人気ブログランキング |

カテゴリ:旅日記( 187 )

今日で御江戸滞在の最終日
これ程までに年間を通して御江戸に上京した年はそうありませんでした


頑張った自分への御褒美として、やはり故郷のベトナム料理をチョイス!

実はこれが大当たりなんで御座います!
b0367250_09423996.jpg
久方ぶりに本場と変わらない美味しさを堪能させて頂きました!

次々に来店するのも殆どがベトナム人
b0367250_09484200.jpg
※ 現地の方々の出入りの多いお店は大体は現地の味に忠実にあると個人的には考えております

本気で大変美味しゅう御座いました!
また、新宿に来た際には必ず立ち寄りたいお店に御座います
[ 偶然にも今回の宿がこちらのお店の真裏ということもあってこちらを知りました ]




◆『 皆中稲荷神社( かいちゅういなりじんじゃ )』
御祭神
倉稲魂命( うかのみたまのみこと )
・伊邪那岐之大神( いざなぎのおおかみ )
伊邪那美之大神( いざなみのおおかみ )
諏訪大神( すわだいじん )
日本武命( やまとたけるのみこと )
b0367250_10030344.jpg
ずっと祝詞をあげられていた方がいらっしゃったので、その方に遠慮されてなのか

数人の方の列が出来てしまいました

が、あまり気にしない私はその方の隣で参拝を
[ これをきっかけにほかの方々もお参りをはじめました ]




それにしても新大久保は物凄い人・人・人

特に長蛇の列が出来ていたのが “ ジョンノホットク ” 
[ 日本で例えるとしますとチーズ入りホットドッグでしょうか ]
b0367250_09532457.jpg
そしてこちらでも韓国のお店で連なっております
[ 韓国熱を感じさせるものがありました ]




◆『 夫婦木神社( めおとぎじんじゃ )
御祭神
伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)
・伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)
b0367250_09533103.jpg
住宅の二階にあるという珍しい神社

朱に塗られた外付け階段を上がって行くと、こじんまりながらも一部屋が拝殿となっておりました
[ もはや、ここまで来ますと建物の形式は気持ち次第なのかしら?と感じてしまうのは私だけでしょうか ]
b0367250_10175649.jpg
・御嶽神社
・出世稲荷神社
・大久保弁財天社

〜 こちらもしっかりと参拝を 〜

境内に入って直ぐには、凛とした御神木が一本聳えております
こちらは “ クロガネモチ ” の木という「 苦労がなく金持ち 」ともされる縁起木なのだそうです




はてさて、自動販売機が先か
b0367250_10301472.jpg
ブロック塀が先か

こうしたノスタルジーな空間の使い方
嫌いではありません




◆『 稲荷鬼王神社( いなりきおうじんじゃ )』
御祭神
宇迦之御魂神( うかのみたまのかみ )
月夜見命( つきよみのみこと )
大物主命( おおもののぬしのみこと )
天乃手力命( あめのたぢからのみこと )
b0367250_10324445.jpg
こちらは日本有数の繁華街である歌舞伎町の端に鎮座しております
そして、日本で唯一の「鬼王」の名を持った神社に御座います


[ やはりこちらにも富士塚が ]
b0367250_10363150.jpg
木花咲耶姫を祀っている浅間神社( せんげんじんじゃ )ですね


創建は江戸時代初期の1653年
b0367250_10424631.jpg
特に分かりやすく御紹介されてる記事がこちら

改めて歴史の深さを感じました



◆『 恵比寿神社( えびすじんじゃ 』
御祭神
国常立命・国常立神( くにとこのたちのみこと )
・豊雲野神( とよくもののかみ )
・角材神
・意富斗能地神( おおとのじのかみ )
・伊耶那岐命( いざなぎのみこと )
・伊耶那美命( いざなみのみこと )
・事代主命( ことしろぬしのみこと )
b0367250_10425225.jpg
《 案内文 》
恵比寿様をお参りしてから手水から柄杓で、『かえる石』に水を掛け、次に『かえる石』をさすいながら、心の中で次の言葉を三度唱えます

