【 いざ、福島・石川町へ! 】

今日はお初な組み合わせのメンバーで福島・石川町へ行って参りました


ここ、石川町は日本三大鉱物産地( 他には岐阜県苗木地方と滋賀県田ノ上地方 )の一つで、現在は採取には制限が付けられていますが、水晶を始めとする百数十種類もの鉱物を産出する場所なのだそう

そのような素晴らしい地に今回は御縁を頂き大変光栄に思います



と、その前にこちらで腹ごしらえを
“ 蕎麦美人( そばびじん )”
b0367250_19320402.jpg
なんて素敵なネーミングなんでしょう
まさに素晴らしい言霊にも繋がりますね

気持ちに🎵マークが付くような言霊を日々発していたいものです


( ガラス張りの店内からの眺めはそれはそれで贅沢なものでしたが、ただしテーブル側からしか観られません )


そしてチョイスしたものはこちら “ 野菜天ざる ”
b0367250_14164387.jpg
季節の野菜が勢ぞろい
竹を半分に割った器にお蕎麦と野菜の天ぷらが盛られておりますが、竹というのが有り難いものです
( 魔除けに適した素材の一つですからね )

何よりも大好きなこごみもですが、菊の葉やよもぎ等の珍しい山菜の天ぷらに舌鼓

こちらの表情でも伝わるかと思いますが ^_^
b0367250_14300701.jpg
大変美味しゅう御座いました!


さて、今回の旅の一番の目的地に参りますか
b0367250_14313744.jpg
天気にもかなり恵まれましたね
嬉しい限りです


と、その前にちらっと私龍の御挨拶を
b0367250_14594109.jpg
感謝を込めて




“ 学校法人石川高等学校 ”
b0367250_14355200.jpg
実はこちらの学校の創立者・森 嘉種先生は鉱物学者であったため、こちらの学校ではかなり鉱物に縁が深く、校章のデザインまでもがこちら石川町の鉱物の代表とも言うべき水晶、サマルスキー、ゼノタイムの結晶の形を組み合わせてつくられたくらいに在られます

驚きです
b0367250_14483513.jpg
鉱物が校章のデザイン原案になっているとは、森 嘉種先生の深き思いを感じられますね


今回は同行してくださったみゆきさんからの御縁があったお陰で、学法石川高校の敷地内にありますこちらの鉱物の展示施設兼考古学部部室へお邪魔させていただきました
b0367250_14474193.jpg
中の写真は控えましたが、なかなか興味深いものでやはり資料用に集められただけに、丁寧に鉱物たちが陳列されておりました


お恥ずかしながら私は鉱物の種類はサロンにあるもの以外はあまり知りません

〜 例えるとするならば、人間をなに人として見ないように、鉱物もなに類とは見ないといった感覚にありますので 〜


改めて今回は森 嘉種先生の情熱とロマンを感じた大変貴重な時間を過ごせた事に感謝し、せっかくだからと最寄りの神社へも参拝する運びとなりました




『 石都々古和気神社( いわつつこわけじんじゃ )』
b0367250_15032483.jpg
こちらのご祭神は、
・味秬高彦根命( あじすきたかひこねのみこと )
・大国主命( おおくにぬしのみこと )
・八幡神である誉田別命( ほんだわけのみこと )
になります


何より目を引いたのが和文だけでは無く、看板の全てに英文までもが表記されていること
b0367250_15402974.jpg
なんて素晴らしい御配慮なのでしょうか

…と感じたのは束の間


ただ、むしろ本当の驚きはここからでした
b0367250_15490923.jpg

そのまま参道を登って行きますと、巨石や立石が多数あり、天狗岩・亀石・屏風岩・船形岩・神籬岩・勾玉岩などいずれも完全なる英文表記のみとなってしまいました!

えーーーっ‼︎

数日前から英会話な流れにありますが、ここに来ても英語モードを求められるとは思いもよりませんでした!


b0367250_15552579.jpg


光遊びもちらっと
b0367250_15472375.jpg
なかなか素晴らしい地場に御座います
b0367250_15472837.jpg
やはり、鉱物のまちだからなのでしょうね



参拝を終え、駐車場に戻ると世界で最も有名な山岳犬として知られる大型犬の一種、バーニーズ・マウンテン・ドッグ がお散歩中
b0367250_15592951.jpg
お名前は “ ハルタロウ ” くん

可愛すぎてもはや孫を撮るおばあちゃん並みに写真を撮る私
b0367250_16072929.jpg
思わず以前一緒に暮らしていたボーダーコリーの ※“ マリッサ ” を思い出してしまいました


このあと、御朱印を頂きに社務所に向かいましたが、やはり気になっていた英文表記の案内板のことを伺ったところ、なんでもこちらの宮司は英会話が大好きだからなのだそう



最後の最後まで刺激的な石川町の旅
b0367250_16174219.jpg
みゆきさんの御案内
みほさんの運転

素晴らしい時間を共に過ごさせていただき有り難う御座いました!



毎度、珍道の旅も次回 第二弾はいつになるか
改めてまた宜しくお願い致します!




〜 最後に 〜
b0367250_16132191.jpg
※ 二女撮影・“ マリッサ ” です

可愛らしさ満載です!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-06-04 20:20 | 旅日記