もし。

今から約50年前に
父が竹細工の専門家として、竹の生えてる東南アジア各国の技術指導へと渡り歩いていなければ。
その中に
ベトナムはホーチミン市へと勤務地として指令が出されていなければ。


もし。

母が当時ベトナム外務省にて外交官として勤めていなければ。
父の通訳者として母が配属されていなければ。


「 両親は出逢っていません。 」



もし。

サイゴン陥落が無ければ。
サイゴン陥落を一週間後に控えた中、いち早く南ベトナムが戦争で負けるという情報を元に私と母とチャーター機に乗って国を脱出し、羽田入りしていなければ。
b0367250_11184447.jpg


「 日本での私の生活はありません。 」




たくさんの「 もし 」に繋がれての現在。



もし…を考えれば考えるほど、
数えきれないほどの分岐点を経ての
「 今 」に繋がります。



どれもが
「 今の私 」に繋がる
大切な歴史が今に至ります。


b0367250_11303655.jpg

人間の数があるほど
そこには
たくさんの歴史もあるんだということも

忘れない自分で在りたいです。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-16 21:00

b0367250_06295290.jpg

Nina Stone Clinic への入り口に
ぶら下がってるのがこちらの
ウッドパーカッション社/ウインドチャイム。




数ある音色の中でチョイスしたのは


有名な賛美歌といわれる
「 アメイジンググレース」
の出だしの音階を再現されたもの。


かなりのお気に入り。




そして、友人の結婚式で
祝歌として独唱させて頂いた


思い出の曲でもあります。





こちらの一枚のように
b0367250_06295308.jpg

歌うことも実は大好きなので…。

[PR]
# by ninastone | 2016-06-15 20:00

Nina Stone Clinic は
口コミ、完全予約制の空間。
b0367250_05364562.jpg

ニナストーンの持ち主になり、
「 流れ 」を体感して頂いた方々の
見えない愛のバトンによって
日々大変有り難いご縁を多数頂いております。


その中でも
特に光栄に感じること。


それは。


母から子へ。

子から母へ。


父から子へ。

子から父へ。


妻から夫へ。

夫から妻へ。


祖父母から孫へ。

孫から祖父母へ。





大切な家族だからこそきちんとしたものを
身につけてもらいたいという気持ちは
万国共通なんだと思います。
b0367250_05364691.jpg



だからこそ。

一つのニナストーンを紡ぐのに
最低でも二時間。

平均にして三〜四時間と時間をかけて
紡がせて頂いております。


私にとって
有難く
大切な時間でもあります。
b0367250_05364670.jpg

個々の人生に向き合わせて頂けることに
深く感謝申し上げます。

[PR]
# by ninastone | 2016-06-14 20:20

先日、重い病に伏せている方のお身体に
直接可能な限りの私の生命エネルギーを
送らせて頂きました。


すると当初、私自身が予定した以上の
生命エネルギーがその方に送られてしまい、

私の右側半分がまるでミイラのような
壊死した状態に。



右側半分がまるできしむような
痛みに少々悶え、
やはり私も側は人間なんだなぁと痛感。



その後、
ご縁を頂いてる方々の知恵や能力のおかげで
だいぶ修復状態に至りましたが、

未だ万全ではありません。



実は生命エネルギーのお裾分けをする
ということは、
私の持ってる本来の寿命を縮めること
にも値します。

なかなか想像し得ないかもしれませんが、
命を削るというリスクを危険性を
頭では理解し、解っていながらも
いざ実行してみてその危うさをも体感。



ターコイズが割れたのも
分からなくもありません。
b0367250_23301400.jpg

動くことにけしてバツなんかではなく、
動き方に
亡き父が警報を発して来たんだなぁと。


父上、心配かけてごめんね。


今夜も頂いたお塩と
空気神社の貴重な神酒で整え中です。
b0367250_23301498.jpg

そこでちょっとした不思議体験が。

普段、日本酒を飲めない私なんですが、
この時ばかりはワンカップの半分までを
ぐびぐびと飲むことが出来ました。

本当に甘かったんです。

日本酒がいつの間にか飲めるように
体質が変わったのかしら?と一瞬ばかり
錯覚してしまう位に…です。

ただ、その味覚は後半には普通の日本酒に
戻りましたので、残りの分はそのまま浴槽に。




しばらくすると…


b0367250_23301527.jpg

ん?

みるみるうちに私の手の平が…




シャワーヘッドの穴のような?

