民話【 七つ森 】

b0367250_17141038.jpg
遠い昔、アサイナサブローという男がいてこの地に、川と沼と山を作った
先祖は、このように言い伝えてきました

のちに、川は吉田川と呼ばれ、沼は干拓されて品井沼となりました
七つの山は吉田川流域の七つの町村( 大和町・大衡村・富谷町・大郷町・鹿島台町・松島町・鳴瀬町 )を見守る七つ森となりました

川と沼と山の創造は、農耕の発生を示唆する偉大な事業のはじまりでした
そして、この土地の人たちはサブローの事業を受けついで、長い年月、水との戦いをつづけてきました
豊かで平和な暮らしを子孫に手渡すための仕事なのでした
元禄潜穴、明治潜穴、高城川の開削、幡谷のサイホン、背割堤などに、水との戦いの跡を見ることができます

宮床ダムも、サブローの事業を受けつぐ人びとの手によってつくられたのであります
湖底には先祖の魂が宿っています
ここを渡りながら、耳を傾けてください
遠い昔のサブローと、サブローの事業を受けついだ人びとが、あなたに呼びかけています

「 先祖から受けついだもの、それを未来に生かしていくのは、あなたなのですよ」
                     小野 和子

b0367250_17142099.jpg
※ そのまま転載いたします


b0367250_17143080.jpg
むかし むかし うんと むかしなあ、
この あたりの ひとたちは むれを つくって
山や 野を かけまわって かりをして
くらしていたんだと
ある ひの こと、山の なかを あるいて
いく ひとりの おとこが いたんだと
ひとつ 山こえ ふたつ 沢わたって
おとこは 谷へ おりていった
おとこのかげが 谷川におちると、
そこら いちめん もうもうと はえた カヤが ゆれて、
その あいだから ひとの こえが わいておきた
「 だれか きたな 」
「 んだっ、わかいおとこ だぞ 」
「 ありゃあ、うすのろの アサイナで ねえか 」



b0367250_17144082.jpg
おとこは カヤの うえに 
どんがりころがると、
うおん うおんと なきだした
アサイナは、でっかい ずうたい
してたけんど、ウサギ 一ぴき
ころせなかったと
そればかりか、
「 かわいそうで、とっても ころせねぇ 」
と、みつけた ケダモノは かたっぱしから
にがして しまうんで、むれのひとたちは
はらをたてた
「 この、うすのろめっ! いっちまえ
おらだちに ついてくるな 」
と、いいすてて、あたらしい えものを
もとめて いって しまったんだと


b0367250_17145158.jpg
アサイナが やってきた 谷は、
みどりの 谷と よばれて いた
かりを する ひとたちの むれが、
あたらしい えもを もとめて
うつって いく ときに、 とりよりや
びょうにんを すてて いく 谷で あった
ときには、むれを はなれた
ひとたちが ひっそりと たどりつく
ことも あった
谷では、アサイナが きたのを よろこんだ
「 アサイナ、水くみ して けれや 」
「 アサイナ、アケビが くいたい ぞい 」
「 アサイナ、こっちさ こいっ 」
みんなは あさから ばんまで
「 アサイナや アサイナや 」
と よんで、たくさんの しごとを
たのんだんだと


b0367250_17152223.jpg
あるとき、ばんつぁんが こう きいた
「 アサイナ、アサイナ おてんとさんと みなみ山と はて さてどっちが とおかんべ 」
すると、アサイナは けろんと こたえた もんだ
「 そりゃ、みなみ山だべさ おてんとさんは ここからみえるけんど、
みなみ山は、さっぱり みえねえもん 」
ところが おてんとさんより とおい みなみ山から、
びょうきの むすめが たどりついた
アサイナは たんまげた
「 あえっ、やっぱし おてんとさんが とおいかや
みなみやまから むすめが きたけんど、
おてんとさんからきた ひとは
まんだ みたことねえぞ 」って、
あたま かかえて、かんがえこんだとさ


b0367250_17153857.jpg
みなみ山から きた
むすめは おもいがけない ことを
かたって きかせた
「 もう どこへ いっても
かりだけ してる ところは ねえんでがす
コメば つくって くらしてるんでがす 」
むすめは しょって きた ふくろから
モミゴメを だして みせた
「 へぇー、こいつば つくってんのか 」
「 ほんだよ もう ケダモノば おって
そっち こっち さまよわなくとも ええんだ 」
谷の ひとたちは たんまげた
くちぐちに つぶやいて、むすめの てのひらの
モミゴメに めを ひからせた
そして ふしぎに つよいちからで、
コメに ひきよせられて いくのだった