一日の無事を願う人、或いは交通安全や
旅行安全を願う人は『 無事かえる 』
開運を願う人は『 良き運にかえる 』
金運を願う人は『 金かえる 』
縁結びを願う人は『 想い人の心が自分にふるかえる 』『 待ち人かえる 』
健康を願う人は『 若がえる 』
あらゆる願いを『 かなえる 』
その後もう一度、恵比寿様にお参りします



[ 皆さんいろいろと考え、日々の中で工夫をされてるなと純粋に感じました ]




◆『 花園神社( はなぞのじんじゃ )』
御祭神
倉稲魂命( うかのみたまのみこと )
・日本武尊( やまとたけるのみこと )
・受持神( うけもちのかみ )
b0367250_10425741.jpg
いつもGoogleマップを見ながら神社巡りをしておりますが、何故かここだけは毎回[ あ、ここには行ってない ]と感じ取り、いざ現地に行きますと[ あれ?ここって確か… ]という神社に御座います

それももはや一回や二回の話では無いのですが…
謎です




場所を移動し、池袋サンシャインへ
b0367250_10430202.jpg
すっかりクリスマスですね


いざ、国内外から専門業者400店舗あまりが出展する日本最大級のミネラルショーへ

それも第27回とはなんて素敵な数字!
b0367250_10431122.jpg

最終日の上に残り一時間半という時間での入場だからなのでしょうか
通常の入場料がワンコインとなっておりました


そして
会場するや否や…

なんとも言えない場面に遭遇しました


[ ここで書くかどうかを一瞬は考えたものの ]

…窃盗の直後だったんでしょうね

警察官5〜6人で、窃盗犯を囲い、犯行状況の現場撮影をしておりました

あまりにもリアル過ぎて、他のお客様からは「 撮影かしら?」との声も
[ …それは、無いと思いまするが…柴田日南、心の声 ]



さて、気を取り直して
b0367250_13300242.jpg
購入したハーキマーダイヤモンドを袋ごと失くしてしまうというアクシデント?ハプニングには見舞われたものの…
起きてしまったものは致し方ありませんから




今年は幅広く御世話になっております、占星術師でもあり宝石商でもありますRajaさん

今日は何故か軽快にドラム?太鼓?のような打楽器を叩いておりました
b0367250_13462295.jpg
Rajaさん、さまざまな顔がお有りで愉し過ぎます!

ちなみにRajaさんは2009年、御徒町にオープン以来、南インド料理の有名店としてその名を馳せてきた「 VEGE HERB SAGA(ヴェジハーブサーガ)」のオーナーでもあります
b0367250_13462768.jpg
ヴィーガン・ベジタリアンカレーの種類の豊富さにはいつも驚かされます

お肉は一切使用されていないメニューでも、ひと工夫ではこんなにもゴージャスなメニューに仕上がってしまうものなんですね!
b0367250_13463599.jpg
いつもいつも御馳走さまでした!
大変美味しゅう御座いました

また、大好きなレモンライスとココナッツ風味のカレーを食べに伺わせて頂きます
[ 2018年の御礼も兼ねて、お会い出来ましたこと、大変嬉しく思います ]



あとは新宿バスタに向かい、深夜バスに乗って仙台に帰るとしますか



もう一ヶ所、本当は顔を出しに伺いたかったのですが、時間が合わずで申し訳無く思います
b0367250_14034858.jpg

ケインさん!
お誕生日、おめでとう御座います!