気穴がポツポツと
浮かび上がって来ました。




まるで気穴のつまりを
押し出したかのような感覚です。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-13 23:15

本日は急遽、恩師・タマラさんに会いに御江戸へ日帰りで行って参りました。

b0367250_08232925.jpg

※ こちらは 『 NEW LIFE FESTA / TOKYO 2016 』の会場内にて、敬愛するタマラさんとのツーショットです。




「石を本来の状態に戻す」という能力をタマラさんにより的確に見抜いて頂いてからは、仙台を拠点に『石のお医者さん』として日々《 ニナストーン 》を口コミのみで組ませて頂いております。

今では、《 磁場調整 》と《 気道開通 》と内容を広げさせても頂いております。



一部の方にはお話ししておりますが、私の中にはベトナム王室の血が流れております。
元々はベトナム中部にいた先祖がベトナム南下し、名字を変え、一族の一部はフランスやアメリカにも出国しております。


唯一、日本に来たのは私と母の二人だけ。
b0367250_08233015.jpg

(「ベトナム王室の血が流れているのだから、たとえどんな事があっても誇りを持って生きて」
これが母の口癖でした。)



王室系統は、時として能力ある人間が誕生します。
だからこそ、国を治める事が出来る。
問題なのはその力をどう活かして来たのかではないのかなと感じます。


ただ現実として。
b0367250_08233025.jpg

たとえベトナム王室の血が流れているとはいえ、ベトナム王朝が71年前には途絶え、形式的に制度が無い今となっては地位として何も意味は無いことも私なりに受け止め理解しています。


しかしながら、せめてこの能力をご縁を頂いた方々の為に発揮することの方が大切だと日々感じております。

b0367250_08233127.jpg


〜 血筋を受け継ぐ者として誇りを持つこと 〜



もっともっと私にしか出来ないことに使命を持って生きたいと思います。


より強固な自分に向けて邁進あるのみ。



今世紀も含め、タマラさんとのこの深きご縁に改めて深く感謝申し上げます。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-12 22:55

【 ガンバです! 】

『 2016 希望郷 第71回国民体育大会 いわて国体 競技別リハーサル大会 ・第30回ジャパンカップリード競技岩手大会・希望郷いわて国体記念ボルダリング大会 』
b0367250_06421027.jpg


二女の応援の為、岩手入りしましたが…
b0367250_06421121.jpg

とにかく暑かったです!




b0367250_01315827.jpg

『 ガンバです! 』
『 ガンバ! 』

ボルダリングの世界での応援はこのセリフが主流。
( 最初はなかなか慣れませんでしたが )


b0367250_06421169.jpg

保育園〜高校までが一緒の同級生とのツーショット。
彼女の運動神経抜群な部分は昔からのもの。
今も現役なので素晴らしいの一言!



b0367250_06421276.jpg

親友との久々の再会も。
現役で子育てしてる姿を見ながら、私もついつい娘たちの子育てを思い出してしまいます。




そして…盛岡といえば。
b0367250_06421203.jpg

盛岡冷麺!
大好きな盛岡冷麺はもちろん特盛りで美味しく頂きました。
大変美味しゅうございました。


b0367250_06421287.jpg

やはり故郷の大地の空気が一番ですね!

故郷に感謝しながら、日帰りで仙台へ戻りました。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-11 22:20

b0367250_00133904.jpg

ゆっくりでもいい。

少しずつ、一歩一歩でもいい。



何故か気になる。
何故か心が揺さぶられる。
b0367250_00134054.jpg



それは魂がしっかりと反応してるから。
魂同士の波動がバイブレーションを起こしてる証しなのだから。

だからこそ、そこにきちんと耳を傾けられる自分で在りたい。


b0367250_00134076.jpg

気になることに理由を求めることよりも、素直に気になっている自分を受け入れられたらどんなにか道の拓き方も変わるのだろう。


理由は後だっていい。
答えだってそう。


今はシンプルに気になっているというご自身と向き合って欲しい。
b0367250_00134156.jpg

魂の声は自分にしか分からないのだから。


十分に何かをキャッチ出来てる瞬間を、今を大切にして欲しい。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-10 21:50

「 Nina Stone Clinic 」
b0367250_23535468.jpg


生きた石組みとして
口コミのみでご縁を頂いております。


一年目は守り石という名で。

今ではニナストーンとして
より具体的に分かりやすく名前を変え、
今に至ります。




そういう中で。

最近は、守り石時代の方々との
ご縁が再び始まりました。


これもまた何らかの意味が
あるのでしょう。
b0367250_23535472.jpg

ずっとずっと待っていてよかった。


本気でそう感じた瞬間です。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-09 22:30

先月、タイミングが合わずで行けなかった「 お薬師さんの手づくり市 」も今日はしっかりと友人親子と一緒に出掛けて参りました!