b0367250_17155414.jpg
つぎの 春が やってくると、谷では
だれからともなく 土を ほじくり はじめた
「 おらだちも、コメば つくるべ 」
「 そうだとも、おらだちが つくるべ 」
谷は、そう いう ひとたちの あつい
いきで いっぱいに なった
だが、としよりや びょうにんの おおい この谷で、たよりに
なるのは、うすのろの アサイナ たったひとり
「 たのむぞど、アサイナ 」
じんつぁんや、ばんつぁんに かたを
たたかれて アサイナは しゃなすに はたらき はじめた
くる ひも くる ひも、ことばを
わすれて くるったように はたらいたとや


b0367250_17161338.jpg
このころからだった
アサイナの からだが 火のように
あつく なって いったと いうのだ
「 アサイナよう 火の玉でも のんだかや 」 
みんなが、アサイナの からだに
さわってみると、その てが つんと
つっぱる ほどに あつかったと
アサイナが りょうてを おっつけて
大木を おすと、なんと そこから
火のこが まって、みるまに 大木は
もえつきる。
いちめんの カヤを
なぎたおすと、ごおっと おそろしい
おとを たてて、カヤは やけただれた


b0367250_17162775.jpg
こうして、たちまちの うちに
谷は みごとな 田んぼに かわり、
稲ほが きんいろの なみで うねる 日が きた
みんなは 田んぼの へりまで にじりよって、
なめるように 稲を ながめたとや
  あさげの 稲コは しんら しんら
  ひるまの 稲コは きんら きんら
  ばんげの 稲コは ぎんら ぎんら
    はあ 美ぐすい 美ぐすい
その夜は みんなの うたう こえで、
夜あけまで 谷は にぎわった


b0367250_17171164.jpg
そうして、ある 秋の ことだった
くろい くもが 谷を おおったと おもったら、
だわだわ 雨が ふってきた
雨は 三か 三ばん
ふりつづいて、四かめには 谷の 水が あふれだした
あれっと いう まに、どっ どっ どっと
てっぽう水が つっぱしり、くびを たれた
稲が ねこそぎ ながれだした
アサイナは 川に とびこんで あつい からだを
たてに して、水を ふせごうとした
けれども、水は あとから あとから
よせて きて アサイナに のしかかった
おそろしい ことは つづいて
つぎの としにも 谷は てっぽう水に おそわれた


b0367250_17172340.jpg
雨が あがると、アサイナは
山へ のぼって いった
そらに 月が のぼり、
いまは しずまった 川を
てらして いる
川は ひかる おびに なって、
山と 山の あいだに きえていく
そして、はるかに みえる
平地の うえに ふたたび
すがたを あらわすと、こんどは
からまる つたのように
うねって いく
アサイナは、ながい こと
川の ながれを みて いたが、
なにを おもったのか、わらわら
山を おりはじめた
山を おりて 川しもへ 川しもへと 走った


b0367250_17173752.jpg
つぎの あさに なると、谷の
ひとたちは、天から ふってきた
土の 雨に おったまげた
  ざざ、ざざ、
   ざざざざどーっ
天から 土が ふってくる
「 あえーっ、アサイナが山より
でかくなって、土ば はこんでっど 」
「 おーい、アサイナ なに してんだあ 」
アサイナは はるか 上の ほうから、
「 おらぁ、川しもに
沼ば こしらえっぺと してんだあ 」
と、大きな こえで へんじした



b0367250_17175103.jpg
ひと山 土を あけると ひと山だけ、
ふた山 土を あけると ふた山だけ、
アサイナの からだは ぐえらぐえらと
でかく、なるでは ないか
その たびに ほおが ひびわれ、
せなかに ふとい みぞが はしり
うでから あかい しぶきが あがる
アサイナは また 川しもへ むかう



b0367250_17180682.jpg
もえる からだで 岩を とかし、
大地を かっぱじき、土を ほって
たんがらに もりあげる
それを しょって、また 土を なげに いく
えぐられた 川しもの 平地は
川の 水を とぷとぷと のみこんで、
たちまち 池と なり 沼と なって いく
いまは もう アサイナは
くもの うえまで つんぬけた
かみは ほのおとなって 天を つき、
目は ぎんぎんと もえて 火を 
「 おらだちも、いくどーっ 」
あるける ものも、あるけないものも、
むちゅうで アサイナの あとを おった


b0367250_17184189.jpg
運んだ 土は 七つの 山と なって ならんだ

  にょっきり
  もっきり
  もっこ
  もっこ
  もっくら
  もっくら
  でえん

さいごの 土を はこびおわると、
アサイナは たんがらを ぽんと ほうりだした
  ど ど ど ど ど
    どっ どっ どおーん
つよい かぜを まきおこして
アサイナは たおれた
たおれて いくつも いくつもの
ちいさな 山に なって
とびちったんだと


