再建され、浅草寺の総門として威容を誇っております。
( 1960年に松下電器の創立者である松下幸之助氏が病気であったため浅草寺を参拝したとされており、その後は病気が治りそのお礼として、雷門と提灯の修復に寄進したエピソードは広く知られております。)

そしてそれが現在も残っている浅草の雷門なのであります。



さて、雷門大提灯の底を覗いてみると立派な龍の彫り物がありました。
よく見ると龍の手には丸い珠のようなものが見えますね。
b0367250_04325642.jpg

これは、火事が多かった江戸時代に雨を降らせて家などを守る「 雨降らしの龍 」として崇められているとのことでした。



何と無く視線を感じ振り向くと。
b0367250_04325713.jpg

後に分かったのですがこちらが金龍像( 女性の姿 )とのこと。

表側の風神雷神の勇ましさとは対象的に、女性的な仏像となっています。
裏側にあるもう一つの天龍像と共に水をつかさどる龍神さまなのだそうです。


金龍…
なるほど、ね。




こちらが手水舎です。
b0367250_04325887.jpg

水を出す龍が6体と沙竭羅( さから )龍王像とその首に巻き付く龍と天井の墨絵の龍。

龍は水をつかさどるものとされていますが、この手水舎ではたくさんの龍がみられました。



そして、何故か池の水が青々としていたこと。
b0367250_04325917.jpg

なんとも不思議な青さでした。




こちらでも御朱印を頂着ましたが、「ご朱印について」という紙を挟んでありました。
b0367250_04330014.jpg


「ご朱印について」

この頃、神社仏閣に参拝され「ご朱印」を受ける方が大変多くなっております。

これを「ご納経」とも言いますが、これは本来、お経を自分で書写して「お納め」することに始まっているものです。

ですから、昔は納経帳の右肩の所に「奉納大乗経典」と書かれておりました。現在は「奉拝」という文字となっています。

いつの頃か、この風習が簡略化されて、お経を納めなくとも参詣の証しとして「ご判」を頂くことになって今日に及んでおります。

そして各霊場を巡拝する「巡礼」信仰と結びついて盛んになりました。

それは観音三十三札所あるいは四国八十八ヶ所を巡礼し、その全部の霊場から「ご判」を頂くと、その功徳によって地獄には堕ちないばかりか、所願も成就するという古来の信仰に基づいておるものです。

このような視点から申しますと、お経を書写せず、なかにはお堂に入ってお参りもせず、只ご朱印だけを集めて歩くということでは、本来の尊い意義を無視してしまうことになるのです。

全く残念なことであります。

ですから少なくとも「般若心経」一巻ぐらいは写経なさるかご宝前で読誦なさるかして、それから「ご朱印」をお受けになるように願いたいものです。

【金龍山 浅草寺】




こちらの注意書きをどう思うかは個人の感じ方次第だと思いますが、これを読んだ時にせめて心を込めてお参りせねばと感じます。




浅草寺の右手にある浅草神社へ移動すると、偶然にも神前式が挙げられていました。
b0367250_04330004.jpg

しばし見惚れてしまいました。
通りががりとはいえ、おめでとうございます!



大好きなペリカンのパンにも立ち寄りましたが、次回こそはお会い致しましょう!
b0367250_04330188.jpg

Kさん!
お土産ありがとうございました!




今日一日のラストはこちら!
b0367250_04330280.jpg

西麻布の会員制ゲイバー『 OJIVA 』。

そこには大好きなケインさんと翼ママがおりますが、今日もまた嬉しい新たな御縁がありました。

波長が合うからこそ、そこから御縁となって人は繋がります。
それは人同士だけの話しとは限りません。
鉱物も植物も動物も皆一緒なんです。

全ての存在に、出逢えたことに感謝を感じた一日でした。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-26 23:50 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






これだけ御江戸には何度も通っているのに、初めて一人でバスに乗ります。
品のあるご婦人が親切丁寧に教えてくださいました。
210円で均一化されてると。
ICカードだと206円ですよ、と。



