【 タイ・チェンマイより仙台へようこそ! 〜 2日目 〜 】

今日はタイ・チェンマイよりいらした親友のご両親の案内2日目で御座います




先ずは仙台藩主伊達政宗公が築城した “ 青葉城 ” ( 仙台城の通称 )へ

仙台のシンボルとして市民からも親しまれておりこちらは欠かせませんよね ^_^
特にこちら伊達政宗騎馬像付近は、仙台が一望できる場所としても知られております
b0367250_08340240.jpg
やはり観光マップでもチェックをされていたようで、喜んでくださり安堵致しました

そして偶然にもこの日、同じブルー系統のファッションに一同驚きを隠せませんでした!
やはり繋がってますね




 “ 昭忠碑( しょうちゅうひ )” という明治維新以降の諸事変〔 西南戦争・日清戦争・大東亜戦争等 〕の戦没者慰霊碑ですが、塔上にあった翼を広げたこちらの金鵄像( ブロンズ像 )

あの東日本大震災の激しい揺れに見舞われてしまい、設置してあった石碑天辺から20m下に落下
この時、鳶の頭部から落下したため、かなり大掛かりな損壊状況に遭いました
b0367250_08425078.jpg
その東北最古のブロンズ像( トビをかたどり両翼約6.7メートル、重量約4.7トン )も修復作業が進められ、約2年前には無事修復を終え、こうして公園に再び姿を現すようになり、本当によかったです

〜 さまざまな見方はありますが、またいつ自然災害が起きるか分りませんから個人的はこの位置での修復でよかったと思います 〜



敷地内にはこちらのようなボードが

QRコードにアクセスをすると以下の15ヶ国に翻訳されるとのこと
b0367250_09055840.jpg
その一つにタイがあって一安心




『 宮城縣護國神社(みやぎけんごこくじんじゃ)』
b0367250_09180099.jpg
明治維新から大東亜戦争に至るまで、戦役における郷土出身者による戦死・殉難者、5万6千余柱の英霊を祀っております

参拝




さて、次なる場所への車での移動途中
宮城県と山形県を結ぶ国道48号線沿いにあります作並名物「 ゴリラ山 」
b0367250_09323783.jpg
山の岩肌と稜線がゴリラの横顔に似ていることからそう呼ばれてるのですがお分かりになりますでしょうか?

ちなみにゴリラ山は通称名であって、本来は “ 鎌倉山( 標高520.0メートル )” で御座います




さて、一同このままニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所へ
b0367250_09423389.jpg
ウィスキーならではのアロマな香りを楽しんだ後は “ 鳳鳴四十八滝( ほうめいしじゅうはちたき )” を軽く立ち寄り
b0367250_09453186.jpg
大地からの空気を楽しみ、ざる蕎麦を堪能
b0367250_09473704.jpg
喜んでくださいました!
よかった



“ 大倉ふるさとセンター ” 敷地内にあります仙台市指定有形文化財旧石垣家住宅 ( 古民家 ) を見学
b0367250_10031137.jpg
次は地元では「 じょうげさん 」で親しまれているあの場所へと移動致するとします




『 西方寺( さいほうじ )』
こちらは約800年前、平貞能公が主君・平重盛公から託された阿弥陀如来像を御本尊とするお寺にあります

〜 貞能堂、本堂、五重塔と境内はかなり広いです 〜
b0367250_10145370.jpg

ご利益として ‘ 一生に一度の願いであれば必ず叶う ’ と言われ、 縁結び・子宝・安産祈願で参拝客がいつも握っております


名物三角油揚げを食べるためだけに訪れることもある場所ですが、今回は既に全員のお腹が満たされているのとあまり歩くのもなと感じ、参拝しながらピンポイントな箇所だけをまわりました
b0367250_10301328.jpg
あやめが満開
素晴らしいタイミングに感激です!



“ 大倉ダム ” を通った時はかなり驚いていたご様子
b0367250_10361874.jpg
どうやらタイにはアーチ型のダムは無いのだそう
ちなみにこちらのダムは昭和36年に完成した日本初のダブルアーチ式のダムでもあります



“ 秋保大滝( あきうおおたき )”
幅6m落差55mの文字通りの大滝で、日本三名瀑の一つでもある秋保大滝
b0367250_10562948.jpg
川沿いの遊歩道を辿り、間近からエネルギッシュな眺めを楽しむことも出来ることは出来ますが、あえてこの場でもお二人のお身体を考え、無理することなく途中まで歩きその場で清流を楽しみました


杜の都に伝わる伝統工芸品・仙台箪笥も外せません
b0367250_11024941.jpg
匠の技が継承された “ 本物 ” にこだわり続けた物づくりをされている「 熊野洞 」へご案内

こちらでは親友二人分のお土産をご購入

喜んでくれること間違いなし!




仙台最後の夜はこちらにて
“ 古傳 小林 ( こでんこばやし )”
b0367250_11160762.jpg
※ 以前、一度だけ日南の会でもお邪魔しておりますとても贅沢な空間です

大変美味しゅうございました!




気付けば2泊3日が予定だった仙台滞在が、気付けば延泊し4泊5日もお過ごしくださいました!

実は今回、こうしてご夫妻が日本に来られたのも、お母様が付属している団体の会議が東京にあったからこそ

元々は他のメンバーは京都や東京の観光がメインだったらしく…
ただ、私の都合が合えば仙台に来てみたかったという事から今回の旅に繋がりました



やはり本当に嬉しいものですね
自分の子どもの同級生に会いに行く事って果たしてあるものなのだろうか?
…と私にとっては改めて考えるきっかけにもなりました



次回はタイ・チェンマイでの再会になるのか、それとも再び仙台でなのか

楽しみです!

b0367250_11323334.jpg

You are special. 」


この言葉が今でも耳から離れずにおります


Mr & Mrs.Suwanarat

仙台は如何でしたでしょうか?


素晴らしい時間を有り難う御座いました!





もちろんいろいろと手配してくださった夫にも感謝です!

本当に有り難う!







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-30 23:15 | 日々徒然