b0367250_17185068.jpg
こうして できた
七つの 山に、やがて
みどりの 木が しげり、
「 七つ森 」と
よばれるように なった
七つ森の ふもとで くらす
ひとたちは、とおい むかしの
アサイナの なを いまも
かたって いる
 「  七つ森ば つくったのは
      アサイナサブローだど
  そんどき ほった沼が
  いまの 品井沼に 
      なったんだ
  土を はこんで
      あるいた あとが、
  吉田川だ
  なげた たんがらが、
      ころころ ころがってって、
  ほれ あの めんちゃっこい
  たんがら森に なってんだど 」





『 七つ森 』
ところどころ、後世に伝えたいメッセージをも感じます
b0367250_21135364.jpg
何かキャッチ出来ればと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-14 20:20 | 地域との繋がり

光遊びは本当に愉しいものです

b0367250_16472090.jpg


その時の地場、
気の流れ、
粒子等の条件により
様々な表情を視せてくれます

b0367250_16481197.jpg


そこにはもちろん

b0367250_16481923.jpg


撮影者自身の心身の状態も
重要な要素となります

b0367250_16482755.jpg

どれだけその空間と共に在るか



互いに主張することなく
ただそこに居るだけで
調和となり
存在するようになります




先日は立ち寄れた薬莱山も
今日はこの距離からの御挨拶
b0367250_17060248.jpg

距離は遠いかもしれない

でも
心ではもの凄く近くに在ります

だからでしょうか

ホッとしながら後にしました



今日も素晴らしい時間を有り難う御座いました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-13 18:10 | 生きた石たちの世界

“ あかぎや ”
こちらのチャーシューはかなり私好みです
( ローストビーフが大好きな私にはたまらないお味と食感でした )
b0367250_07081854.jpg
麺は…

それでも総合的には大変美味しゅう御座いました!




そこから
いつもネイルで大変御世話になっておりますYokoさんのネイルサロン “ Sakura ” へ
b0367250_16185975.jpg
いつも素晴らしい仕上がりにしてくださり感謝申し上げます!

今回のテーマは、とにかく私自身の大好きなゴールドを入れたかった!
と、シンプルにそこでした
b0367250_08184763.jpg
ベースを滅多に使用しないホワイトをチョイスしたのも、10月20日( 土 )〜10月27日( 土 )まで開催の秋の一般開放向けのものに御座います

やはり常日頃から初心は大切ですからね

Yokoさん
有り難う御座います!




夕方からは不思議な御縁で重なり合い、今に至る私を含めた3人でミーティングを
b0367250_08185228.jpg
え?
何故、タンタンがここに?
それも立体的なタンタンとはお初にお目にかかります

タンタンとの出会いは約40年前までさかのぼりますね

当時、タイ・チェンマイのインターナショナルスクールに通っていた頃に出逢ったのがタンタンでした

「 タンタンの冒険 」
ー ベルギーの漫画家・エルジェの漫画で主人公の少年記者・タンタンと相棒で白い犬・スノーウィが世界中を旅行し、さまざまな事件にいつのまにか巻き込まれてしまうという奇想天外な物語です ー
b0367250_08185612.jpg
かなり御満悦な私
感情がそのまま表情に出ております

まさか、日本で
ましてやここ仙台でこうして抱きしめられるとは思いもしませんでしたからね

何よりもあの頃、私にとっても夢中になって愛読していた作品の一つですから
( 一気にあの頃にタイムスリップした気分でもありました )




こうしてこれからの Nina Stone Clinic を
今後どのように Nina Stone を伝えられるかを

こうしてシェア出来る時間が空間が

今はとても
とっても
とーーっても
幸せに感じております


今日の種まきが明日の希望へと繋がるよう自分に Nina Stone によって紡がれた “ 仲間 ” を信じて邁進して参りたいと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-12 22:25 | 日々徒然

〜 イベント出展の告知です 〜
☆ 13日(火)14日(水)15日(木)