たまたまとはいえ、長女のマンションからの最寄りのバス停から王子駅がかなり近いことに気付き迷う事なく乗車。
b0367250_21450746.jpg

確かにあっという間に王子駅に着きましたが、それにしても御江戸の鳩はぷくぷくしてますね。





さて、いざ目的地の一つでもあります王子稲荷神社へ参拝に。
b0367250_21450802.jpg

どうやら運試し&願掛けができる、摩訶不思議な“ 御石様 ”が祀られているのと、狐にまつわる数々の伝承も残っているのだそう。


何事も体感派の私には嬉しい前情報です。




通称“ 御石様 ”と呼ばれるこちらの『 願掛けの石 』は境内の奥にあります。
b0367250_21451592.jpg

表示板をたよりに社殿の横を進み、社殿横の鳥居をくぐると朱塗りの社がありました。
b0367250_21451644.jpg

さらに、何本もの鳥居をくぐりぬけ、奥へと進んで行きますとそこには小さな社に鎮座していた“ 御石様 ”が存在しておりました。
b0367250_21451772.jpg

ちなみにこちらでは願いごとを思いながら“ 御石様 ”を持ち上げ、祈願をするのだそう。



〜持ち上げた際に想像よりも軽かったら願いごとが叶いやすく、重く感じたら叶いづらい〜



石とは普段から共に過ごすことの多い私であればと二つ質問をしてみました。

一つ目は軽く、二つ目は気持ちばかり重さを感じました。
その感覚に納得する自分。
やっぱり…ね、と。




次に見上げると『 狐の穴跡 』が見えました。
b0367250_21451847.jpg

『 願掛けの石 』の横にある階段を登ったところの社の中にあ利ますのが狐が住んでいたとされる『 狐の穴跡 』です。
b0367250_21451941.jpg

この穴は、通称“ お穴さま ”とも呼ばれ、信仰の対象となっております。


なんとも不思議な地場を感じました。




その後は王子神社へも参拝して参りました。
b0367250_21452117.jpg





次に根津神社。
b0367250_21452254.jpg





さらには乙女稲荷神社へも。
b0367250_21452364.jpg






私にとっての神社巡り。

当初は御朱印を目的とした時期もありましたが、最近は各地の地場を感じとる事も大切にしてます。


これが半年、一年、三年と経った時に私の中で心境がどのように変化して行くのが今から楽しみです。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-25 10:45 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は関東地方に真冬並みの寒気が流れ込み、各地から「初雪」の便りが届きました。
b0367250_17590307.jpg

東京では平年より40日、昨年より49日早い観測。
横浜では平年より44日、昨年より49日早い観測。

東京と横浜では、11月の初雪は1962年以来、54年ぶりとなりました。
b0367250_17590405.jpg




出掛けようとしたところ、都心では雪による交通障害、路面の凍結等で事故が多発するのでほどほどにというアドバイスを頂きました。




…というわけで、昨日麻炭のイベントにてゲットしたこちらの『 CHC16麻炭めがね 』で遊んでみました。
b0367250_17590561.jpg

☆CHC16(cosmic hemp circle16) とは?

歓喜の微生物共生型麻炭を円形に16分割したグリッドによって蘇生的スピニングエナジー空間を創り出すフリーエナジー装置。

宇宙律動と生体リズムに共振させ物質を本質(ゼロポイントスピン、中庸)に導くもの。
生体エナジーが次元上昇する空間を記憶形成させるもの悦びのスピンが増幅するもの。
円内に配置した色や図形、香、音、数字のエネジーを増幅させるもの。
トーラス状に作用してその場にかかるGを軽くして場を上げるもの。



…。
…。

何度も読み返しましたが、私にはまだまだ体感や理解力が必要そうです。


とはいえ、いろいろな世界や考え方を知ることも大切なことですからね。






と、そうこうしてるうちに晴れて来たのでやはり出掛けることに!
b0367250_17590624.jpg

夫が薦めてくれた根津神社へ向かうことにしました。



既に夕方は16時をまわっております。
b0367250_17590787.jpg

時間が時間なだけに人影も少なく。


乙女稲荷神社もとても静かな空間に。
b0367250_17590798.jpg

朱色が大好きな私には嬉しい空間です。
b0367250_17590885.jpg

かなりご満悦中。
b0367250_17590971.jpg

明日、再び参ります。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-24 20:55 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






昨日はかなり衝撃的な事実を知った出来事がありました。
とはいえ、物事には必ず理由がございますので。
これも鍛錬の一つなんだなぁと。
常に魂が学べと、成長せよと言っていることに気付かされます。