2019年も引き続き、顔を出しに伺いますね!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-17 23:55 | 旅日記

三日間、御世話になりましたホテルをチェックアウトし、いざ市原市へ!
b0367250_02193155.jpg
〜 大変御世話になりました 〜




◆『 飯香岡八幡宮( いいがおかはちまんぐう )』
御祭神
誉田別命( ほんだわけのみこと )
息長帯姫命( おきながたらしひめのみこと )

玉依姫命( たまよりひめのみこと )

b0367250_02204651.jpg
木製の立派な落ち着いた両部鳥居が印象的


本殿は室町時代中期の建物と考えられております
b0367250_02462426.jpg
参拝


『 出羽三山 』
御祭神
◇月山神社
・月読命( つくよみのみこと )
◇出羽神社
・伊氏波神( いどはのかみ )
・倉稲魂命( うかのみたまのみこと )
◇湯殿山神社
・大山祇命( おほやまつみのみこと )
・大己貴命( おほなむちのみこと )
・少彦名命( すくなひこなのみこと )

b0367250_03505156.jpg


境内には他にも
b0367250_03282926.jpg
・大神宮
・飛鳥宮( あすかぐう )
・高良神社( こうらじんじゃ )
安葉大杉神社 
海辺神社 
若宮神社
天神社
金比羅神社
ものがみの社




境内の中で一番驚いたのがこちらの富士塚・浅間神社に御座います
b0367250_02381439.jpg
逆光ですので再度撮り直してみると、このような感じに


ー 実際に山へ登れない方達が厄落とし、家内安全、無病息災を祈れる様式は大変素晴らしく思います ー
b0367250_02435376.jpg

頂上には鳥居と祠が
b0367250_02422784.jpg
こちらの写真から頂上感が少しでも伝わりますでしょうか?
…ん〜、厳しいですね



境内には一羽のニワトリが
b0367250_03111507.jpg
御朱印を頂いた際に尋ねたところ、どうやら自宅で飼えなくなったニワトリを境内に放された方がいらしたとのこと
とはいえ元?飼い主は度々、訪れては必ず必要量の餌を置いて行かれてるとかで

なんと不思議なやり取りに思います

さぞかしいろいろな御事情がお有りなのでしょう、ね



こちらの土地への御縁の御礼も兼ねて
b0367250_03112337.jpg
私龍の御挨拶を
b0367250_03290922.jpg

[ やはり自撮りは難しいものですね ]



今夜の宿は新宿です
b0367250_09191252.jpg
気になったこちらの看板名に釣られて味噌ラーメンをいただきました


宿に戻り、ふと身体に異変が
b0367250_09191760.jpg

うん、これならば寝れば引きます

それにしても久方ぶりに濃ゆい時間を過ごさせて頂きました


石のお医者さんとして
整導石師として

柴田日南をもっと活かしたい!
もっとこの体質を知っていただきたい!

そう強く感じた日でもありました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-16 23:55 | 旅日記

[ 夕方からは千葉市内にてエクシビションに向かわねば ]

その前に、縁ある場所を直感が働くままに動くことにしました



珍しく木に触れております
石( 岩 )を主に触れる私にしてはレアな行為

かなりスカスカな状態に御座います
b0367250_23242744.jpg
方やもう一本は
きちんと水が通っております


あなたにはどちらがどちらの木なのか
伝わりますでしょうか?
b0367250_21564084.jpg
継いで連なる巨木なのに左右の水分量の格差がかなり気になりました


鳥居もかなり綺麗ではあります

大理石で造られた狛犬
b0367250_23265320.jpg
その材質にも大きさにも驚きましたが…


お訪ねしたい事があり、電話を掛けてみたところ案の定
「 お客様がお掛けになった電話番号は現在使われておりません 」
のアナウンスが
b0367250_22472117.jpg
何かが不足してるような

〜 あえて、何処の神社かは触れずにおきます 〜




ランチには半サムゲタンをいただきました
b0367250_23111167.jpg
成田市に隣接する富里市日吉台
メインストリートを歩くと、韓国に関するお店が連なっております

[ あれ?ここって日本よね? ]




さて、早めに千葉市内に向かうことにしました
b0367250_23281616.jpg
千葉駅に到着すると千葉市の花 「 大賀ハス 」が艶やかにお出迎えしてくれます