Nina Stone Clinic 御江戸に参ります!
さまざまな御縁を愉しみにお待ちしております




鳥たちのさえずり、そして風の音・・・
自然と共に奏でる美しい音の響き
それらの音は周りのものとも調和する

【女神たちのシンフォニー】
へんぷ麻100%衣装『虹の天使』展

***************************

2018.11.13(火)~18(日)11:00~16:00 

ふだんのごちそう繭蔵 2F
〒198-0044 東京都青梅市西分3-127
TEL 0428-21-7291  
http://mayugura.com/

***************************
《concert&work》

★13日(火)
14時~ 
参加費:¥3000  
※要予約 定員20名 

オープニング演奏
【 ヴァイオリニスト MISAO 演奏会 】
http://misao7.com/
国立音楽大学首席卒業。同時に武岡賞受賞。第8回日本クラシック
コンクール第3位受賞。クラシックからJ-POPまで多数のアーティ
ストコンサートツアー、レコーディング、テレビ収録で共演。
奈良県天河神社、熊本県弊立神宮にて音霊奉納奏者に選ばれるなど
活躍は多岐に渡る。

★15日(木)
14時~15時30分 
参加費:¥2000 ※要予約 定員10名 

【 Olenapualani Shizu  女神のフラレッスン 】
「ありがとうAloha」日本語のオリジナル曲
聖なる水が湧き出る泉は私たち自身の心の中にあります。
ハートを開き本当の心の声を聞いていくことがとても大切。
優しく穏やかな愛と光に満たされて、みなさまが幸せになれますように。オレナの癒しの声にのせて、魂のフラをご一緒に踊りましょう。

★16日(金)
14時~  
参加費:¥3000 ※要予約 定員20名 懇親会:¥3500 

【 池末みゆき ライヤー演奏会&アンサンブル テラ 】
阿蘇在住ライヤー奏者。幼稚園教諭・園長として約40年幼児教育に携わり、ハンガリーでコダーイシステムを学び、ドイツ、イギリスにおけるシュタイナー施設での実習を通し、日本の童謡や民話、伝承あそびを融合した幼児教育の実践に至り、演奏活動を始める。魂に沁み入るその演奏は「奇跡の演奏」と評価され、国内はもとより海外でも、祈りと癒しに満ちた演奏活動を続けている。

★17日(土)
14時~15時  
参加費:¥2000 ※要予約 定員20名

【 Olenapualani Shizu 舞&歌 】
Olena Healing Hula Schoolクムフラ。
古典フラ、自分のために踊る心のフラを広めています。豊かに愛らしく純粋に『女神は華ひらく』ハワイがオレナの遊び場

ハワイ島マウナケアの雪の女神をテーマに舞い、許しのエネルギーについてのお話。オリジナル曲 ありがとうAloha の簡単なレクチャー・生歌・舞でみなさんとご一緒に踊れたら…
イスのままハンドモーションでの参加で。

★18日(日)
ワーク:11時~13時 
参加費:¥4000 ※要予約 定員10名
演奏会:14時~15時 
参加費:¥3000 ※要予約 定員20名  
懇親会:¥2500 

【川岸宏吉 KYOKAN ワーク&民族楽器 コラ演奏会】
1993年西アフリカのセネガルで民族楽器コラ(ハープ)に出逢い、数々のCD製作とライブ活動をおこなう。独自の奏法と音色は他に類をみない。amahoro MUSIC主宰

トーンチャイムを用いた音遊び。響きを共に感じ(響感・共感)
決まりは何もなく時空を超えた響き合い。美しく透明な世界が広
がりあなたのハートは解放される。無邪気になって遊んでみて!
 
:::::::::::::::::::::::::::::

《marche》
☆ 13日(火)14日(水)17日(土)18日(日)

【 プロフィール写真撮影 】
鈴木千恵*光の写真家*
すずきちえ プロフィール
●あなたの本来持っている輝きを波動共鳴により引き出し、生き生きとした内側の輝きが溢れ出る瞬間を撮影。写真は写心。
虹の天使の衣装で、天使の「写心」。
データで20枚ほどのお渡しとなります。
お買い物やイベントの合い間に新しいプロフィール写真をお撮りします。順次受け付け

【 フラワーエッセンススプレー作り&フラワーエッセンス販売 
フラワーエッセンスサロン 花療法家*渡辺 利沙
わたなべ りさ プロフィール
●「フラワーエッセンススプレー作り体験」
フラワーエッセンスは花の波動が入っている波動水。プロテクトや浄化、癒しなどに最適です。


b0367250_01462090.jpg

☆ 13日(火)14日(水)15日(木)

【 カウンセリング ストラップアクセサリー販売 】
Nina Stone Clinic*柴田日南
しばた・にな プロフィール
●亡き母より受け継ぎしベトナム王室の末裔という血筋のもと、「石を本来の状態に戻す能力者」として東北・仙台を拠点に整導石師(せいどうせきし)として口コミのみでNina Stoneを紡がせて頂いております。

b0367250_01464320.jpg


☆ 14日(水)15日(木)16日(金)

