【 いざ、岩手・一関へ! 】

今日は夫の御両親の故郷にてお墓参りへと行って参ります



と、その前にそこの地域にあります神社へご挨拶へ
『 保呂羽神社( ほろわじんじゃ )』
b0367250_00443060.jpg
御祭神
大名持命( おほなもちのみこと )
・少彦名命( すくなひこなのみこと )
・日本武命( やまとたけるのみこと )


雨の音がとても耳にやさしく
静かなる参拝をさせて頂きました
b0367250_19171752.jpg
縁あって今こうして東北にいることも
役割を果たす為に今を生きることも
全て未知なる可能性を実現させるためにあります


‘ 葉脈 ’ という言葉があるように、‘ 鉱脈 ’ もありますが…往来の ‘ 鉱脈 ’ の持つ意味と、私のマントル調整に必要とする ‘ 鉱脈 ’ とではかなり意味合いが異なるものが御座います
b0367250_19225678.jpg

私にとっての ‘ 鉱脈 ’ とは、人体で例えるとすれば ‘ ツボ ’ に在ります
b0367250_19214333.jpg
「 ここだ 」


そっと触れることもあれば、ガッシリと掴む場合もあります。

私の場合は送り込むというよりも、様子をみてからバランスをみて仕上げるといった感覚にあります。
『 満たされたところにどんなにエネルギーを注いでも、こちらからの贈り物がダダ漏れになるだけですからね )

b0367250_11265257.jpg

〜 ちなみにこちらでは、墨色で左回りにまるで小さなブラックホールのように渦を巻いておりました
炙り出しのように自分自身を問い掛けても来ます
嘘をつく人は苦しいでしょうね

この地は親側が子育て出来ない小さな子供たちもいたようです

どんな事情かは各々にあるかと思いますが、修行?道場?以上のバトンをも感じました 〜




そして、いつもお世話になっております長徳寺へ

お堂の中にいると、雨音さえ厳かに聞こえて来るのは不思議
その中、渋谷住職に読経を上げて頂き、夫婦で先祖の供養、日々の感謝を
b0367250_11291093.jpg
石たちも喜んでおりました!
やはり音霊のバイブレーションは正直ですね

こんなにも透明度と輝きが増し増しになっております!



読経終了後には昨年秋に岩手県の有形文化財指定された阿弥陀如来像の説明を受け、記念撮影
b0367250_11313627.jpg

玄関には最優秀作品賞を受賞した渋谷住職作の平泉ナンバーも飾られていました
b0367250_11321146.jpg
ゴールド大好きな私にとっては羨ましいデザイン




ランチは “ 芭蕉館 ” にて
b0367250_23463198.jpg
こちらでは ‘ わんこそば ’ がいただけます

‘ わんこそば ’ と言えば、一杯食べたら次々にお蕎麦を手早く入れられるのを想像しますが、このお店は ‘ 平泉式のわんこそば ’

24杯分が一式となって登場し、あとは自身のペースで自分で入れて食べるスタイルのお店とのこと


ただ、今回はそうゆっくりとは出来ませんのでシンプルに ‘ 冷やしとろろそば ’ をチョイス
b0367250_00141409.jpg

夫を被写体にして、遠近法によるお遊びショットを
b0367250_00180597.jpg

大盛りでいただけましたので、午後からも張り切って参ります!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南き

by ninastone | 2018-08-16 14:00 | 旅日記