《 大賀ハスは、千葉市の遺跡から見つかった2千年以上前とみられるハスの種を発芽させたものに御座います
縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒の開花に成功したものとのこと 》



◆『 千葉縣護國神社( ちばけんごこくじんじゃ )』
御祭神
千葉県出身の幕末以降( 明治・大正・昭和にかけて )、祖国のために敢然と国難に立ち向かわれた前途有為な軍人、従軍看護婦、児童、生徒など( 女性も含む )の命を捧げた方々

b0367250_23393966.jpg

戊辰戦争から太平洋戦争に至るまで、国事に殉じた千葉県出身・由縁ある英霊を祀る神社に在ります
ー 千葉縣護國神社だけでも、五万七千余柱の御霊が祀られております ー

b0367250_23383452.jpg
圧倒的な存在感を誇る、社殿

花嫁と花婿の撮影会が
b0367250_23384956.jpg
「 おめでとう御座います!お幸せに! 」
とエールを




◆『 厳島神社( いつくしまじんじゃ )』
御祭神
・市杵島姫命( いちきしまひめのみこと )
b0367250_00063873.jpg
ひと通り参拝を終え、御朱印をとお願いした時のこと

なによりも気になってしまいましたのがこちらの窓ガラスの上の方に、白い紙に黒い字で「 馬 」という漢字が3個、しかも上下逆さまに書かれ、逆三角形の頂点を位置にした紙が貼られていたこと!
b0367250_00072835.jpg
どうやら先代から貼られている縁起物なんだとか

何やら気配を感じ振り向くと、そこには蛇石が鎮座
b0367250_00073633.jpg
頂き物とのこと

御朱印を書いてくださった神職さんが女性なのですが御朱印を頂いた後も、しばらく30分以上はいろんなお話しをしました

身内の話しをしてくださいましたが、私でよかったのでしょうか?と思える程になかなかディープなものでした
[ あとは、ホットケーキが無事焼けたかしら? ]


今時はちょっと珍しいアットホームな雰囲気のまるで親戚の家に来たような神社でしたよ
[ あ、もちろん蛇石には軽く撫でました ]




移動のほとんどが徒歩ですので、さまざまな景色を堪能出来るのもこの徒歩移動の素晴らしさ
b0367250_00222277.jpg
懸垂型モノレールとして営業距離世界最長を誇るこちらの千葉モノレール
機会に恵まれたら乗ってみたいです!




◆『 千葉神社 』
御祭神
北辰妙見尊星王( ほくしんみょうけんそんじょうおう )

・天之御中主大神( あめのみなかぬしのおおかみ )

b0367250_00314410.jpg
七五三の親子連れで境内は賑わっておりました

本殿は、日本初の重層社殿という造りで、とても珍しい2階建ての拝殿所となっております
b0367250_00340730.jpg
それにしても色艶やかな本殿に御座います

ここではしっかりと御賽銭の御用意が必要ですね
b0367250_00391529.jpg
・御嶽神社( おんたけじんじゃ )
神明社( しんめいしゃ )
・三峯社( みつみねしゃ )
・日枝社( ひえしゃ )
・天神社( てんじんしゃ )
・八幡神社( はちまんじんじゃ )
・西之宮( にしのみや )
金刀比羅宮( ことひらぐう )
稲荷神社( いなりじんじゃ )
石神社( いしじんじゃ )
星神社( ほしじんじゃ )
姥神社( うばじんじゃ )
千葉天神( ちばてんじん )
美寿之宮( みずのみや )

『 亀岩 』なるものも鎮座はしていたものの
b0367250_00451597.jpg
一切、見向きもせずに通り過ぎて来てしまいました



《 尊星殿( そんじょうでん )》

中央の建物を福徳殿、上階を開運殿と言い “ 星きよめの開運特別祈祷 ” の時のみ入殿出来るのだそう
b0367250_01565817.jpg
福徳殿の中心部には、しっかりとした厚みのある八角形の柱があり、それぞれには方位と十二支が刻まれております
b0367250_02021033.jpg
来年の干支を意識してみました