【 勾玉セラピーetc 神代文字によるお名前書きetc 】
高橋美穂*みこりん美穂
たかはし みほ・みこりん美穂 プロフィール
●幼少の不思議現象から古神道へ導かれる。
巫女体験から色遊びなどから、あなたの内なる声を導きます。御幣を振って占います。
ふるふるゆらゆら~~

☆ 16日(金)17日(土)18日(日)

【 麻ブレスレット&ネックレス販売 麻炭・麻香etc販売 】
麻ころも*槙田八重子
まきた やえこ・あさころも プロフィール
●ブルーベリー農家。
精麻とオガラの普及を行っている
麻炭やお香の販売。麻のブレスレット&ネックレスのワークショップを開催します。

【 退行催眠セラピスト クリスタル・デザイナー 】
日々祝祭*まどか・シェラン・ルシェリ
まどか・シェラン・ルシェリ プロフィール
●創造主、アシュタルコマンドと協力して、地球と人類の次元上昇をサポート。カウンセリングと個人に合わせたヒーリングアクセサリーの製作をします。ハートの贈りもの http://narudek .com


☆ 13日(火)14日(水)15日(木)16日(金)17日(土)18日(日)

【 ファッションデザイナー&プロデューサー 】
へんぷ麻100%衣装『虹の天使
*河本 華賀美*
かわもと かがみ プロフィール
●15年間企業のファッションデザイナーとして勤めるも自然と共に共存できるへんぷ麻素材に着目する。
着用する人と地球の未来を考えた製作を続けている。
http://nijinotenshi.jimdo.com/

◆お申込/メール:imajin3731@yahoo.co.jp 
     携帯:090-1155-1150 河本
※できるだけメール又はフェイスブックのメッセージでお願いします。 

※演奏会中マルシェお休みです。

主催:ヘンプ麻100%衣装『虹の天使』河本華賀美






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-11 19:35 | イベント

今日は共通の友人でもあるSさんからの久方ぶりの連絡をきっかけに思わぬところで大変嬉しい再会劇がありました

ー 私を覚えていてくださり、お声掛け頂けましたこと大変嬉しく思います ー
b0367250_08170980.jpg

マレーシア在住、マレーシアと神戸を拠点とされている 植林事業 The Green Venture Japan 代表 Yukiko Shibatomi さんとこの杜の都・仙台での再会です

b0367250_08172333.jpg
Yukikoさんの活躍の幅はもちろんそこに留まることなく、環境問題や食育と妙に渡って精力的に活動されております

ちなみに植林事業として植えられているのが ‘ 白檀 ’ 
[ 白檀は通常の木の5倍のCO2を吸収し、7倍の酸素を放出し、白檀の木が3億本植わると地球の酸素濃度が3%アップするのだそう ]


〜 白檀は幼き頃から両親が好んでいたこともあり、親しみのある存在に御座います 〜


Sさんもエレガント・ティータイム 薬膳マイスターでいらっしゃるので、とにかく話題に尽きることはありません
( 本当にさまざまな引き出しをお持ちの方だなと毎回感じてしまいます )


三人での顔合わせは今回が初めてでしたが、初めてとは思えない程にさまざまな話しへと展開

これからが益々楽しみなものとなりました

御縁を嬉しく感じた豊かな時間にあります
有り難う御座いました!




そ・し・て


実は今日
朝一番の出来事として、洗濯物を干してる時に何故か右手人差し指のネイルがポロリと折れて、床に落ちるというちょっとしたアクシデントがありました

b0367250_23173943.jpg

ん?
不思議と大きな焦りと驚きも無く、もちろん不安もなく

ただ一言で言えば ‘ 無 ’ でしたね




b0367250_12251965.jpg


今日トイウ日は。




一部の生きた石・Nina Stone の純粋なる持ち主たちにとっては厳しい一日でもアリました。

サラリとした汚レならまだしも、
ドロっとした汚レとなりますと
時に太刀打チ出来なくなります。
b0367250_12384655.jpg

ヘドロというものは鍋にこびり付いた深キ焦ゲのようなものですから。

そこに汚レざるを得ない自分に非ガあるのではなく、その汚レにさえも気付けない環境下に合わせないと、自ラも生きて行けない今の社会環境の中で自分をどう生き抜クカにあると私は考えます。


・Nina Stone メンテナンス
・Nina Stone クリアリング
・Nina Stone クレンジング


どうかはギリギリまでの無理モ無茶モせずに、ご自身のクリアな判断が可能なうちに動いてクダサイ。


ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇

〜 Nina Stone 持ち主限定 〜
【 毎月27日開催 特別メンテナンス開放day 】

2018年
11月27日( 火 )
12月27日( 木 )