街は既にクリスマスカラーに身を包みはじめました。
b0367250_09222412.jpg

DAIMARUデパートを通る度に幼少期の思い出します。

DAIMARUバンコク店にて当時、まだ幼稚園児だった私は一度迷子になりました。
その時に父にかなりこっ酷く叱られましたが、その時の私は何故心配どころかげんこつをされたのかが理解出来ませんでした。

ただ、今となっては怒鳴るほどに父は心配をしてくれたんだなと感じることが出来ます。
私が母親という親の立場になったからでもあります。
これもまた私の経験に繋がりますね。






『 CH麻炭FIESTA in TOKYO GINZA 』
~free enagy electrical party in deeply forested~
b0367250_09222547.jpg



気になったので急遽参加させて頂きました。
麻炭の空間を体感しに、です。


こちらは麻炭のヘナタトゥー。
b0367250_09222662.jpg

初体験です。
もちろん大好きな蓮の花を描いて頂きました。
神奈川からいらした出展者さまでした。




さあ。
いよいよ宇佐美聖子さんの登場です。
b0367250_09222792.jpg

私の一番の目的がここにございます。


聖子さんの魂のダンスを観ることが。
b0367250_09222805.jpg

聖子さんの世界観を触れてみたかったんです。
b0367250_09222872.jpg




3歳の頃からジャズダンスやバレエを経験。
2000年ストリートダンスを地元広島で学び始める
2005年ドイツのストリートダンスバトル世界大会優勝
2010年、天然石とアーティスト・クリエーターの方々の作品を扱うセレクトショップをwebに開設
2011年、ストリートダンスと祈りが和合した新たなスタイル、「テンサイトダンス」が生まれ、国内外聖地にて奉納
2011年3月、『シンプル、バランス、リラックス』をテーマに繋がりと空間のありかたをコラボレーションする実験的構想「Asterism Unity Space」(アステリズム ユニティ スペース)を始動
東京・吉祥寺に天然石サロン・カフェ「Salon de Charmer」(サロンドゥシャルメ)をオープン
2014年12月、静岡・鷹匠に「Salon de ⁂A.U.S」(サロンドゥアース)をオープン
2016年6月、「アイノウタ」CD+DVDをリリース
2016年8月、東京・都立大学駅に「A.U.S Tokyo」をオープン http://asterism.jp
一児の母でもある。




まるでマリアさまのようなその存在感。
オーラが別格でした。
b0367250_09222963.jpg

そして、対する天女のようなお方。

miraclemika
ダンスファッションショー17年前から参加
地球を人々を温かく包み込むアーティストであり、3児の母でもある。
日本大学芸術学部 絵画科卒業。在籍中より絵画制作や、主に日本の「茶道」を自由な発想によりフューチャリングした屋内外での空間演出イベントを開催。日本・韓国・NYなど国内外・ジャンルを問わずに絵画・立体オブジェ・写真・屋内外での空間演出や、子供たちとの「 創る∞遊ぶ 」ワークショップを開催。又、ライフワークとして「 HUG THE EARTH ! 」というオリジナル写真による PEACEな活動を2003年より展開している。
「 HUG THE EARTH ! 」
http://ameblo.jp/hug-the-earth/




続いての登場がまるで火の鳥のようないで立ちをされたこちらのダンサー。
b0367250_09223006.jpg

Hiei
本年度浅草サンバカーニバルで優勝したチームの花形トップダンサーを務める方です。実質日本で一番の実力ダンサーのひとりだそうです。
老舗サンバチーム「仲見世バルバロス」所属。サンバ歴5年。2016年度 仲見世バルバロスのハイーニャダバテリア(バテリア=打楽器隊の女王)を務める。また、個人としても様々なイベントでパフォーマンスを行い、ブラジル料理店では毎週ショーに出演中。
2016年度 仲見世バルバロスのハイーニャダバテリア(バテリア=打楽器隊の女王)を務める。