《 東の日天楼 》

中央の「 陽明柱 」に心を鎮めて触れることで、

「 日天神(=太陽)」陽気・活性作用

精神・生活上の加護【豊禄】が得られる


《 西の月天楼 》

中央の「 光輝柱 」に心を鎮めて触れることで、

「 月天神(=月)」生気・浄化作用

身体・生命上の加護【延寿】が得られる

b0367250_01411654.jpg
後になって気付いたのが、東の日天楼と西の月天楼と二ヶ所あったこと

私は無意識なうちに東の日天楼しか触れておらず
でも、なんとなく納得が行くような




2018年12月15日・16日
千葉市美術館 さや堂ホール
【 神波 thy 舞生 】
b0367250_00522878.jpg
David T. S Martinezさん、タッキーさんプロデュースのエクシビション

タッキーさんの世界観を堪能致して参ります






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-15 16:30 | 旅日記

成田市二日目

雲ひとつない青空の中、気持ちよく散策を
[ 当初、予定していたスケジュールが流れましたので ]

ふと、目に留まった場所
[ あ、鉱脈が ]
b0367250_12055470.jpg
即座に看板を見ては落胆する
「 聖地につき関係者以外立ち入り禁止 」

当たり前と言えば当たり前なことではありますが、このキーワードによりどれだけの鉱脈を指をくわえながら見送って来たことでしょうか
[ もっと私龍の御挨拶がどれだけ地球本体の蘇生に繋がると言う可能性に秘めてるのかを伝えないとなりませんが、ね ]



◆『 成田山薬師堂 』
b0367250_13374864.jpg
明暦元年(1655年)に建立
水戸光圀公も参拝した由緒ある場所で成田山最古の建築物でもあります



成田駅前から約800m続く表参道に出ると、真っ先に見つけたのが私の生まれ年の干支、寅
b0367250_12143101.jpg
少し穏やかそうな表情です

次に見つけたのが夫の生まれ年の干支・午
b0367250_12160889.jpg
[ 偶然にも写真奥に見えますのが何を隠そう、寅でした! ]

ー なかなか面白い距離感に在ります ー

あ、私たち夫婦の距離感はもっと近いので
フフフ


もちろん来年の干支・亥も鎮座しております
[ 少しだけお顔がホラーですが ]
b0367250_12183305.jpg
梅の石像とツーショットで
[ なんとなく華やぎが費やされたかな、と ]

他の干支もあるとは思いましたが、またの機会にでも
b0367250_13223212.jpg
寺院としては参拝者数日本一を誇る成田山新勝寺にもつづく、こちらの表参道沿いには150店以上の飲食店や土産店がズラリと並んでおります
b0367250_13280363.jpg
中には鳥越の竹細工も

こちらの弁当箱はかなり有名ですが、元々、鳥越の竹細工を世に広めたいのは今は亡き父・柴田春家( しばたはるいえ )に有りますから
[ 地元の年配の方ならば誰もが知っている歴史です ]



◆『 成田山金剛王院新勝寺 』
b0367250_13312499.jpg
寺院の名前は「また新たに勝つ」という語句に因み新勝寺とされたことを知り、改めて夫を支えるのに素晴らしいと心新たになりました



『 仁王門の提燈 魚がし 』
築地の魚河岸から奉納された提灯とのこと

〈 金属製で高さ2.8メートル、直径2.4メートル、総重量800キロ 〉
※ 軽自動車一台分と同等の重さ
b0367250_14194801.jpg
観光客らしく、ハイチーズ!