2019年
1月27日( 日 )未定
2月27日( 水 )
3月27日( 水 )

※ イベント等による変動有り

詳細は別途お知らせ致します

ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-10 23:10 | 日々徒然

Nina Stone の場合、一つの石( ストーン )に対して複数の意味が含まれてるモノは本当に少ないです
※ 多くても2つまでです


例として、
水晶 = 流れ
アメジスト = 家族・チーム


〜 個人的に、さまざまな見方を無理矢理見出すす考え方に常日頃から違和感を抱いてはおります 〜

b0367250_22323204.jpg

その為か、パワーストーン流として石の意味に詳しい方は我がサロンにお越し頂きますと、かなり困惑されるケースが少なくありません



そこで、よくお考えください

一つの石に対し、一つでも多くの意味合いを持たせれば、どれかが求める側にとって必要な要素( ニュアンス )に当てはまるのは自然の流れにある思います


そうではなくて、真髄の部分をどれだけ伝えられるのかが本来の役割にありますからね、石たちは



何処か占い的・神秘的な要素を含めたものを好むのも人間の趣向ではありますが、せっかく石を持つ機会があるのでしたら、とことん自分の内側( 魂 )のトレーニングの支えとなる相棒を手にされてください

b0367250_22334875.jpg

石の世界は本来はシンプルに持ち主が自分らしく動けるよう自らの働きだけを徹しますので、安心して向き合ってみてください


意味を含む対象へと変容させたのは私たち人類の方ですから、どうかそこにお気付き頂けたらと思います

b0367250_22345066.jpg

石には確かに意思はありますが、だからと言って石が自らの力で暴走することはありません


むしろ厄介なのは、あたかも石がそう仕向けたと捉える私たち人類の方にあると個人的に感じます






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-09 20:55 | 生きた石たちの世界

連休最終日の今日は夫婦で伊達家墓所・瑞鳳殿を観覧しました

b0367250_09110551.jpg
〜 早めに来ましたのでご覧のようにほとんど人混み無き状況でまわることが出来ました 〜


【 瑞宝殿( ずいほうでん )】

b0367250_08444798.jpg

伊達政宗公は1567年( 永禄10年 )米沢城で誕生

東北南部を中心に諸勢力を平定し、1636年( 寛永13年 )70歳でその生涯を閉じております


b0367250_08393415.jpg

普段は閉じられているエリア( 空間 )ですが、特別に開帳され、目の前の伊達政宗公像を参拝する事ができます


1931年、国宝に指定
b0367250_08401003.jpg

1945年の戦災で焼失

※ 現在の建物は1979年に再建されており、2001年に改修が行われ、創建当時の姿が見事な形となって蘇ることができました

b0367250_09072123.jpg
素晴らしい事にありますね
後に続く今を生きる人たちの思いが感じられます


おもわずいつもの光遊びをして愉しめる余裕も
b0367250_09154060.jpg
一人一人が厳かながらも、参拝に来られたことに対する歓びのエネルギーこそが一番の参拝方法といつも個人的に思います


こちらもこっそり光遊び
b0367250_09514404.jpg
被写体は夫ですが、地場 + 粒子 + エネルギー体によって写り方には差が出ます

ですので上記のように写るにもこれらの条件が必要不可欠となります


夫、その場から移動した途端に光の質が変わりましたが、お分り頂けますでしょうか?
b0367250_10073484.jpg
モードが変わることは意識が、チャンネルが変わる事に繋がりますのでね



こちらでも私龍の御挨拶をさせていただきましたが、不思議なもので奥から銀の見事な扇子が二つ、目の前に映り込んで来ました
b0367250_10095435.jpg
夫に伝えたところ、雀踊りでは?と

なるほど!
シンプルに受け取めてくれる夫に感謝です




日差しは夏の様ですが、木陰は秋の風を感じさせるものが御座いますね
b0367250_10001563.jpg
愛宕神社では七五三詣の可愛い姿も見ることができました

娘たちの時を思い出します

特に長女は3歳の時にワンピースを着せたら、ずっーと泣いてました
今でも鮮明にその場面は記憶に残っております

二女の時はされるがままでしたが、それぞれの性格が出てますね




帰りにはちらっと毎月8日に開催されている「 お薬師さんの 手づくり市 」へ
b0367250_10031272.jpg
少し久方ぶりに参りましたが、天候に恵まれ、賑やかでした

思い掛けない再会もあったりと、気付きを頂けた一面もありました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-08 17:25 | 日々徒然