もはやカオス!
b0367250_09223129.jpg

麻炭フェスタのダンスセレモニーは毎回、開催する場所の大地の声を聴き、構成されているんだとか。
b0367250_09223198.jpg

大地にもそれぞれの特性とお役割があるという考え方にも深く共感致します。

新たな楽しい出会いもあったりで、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。
改めて流れの全てに感謝申し上げます。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-23 23:10 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日は二度目の靖国神社へ足を運んで参りました。
b0367250_01272612.jpg

b0367250_01321409.jpg



※ ここから靖国神社のサイトより抜粋。

《 靖国神社の御祭神 》
靖国神社には、戊辰戦争やその後に起こった佐賀の乱、西南戦争といった国内の戦いで、近代日本の出発点となった明治維新の大事業遂行のために命を落とされた方々をはじめ、明治維新のさきがけとなって斃れた坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・橋本左内といった歴史的に著名な幕末の志士達、さらには日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満洲事変・支那事変・大東亜戦争(第二次世界大戦)などの対外事変や戦争に際して国家防衛のために亡くなられた方々の神霊が祀られており、その数は246万6千余柱に及びます。
靖国神社に祀られているのは軍人ばかりでなく、戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒など、軍属・文官・民間の方々も数多く含まれており、その当時、日本人として戦い亡くなった台湾及び朝鮮半島出身者やシベリア抑留中に死亡した軍人・軍属、大東亜戦争終結時にいわゆる戦争犯罪人として処刑された方々などの神霊も祀られています。

※ ここまで靖国神社のサイトより抜粋。




b0367250_01272808.jpg

遊就館では特別展『時を超えた祖国への想い -軍人と共に歩みし軍属たち-』が展示されております。
b0367250_01304030.jpg

海軍だった父からよく戦争の話しを聞かされた幼少期を思い出しながら、鼻水が止まらなくなるほど胸が熱くなりました。





さて、次なる約束の場所へ移動です。

b0367250_01272838.jpg

ドキュメンタリー映画
『つ・む・ぐ〜織人は風の道をゆく 〜』
 http://www.tsumugu-movie.com/

吉岡監督と動画カメラマンの吉島陽子さんと急遽、御江戸にてお会いすることが出来ました。
初対面にも関わらずずっと喋りっぱなし!
( 私は石の話ばかりをしていたようにも…。 )

時間いっぱいに素晴らしい時間を共に過ごさせて頂きました。





またまた移動です。

こちらは恩師でもありますタマラ創始者・加藤憲子さんとのツーショット。
b0367250_01304112.jpg

人本来の生き方を伝え、サポートとなるエネルギー《 タマラ 》に基づくさまざまなエネルギーワークを展開しているお方です。


何よりも私が『 石を本来の状態に戻す能力者 』と的確に見出だしてくださった唯一のお方でもあります。
b0367250_01272965.jpg

今回はミラクルカンバセーションのメンテナンスを彩さんにして頂いた後にタマラさんとお話しをさせて頂きました。
b0367250_09473327.jpg

やはり餅は餅屋であるように、本質のある方に私はこれからも委ねて行きたいと改めて感じました。





更に移動をします。

急遽、タマラの自習塾へ。
b0367250_01273014.jpg

空間をエネルギーで満たすことで、およそ通常の倍のスピード感で脳が働けるようになり、およそ1時間、高い集中力で仕事や学習に取り組めるとのことで初参加です!
b0367250_01273172.jpg

なんとなしにチョイスしたのはこちら。



自由民主の広報誌は夫から渡されたもの。
私自身も前仙台市議会議員でもある夫・小野寺淳一の妻としてありとあらゆる方向性を学ばなければなりません。
b0367250_07064462.jpg

なんせ夫は三年後の仙台市議選にも出馬しますからね。




あっと言う間の一時間でした。

脳を使いますとやはり小腹が空きます。
b0367250_01273298.jpg

というわけで、ゆっこさんと二人でこちらでディナーを。
大変美味しゅうございました!


ゆっこさん!
いろいろとありがとうございました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-22 22:50 | 旅日記

杜の都・仙台在住、
石のお医者さん・柴田日南です。






今日から御江戸入りします。
b0367250_02423842.jpg

もちろんいつもの長距離バスで。



長距離バスを楽しむコツ。
トイレ休憩で立ち寄る各サービスエリアでのウィンドウショッピングを楽しむこと。
これに尽きます。




御江戸にて営業マンとして奮闘中の長女がどうやら築地で買い物をしたらしく。
b0367250_02423952.jpg

これだけ入って一パック1000円!

これは毎日ご飯だけは炊いておかねばなりませんね。



長女よ。
b0367250_02424085.jpg

母はしばらくお世話になります。






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!
[PR]
by ninastone | 2016-11-21 21:25 | 旅日記