そしてお決まりの
b0367250_16390094.jpg
提灯の底の面がこちら

浅草寺と同様に、提灯の裏には金色の龍が泳いでおりますので、こうした提灯は朱の色だけを愛でるのではなく、是非底の面もお愉しみくださいませ



「 仁王池・左手にある岩 」
b0367250_16502301.jpg
投げ銭が目立ちますね
個人的にはそちらばかりが気になってしまいましたが

「 仁王池・右手にある岩 」
b0367250_16503046.jpg
亀のような形をしていることから ‘ 亀岩 ’ と呼ばれてるんだとか
[ ちなみにこの時は亀岩の左手辺りに実際、亀が泳いでおりました ]


正面には本堂へと続く急な階段がありましたが
b0367250_17040388.jpg
それよりも気になりましたのがこちら

龍の石像かしら?
b0367250_17144406.jpg

ちなみに正面階段の左手には、別の階段があります

こちらには明治32年( 1899年 )に建立された「 こわれ不動堂 」が御座います
b0367250_17145526.jpg
倶梨迦羅不動明王( くりからふどうみょうおう )を御本尊とし、別名「 くずれ不動 」とも

何度修復しても不思議に壊れるために名付けられたんだとか
[ 何度も壊れてしまうにはそれなりの理由があるのでしょうけれども、あえて深く掘り下げることは辞めました ]



さて、いよいよ階段を登り切りますと、目の前には
b0367250_17393985.jpg

『 大本堂 』
〜 1968年建立 〜

『 一切経堂( いっさいきょうどう )』
〜 1722年建立 〜
こちらでは一切経( 仏教聖典を総集したもの )約2,000冊が納められているとのこと

『 三重塔 』
〜 1712年建立 〜
彫刻が大変素晴らしくあります



ふと振り向いてみると、何故か目に留まった方々がおりました
b0367250_17411069.jpg

[ もしかして選挙ポスターの撮影か何かかしら? ]

すかさず私からお声掛けをしましたところ
やはり…でした!

成田市議会議員御本人でしたので、お名刺をいただき、私も夫の名刺をお渡しする場面と相成りました

[ なんとなくオーラを感じましたので ]

御縁というものは何処でどう繋がるか分からないものですね
有り難く思います



気持ちを切り替え、本堂前の大きな香炉( 香閣 )へ
b0367250_18253807.jpg
香炉で焚かれたお線香の煙を
・頭に浴びると頭が良くなる
・体の悪いところに浴びると良い
などと言われておりますが、実際には “ 心を清める ” という意味が転じたとも言われてもおります

[ いずれにせよ、自分を大事に思うこと・感じる瞬間にも繋がれれば、それはそれで素晴らしいものと個人的には思います ]



頂いた 〈 成田山御朱印MAP 〉を頼りに、歩きましたが大変助かったようにも感じました
b0367250_18341941.jpg
それにお詣りをするきっかけにも繋がるのでは無いのでしょうか




【 骨董・不動三尊と共に 】

不動明王
矜羯羅童子
制多迦童子
b0367250_18420614.jpg

新勝寺と言えば、不動明王を祀り、江戸時代から「 成田のお不動さま 」とも呼ばれ親しまれ、このお不動さまは心の迷いや煩悩を取り除いて人を救うとされております

まさにその時代と重なるように、江戸時代のかなり珍しい作品で持ち歩くのに最高な手のひらサイズとの昨日、御縁を頂きました
( 当時はこのような形で信仰心を守り続けたことでしょうね )

私の骨董好きは父親譲りでしょう
実家で未だ眠っている仏像の数々

父への感謝の気持ちを込めて、いつか引継ぎたいなと心新たにしました




ランチはベトナム料理を
b0367250_18465029.jpg
やはり故郷の味は一番の御馳走ですね
エネルギーの回復にはもってこいかな、と



歩いてる途中、気になって立ち寄ってみたのがこちら
《 われらの世界展 》
b0367250_18552085.jpg

ー 知的障がい、発達障がいの方々の才能を引き出し、個性を尊重した支援活動をしている団体・NPO法人グループ彩さんが主催 ー

b0367250_18584754.jpg

絵画、ニードルワーク、陶芸、織物など素敵な作品ばかりで思わずお皿を購入!