昨日のつづきを書きたいと思います




〜 だとしますと、母なる大地といういわれも真意としてしっくり来ますよね 〜



鉱物にも人類にも共通する ‘ ケイ素 ’ について、少しだけ触れましたが
ー 類は友を呼ぶ ー
と言う言葉があるように、互いに引き合う存在でもあるのです

ある意味での二つで一つ

Nina Stone 流でいけば、まさに 「 ユナカイト 」的な位置に御座いますね
※ 持ち主であればお分かりいただける内容かと思います



いずれも欠けてはならない存在なんです
b0367250_00081889.jpg

だからこそ、どちらかが暴走をしはじめたら、もう一方にも影響が出ないわけがありません



人類が暴走を起こし、自らのバランスを保てなくなりますと母なる大地である地球にも入り乱れたエネルギーとなって伝わります

そのエネルギーを吸収した地球がどうなるか

ー 考えただけでもゾッとします

b0367250_00132212.jpg

その反面で地球自身も同じことに繋がると思います

地震、火山、津波、熱波、寒波、竜巻等のさまざまな自然災害は、私たちの生活を、私たちが創り上げたものを何もかもを跡形もなく一瞬にして崩してしまいます



重力によって引っ張られた私たちの肉体や精神の在り方によって、今後の地球の真の未来にも繋がることをずっと視て来ました


既にこの事にお気付きの方もいることでしょう


動かし過ぎた鉱物たち、加工をしてしまった石たちの殆どが一時的に仮死状態に入ってしまうことを

・そこにあるからこそ生きる
・生きているからこそ活かされる

そのはずの場所から引き離された石たちの未来を真剣に考えたことがあるだろうか?

もしこれが人間だったら?
動物だったら?
植物は?


鉱物だから何でも好き勝手にしていいのか?

いや、皆繋がっている
繋がっているということは一つであるんだということ


だからこそ本当の意味で取り返しのつかない状況になる前に生きた石・Nina Stone を私は一つでも多く蘇生、いわゆる地球の修復をして参ります
b0367250_00111919.jpg

私たち人類の歴史は鉱物あってのもの

自らのバランスを整え、いかに肉体や精神の廃棄エネルギーを放出しない自分づくりをして行くのかが次なる課題です


汚れが生じたものは致し方ありません
何よりもその先が大切ですから


その汚れを流せる軽度な汚れのうちはなんとか自力でも可能ではあるでしょうが、生きた石たちによってのサポート力もそれはそれで素晴らしいものがあります


是非、生きた石たち・Nina Stone だからこその働きをご体感ください


持ち主の誕生は地球本体の希望となります



‘ 未 ’ 来に ‘ 望 ’ む

望未からのメッセージでもあります






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-07 22:00 | 生きた石たちの世界

鉱物の世界を少しずつお話したいと思います



学問分野としてではなく、シンプルに人類にとって鉱物とはどのような立ち位置にあるかについて、です
( 例えるとすれば学問的に人類を表現するとしたら、人体のパーツやDNAの領域に入ってしまうのと一緒かな、と個人的感じております )
b0367250_21111118.jpg

人類の先祖として、真っ先に浮かぶのは猿人であろう
ちなみに人類進化のシナリオは、5段階に分けられてるとも言われております

・初期猿人
・猿人
・原人
・旧人
・新人


ただし、はじめから猿人ではありません

進化は突然来るものでは無く、さまざまな気候条件やそれぞれの土地によって本能として変容していきます
[ 何故、進化が必要なのかは ‘ 生き残るため ’ 、いわゆる ‘ 種を残して行くため ’ が一番わかりやすいのかなと思います ]


では、これらよりも更にさかのほって考えたことがあるでしょうか?

かなり箸折ってしまえば、答えは
『 鉱物 』
では無いのかなとつい考えてしまうんですよね

b0367250_21282589.jpg

億単位に進化説をかなり短縮してしまいましたので、え?まさかと感じる方もいるかもしれません

ただ、何よりも同じケイ素という成分が鉱物と人類と互いにあるというだけで十分に考えられることでは無いのでしょうか


〜 だとしますと、母なる大地といういわれも真意としてしっくり来ますよね 〜



だからこそ “ パワーストーン ” と言う呼ばれ方・考え方で石を身に付けた途端にまるで願いが叶ったかのような現象が起きるのも納得出来ます

不足したエネルギーを鉱物によって補えるわけですからね

b0367250_21305222.jpg

ただし、それもひと昔前までは、と個人的に考えます



昔から人類は鉱物と共に生きては来ましたが、これだけ必要以上にあちこちで乱獲し、願掛けを主なる対象とした時代が果たしてあったのだろうか、と疑念を感じてしまいます


ちなみに鉱物から誕生したエネルギーは石だけとは限りません
( その対象は石油や石灰、石炭と文字に石が入るものも含まれます )

どれもが地球本体の循環によって誕生し、育まれたもので、そこに目をつけ、燃料と化し、資源の一部として活用してるのは紛れもなく私たち人類のみです

[ 余談ですが、私たちの歯の形を見れば分かるように、ほとんどの食材に火を通さないと食べられない種族こそが人類に在ります ]



ん?