曜日に関係なく、毎月8日に薬師堂に市がたつこちらの手づくり市も地下鉄東西線が開通したこともあり、より一層に行きやすくなった私の大好きなイベントの一つ。


今回もたくさんの素敵なブースに目移り(笑)
そしてやたらと一目惚れが多かったです。


気になっていたこちらの七味唐辛子屋さん。
b0367250_06283627.jpg

店主のキャラが楽しい!
やはり職人さんを好んでしまう私。
はじめて七味唐辛子デビューを果たしました。



最も今回、お気に入りなのが…
b0367250_06283657.jpg

「 品質日本一 」のロゴに一目惚れ!
帆布生地を素敵にアレンジしたこちらの手づくりの手提げバッグは即買いでした。


さて。
b0367250_06283706.jpg

こちらは相方。
「 常に現場! 」のロゴ入り特製帆布前掛けでよくあちこちにお手伝いに出掛けております。


やはり夫婦で帆布生地が好きらしいです。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-08 21:05

正直に申し上げます。

人間の手によって地上より発掘された石たちは仮死状態にあります。

何故そうなるのか?

それは石たちの持つ本来の「 意志 」を無視された状態で売買され、勝手に意味づけられ、石たちにとって負担ともなる「 願掛けの対象 」とされているのが大半だからです。

そんな状態になってしまった石たちを、私の持つ『 石を本来の状態に戻す 』能力によって生きた石に蘇らせることを始めてから二年以上過ぎました。
b0367250_05295461.jpg




そして。



『 気道開通 』も約一年前から開始。

その内容とは私の持つ独自のエネルギーを左手から通し、身体を流れ、右手から出すといった気の通り道をつくるお手伝いをさせて頂くものです。
( 中には私自身のエネルギーをそのまま自身に取り込めた方もおります。)
b0367250_05295414.jpg

何故、気道開通をするのか?

それはせっかく手にされた生きた石・ニナストーンからの波動をより細やかに体内に通せるようになるからです。




更に、今年に入ってからはエネルギーをただ通すのではなく、その人のエネルギー不足な部位に生命エネルギーを注入させて頂くことも水面下でやっておりました。
( ただし、こちらに関しましてはまだ未知な部分も多数ございますのであえて公にはあまりしてはおりません。)

と言うのも、先日、重い病に伏せている方のお身体に直接可能な限りのエネルギーを送らせて頂きました。
すると当初、私自身が予定した以上の生命エネルギーが送られてしまい、私の右側半分がまるでミイラのような壊死した状態になってしまいました。
( もちろん、あくまでも私の個人の感覚的なものですが 。)
b0367250_05295501.jpg

とにかく何をするにも右側半分に負担が掛かるように。




ある種、負傷中。
b0367250_05295530.jpg


まぁ、なんせ側は生身の人間ですからね。
とにかく右側半分だけなんです。


さて。
私の生命エネルギー体が元どおりになるのにいつまで掛かることやら。


まるで翼を負傷した気分です。
[PR]
# by ninastone | 2016-06-07 22:50

『 太古の時代、私達の祖先は大自然と調和した生活をしていたといわれています。
人々は自然を敬い互いに認めあい、植物や鉱物のもつ力をうまく活用しながら争いのない高い精神性に満ちていました。
そんな彼等の時代から現代に伝えられているものの1つに麻(ヘンプ)があります。
麻には免疫を高める力があるので、人々は身にまとう衣に好んで麻(ヘンプ)を用いていたのです。
ヘンプは電磁波や放射線を中和するともいわれておりマイナスイオン効果も極めて高いので、今後、あるゆる分野で調和的に活用されることが期待されています。 』

虹の天使 HPより
http://www.nijinotenshi.net/

b0367250_01030679.jpg


いざ、大麻を紡いで織った上質な布を使ったヘンプデザイナー華賀美さんの八王子サロンへ!

こちらへは、かなり時間を押しながらもなんとかたどり着きましたが、室内はまるで別世界。

まさに太古を感じさせる空間でもあります。


b0367250_01174083.jpg

華賀美さんとのツーショット。
何故かしっくりと来ます。
今日で二度めまして、なのにもかかわらずです。


そんな中、華賀美さんの御好意もあってニナストーンを生きた石をこちらの八王子サロンで不定期に開催させて頂く方向を頂きました!
大感激です!

華賀美さんには感謝しかありません!
b0367250_01174075.jpg

さて、少しずつ準備をしないとなりません。
益々、加速致しますからね〜!




そして、夕方からは場所を上野に移して、石のお話を伺いたいと言ってくださったご夫妻と三人でティータイムを。

b0367250_01174183.jpg

指定させて頂いたのは、唯一私が知っているこちらの空間。

ぎっちりとお持ち頂いた奥さまの石を呼吸させ、ご主人さんのお身体へもエネルギーを送らせて頂きました。
気付けばあっと言う間に二時間強!



生きた石・ニナストーン。
新たな持ち主になろうとしている方々の波動はやはり光り輝いております!
[PR]
# by ninastone | 2016-06-06 22:45