〜 Nina Stone Clinic で愛用したいと思います 〜



またまた何気無く歩いてると、アレ?
昨夜の鍋パーティーで一緒だったお二人発見!
b0367250_18485308.jpg
なんという偶然なんでしょうか…
[ ちなみにお二人とも娘二人と同年代 ]

もちろんお声掛けしましたよー!

カンボジアでのご活躍を応援しております!
お仕事愉しんでね!




◆『 埴生神社( はぶじんじゃ )』
b0367250_19055441.jpg
御祭神
埴山姫之命( はにやまひめのみこと )

ー 日本書紀には、埴山姫之命( 土の神 )と火之迦具土命( ひのかぐつちみこと:火の神 )が結ばれ、稚産霊命( わかむすびのみこと:五穀の神 )をお生みになったと記されており、古代に焼畑農耕、 ‘ 土 ’ と ‘ 火 ’ から五穀を得ていたことを由来するものであります ー


ちなみにこちらでもまたまた鳥越の竹細工・つぼけがさり気なく置かれておりました
b0367250_19060224.jpg
大好きな柚子

遠慮なく頂いて、帰路に着きました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-14 18:20 | 旅日記

さて、今日からまた数日間ではありますが仙台を御留守に致します


2018年、最後の関東圏入りです
( 長距離バス移動を終え、今は電車で乗り換え移動中 )
b0367250_10500402.jpg
[ 今回は主にイベントにお出掛けする側としてのスケジュールに在ります ]


新たな空間・方々との出会いがとても愉しみでなりません

〜 土地も人も御縁ですから 〜

改めて理解ある夫にも感謝です!



街はあちこちでもうクリスマスカラー一色ですね
b0367250_10500999.jpg
季節毎にイベントを愉しめる環境って実はとっても幸せなことなんですよ
( 日本にいる皆さんには当たり前に感じられるかもしれませんが… )



千葉・成田市に到着!
b0367250_10501388.jpg
数日間、御世話になります

普段、仙台におりますとなかなか目にすることがありませんが、東北以外の地域からはこのように東北は宣伝されてるんですね
b0367250_10501911.jpg
ちなみに仙台が『 光のページェント 』とは少し驚きましたが
 ※ 個人的に


ちなみに『 光のページェント 』ですが、開催される期間は2018年12月14日( 金 )〜12月31日( 月 )まで
時間ですが若干変動がありますから御注意くださいね

◇ 平日・日曜
17:30〜22:00

◇ 金曜・土曜及び23日・24日
17:30〜23:00

◇ 12月31日( 月 )のみ
17:30〜24:00




さて、成田市内を少し徒歩で散策すると致しますか

たまたま訪れたのが、こちらの巡回展
「 写真でつづる千葉県と鉄道 」
b0367250_11143752.jpg
今年が明治改元150周年という節目の年に当たることから、文明開化の象徴として登場した “ 鉄道 ” にスポットを当て、千葉県における鉄道のあゆみについて、当時の写真全52点により振り返られるという素晴らしい内容でした

特に目を引いたのが、関東大震災での被害や満州事変での出征する時の風景に御座います

他にも今では考えられませんが、昔は行商の方々専用列車もあり、人と荷物が混同している一枚も時代を感じさせるものがありました


まさに ‘ 生きること ’ のその時代ならではの生き様が各写真により伝わって来ました



特に目的地を考えずに歩き続けると、あらまあ…

私好みのお店があるではありませぬか!
b0367250_11272718.jpg
実は内緒にしたいくらいの素晴らしい空間に御座いましてよ

[ ヒントとしまして、成田駅徒歩圏内 ]

看板犬のワンちゃんも物凄くなついてくれまして、店主によりますと怪しい人間にはきちんと吠えますよ、とのこと
b0367250_11273256.jpg
ならば、私はある意味 “ 合格 ” を頂けたんですね!
有り難や!

