【 タイ・チェンマイより仙台へようこそ! 〜 1日目 〜 】

父の仕事の関係により、5歳〜10歳までタイ・チェンマイにて5年間を過ごしたことがありますが、その時のクラスメイトの親友2人( 双子 )のご両親が遥々タイ・チェンマイから仙台にお越しくださいました
b0367250_00424671.jpg
当時の話をする中で、その頃気付かなかった出来事まで聞かせて頂き、驚くこともチラホラ
b0367250_00450106.jpg
日本では機会がなければ、なかなか英会話をする事はありません
b0367250_06373883.jpg
母が生きていた頃はよく英語・ベトナム語・タイ語を交えながらしていた会話も今では皆無なものになりましたので、今回の久方ぶりの英会話にかなり脳も刺激を受けました




東日本大震災のニュースをタイで見た時はかなり胸を痛められた、とのことでしたので石巻市立大川小学校をご案内させて頂くことにしました
b0367250_00512114.jpg
何事においても百聞 ( ひゃくぶん ) は一見 ( いっけん ) に如かずということわざがあります


〜 人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よく理解できること 〜
b0367250_00575765.jpg
あの日から7年という月日だけは経ちましたが、津波の爪痕は今もしっかりと残されております


あの日、世界中が東北エリアに意識を向けた日

ベトナムにいる親族のほとんどが、
『 日南は確か仙台のはずだけれども大丈夫なのか⁉︎ 』
と私を案じた瞬間でもありました


生死を分けたものがたくさんあった東日本大震災
生かされたからこそ何を教訓とするべきなのか

誰もがあの瞬間、最善を尽くした中での生死のわかれ道のあった日に手を合わせました



さて、場所を移動し、一同は石巻市日和山へ
( 石巻湾に注ぐ旧北上川の河口近くの西側に小高い丘・鰐山(わにやま)がございます
その南東部にあるのが日和山・標高60m )


ここでも多くの方が避難をし、街が津波によって流されていく場面はテレビのニュースでも度々目にしました
b0367250_07010634.jpg
こちらでは数ヶ所、震災前の写真が掲示され、震災前と今の対比が出来るようになっております

写真を見ては、目の前にある風景と重ね合わせてみる

タイではニュースでも目にされたことでしょう
YouTubeでもたくさんの映像も閲覧可能なこと

ただ、やはり現場に来て・見て・感じることはそれ以上のものがありますよね
ご案内出来てよかったと思います



お昼には地元の食堂にて
b0367250_12293149.jpg
お口に合ったようで一安心




場所を変え、今度は “ 双観山 ” へ
b0367250_12310819.jpg
こちらの展望台からは、塩釜湾と松島湾の双方が望めることから双観山と呼ばれております

“ 味処 双観山 ”

b0367250_12402298.jpg
甘味をいただきました
日本のお茶もお好きなご様子でよかったです ^_^

ちなみに私は甘酒をチョイス
b0367250_12451180.jpg
大好きな眺めと共に…




せっかくの日本の旅ですから、とことん『 和テイスト 』にこだわらせていただきますね!

ということで、夜は “ AKITA DINING なまはげ・仙台店 ” へ

こちらでは仙台に居ながらにして秋田の郷土料理が食べられるという空間


お薦めは何と言っても「 なまはげ 」ショー
b0367250_12542555.jpg
「 悪い子いねが(いないか)~ 」と迫力満点で客席を回って歩くのですが、なまはげ登場の瞬間はこちらの表情


が、全部日本語で話し出すなまはげに対し、徐々にテンションも普通に
b0367250_13033660.jpg
※ 途中からなまはげさんが何を言ってるのか理解出来ず…通訳をサボってしまいました
ごめんなさい



まぁ、何はともあれ!
最後には全員で Smile !
b0367250_13060930.jpg
明日はお二人で鳴子を観光されるとのこと

明後日にはまたお会い致しましょうね!
素晴らしい時間を有り難う御座いました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-28 23:05 | 日々徒然