伝えたいことからだいぶ逸れてしまったような
思い思いに書いてたらまとまりの無い文章になってしまいました

〜 失礼致しました 〜


でもせっかくですので消さずに残します

分かる方に届けたいメッセージですから



続きはまた書きますね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-06 22:00 | 生きた石たちの世界

数日前から
ふと長女のことが気になっておりました

元気にやってるのかな、と


その辺りから急に私の歯痛がはじまっておりました
ゔ、とにかく痛い
虫歯かしら?


そしたら案の定、長女は少しバランスを崩しておりました


実は長女がまだ私のお腹の中にいた頃に、誤って前歯を折るという珍事が過去にあります
まさかここまで繋がりが深いとは、ね



歯がメッセージを運ぶとは思いもしない中

まるでそこに後押しするかのように、過去世の息子が神社参拝の写真を出張先より送って来ました



『 歯神社( はじんじゃ )』
b0367250_23480887.jpg

まるでファンタジーのような流れだが、現世でも過去世でも魂の繋がりが近ければ近いほどリンクもしやすいものです


偶然にも、過去世の息子

撫でてます

過去世の母の歯痛に気付いたのかい?


〜 こちらのなで石を2~3度なでた手で歯の痛いところをさすれば痛みが和らぐと言われているんだとか 〜
b0367250_23492137.jpg
私の代わりとなってクリアリングをしょうとしたその行為こそが、遠く仙台にいる私の様子をまるで知っていたかのような出来事にまさか繋がるとは


ホント
一言も言ってませんでしたのよ

なんせ出張先の大阪にいましたから

なのに、しっかりと捉えてる



明日、歯医者に行こうっと

ホント、不思議な一日でした






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-05 23:23 | 日々徒然

今は連絡=Lineやメール等SNSでのやりとりが主流となっている時代

そこには互いの場所を選ぶことも無く、文字で簡単にメッセージを伝えることが出来ます
その利便性の良さは計り知れないものがあります

何よりもこちらの場所を変えること無く世界中の誰とも距離間に関係無く簡単にやりとりが可能なわけですから、互いに共通した経験や感覚があれば、シンプルな言葉で伝えても何事も無くているでしょう

b0367250_21014308.jpg

ただ、時には他に類の無い内容の場合、話しは別です
こちらではそのことを説明するのに些細な一言であっても、受け取り手にとっては理解に苦しむケースもあります

そういう時は可能であれば誤解が生じ、溝が深まる前に何らかの形で互いに顔を合わせられる場を設けたいものです

その事を話す時の表情はもちろん、身振り手振り、話し方のイントネーションで必ずや伝わるでしょうから、諦めずにいたいものですね


〜 本当に大切なことは相手の目を見て、伝えられる自分で在りたいです 〜



今日、久方ぶりにお逢い出来た Nina Stone の持ち主がまさにそうでした

ようやく正規な形で話し方で真髄なる部分をさまざまな角度からお伝え出来てよかったです!

お越しくださり有り難う御座いました

またの再会を楽しみにしております!




夜は
『 河北新報夕刊「 杜の都のチャレン人( ジン )」によるトークショー 』へ

〜 河北新報夕刊に原則毎週土曜日の1面に掲載されるコーナー「杜の都のチャレン人(ジン)」
齢性別問わず、毎週さまざまな魅力的な活動に情熱を持って精力的にチャレンジしている方が紹介されています
「杜の都のチャレン人(ジン)」に登場した方に、活動内容や今後の取り組みなどを直接紹介、お伝えいただく場を月に一度のペースで開くトークショーです 〜

※ 案内文をそのまま転記しております


今月のゲストチャレン人(ジン
立川真也さん/シナプソロジーで地域活性化目指す



なかなか普段は聞くことの無いさまざまなエピソード満載であっという間に終えた2時間半でした

終えてからは…
気付けば Nina Stone を知る4人とで愉しい会食を
b0367250_21314081.jpg
伝わりますかー?

心豊かな時間を有り難う御座いました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

# by ninastone | 2018-10-04 23:50 | わたしの中にある道徳