ー 深く御縁を感じた骨董の品を迎えることが出来ました ー

骨董好きの影響は完全に父からのものですので、改めてこの感性に感謝しております



さて、そろそろお腹が空いて参りました
歩く始めると、空からいつもと違う音が
b0367250_11352192.jpg
あられです
b0367250_11352611.jpg
手のひらにも乗せてみました

…ホント、一瞬だけで直ぐに降り止みました



今夜は沖縄料理をチョイスすることに

《 海ぶどう・生きてます‼︎  》
b0367250_11395105.jpg
案内板を見て、水槽を見てみるとそこには水槽にびっしりと入ってる海ぶどうたちが

思わずオーダー


そして!
その豪快なすくいっぷりにただただ驚くばかり
b0367250_11413197.jpg
ぷりぷりでした
いや、ぷちぷちでもありました
b0367250_11424330.jpg
御馳走さまでした!

[ また沖縄に行きたいですね ]



宿に戻ると、鍋パーティーがあるとのこと
b0367250_11454556.jpg
御縁もコミュニケーションも大事だからこそ、もちろん参加!
[ あ、ちらっと一杯分だけ頂きます ]


老若男女問わずな鍋パーティー

宿のスタッフさんが振る舞う鍋パーティーでしたが、そのお人柄でしょうか
スタッフさんが目当てで来ていた方が大半

来月からはカンボジアに二カ月、行かれるとのこと

気をつけて行ってらっしゃい!
またお会い出来るかしら?



さまざまな話題が行き交う中
b0367250_11454978.jpg
驚いたのがこちらの ‘ ターバン野口 ’

実は私、今更ながらもその存在すら存ぜずでしたのでもはや目から鱗とはこのこと

野口英世の肖像が描かれた千円札を使用した折り紙。インターネット上で話題となり、金運上昇のお守りなどとして、雑誌、テレビ番組、新聞などでも紹介されている。 
〜Wikipedia〜

改めて感動です!
日本の折り紙文化バンザイ!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-13 07:15 | 旅日記

ー 海岸沿いに触れること ー
b0367250_15495412.jpg

海の向こうにあるベトナム・ホーチミン生まれの私が今、こうして日本・宮城にいるのも必要な流れの一つなんでしょうけれども、御釈迦様の足元で生まれた以上はきっとまだまだたくさんの場所との御縁が待ち受けてることでしようね

b0367250_15501558.jpg

地球のバランスが崩れたならば、本来の状態に戻すまでのこと

“ 石を本来の状態に戻す ” 
この真の意味がもっと多くの方に伝わりますように!
b0367250_15523709.jpg

[ そして現役で Nina Stone の持ち主の皆さまにはただただ感謝申し上げます!
本当に有り難う御座います!]




そして、事終えてから帰り道に立ち寄った 「 大高森山 」への入り口
b0367250_15534689.jpg

簡単なハイキングコースなのかな?と
b0367250_15535400.jpg

甘く考えていたら
b0367250_15540077.jpg

案の定、道はどんどん暗くなって行くばかり
b0367250_15540860.jpg

確かに…
現在、時刻は15時半
b0367250_15541336.jpg
往復のことを考え、この日は断念


〜 実は鳥たちからも警報サインが出ていたのです 
自然界を甘くみてはイケマセヌ 〜

[ 慣れない場所へこれから行くような時間帯ではありませんし、ね ]

それもハイキングコースを


…また、リベンジに参ります!




更にその帰り道に立ち寄りましたのがこちら
『 東松島市震災復興伝承館 』
b0367250_15590573.jpg

東日本大震災で被災したJR仙石線の旧野蒜駅舎を改装整備した施設でもあります
b0367250_16032762.jpg
3.11での被害状況や復興の歩み等を、被災前後の写真パネルの展示や大型スクリーンで( 当時の記録映像  )視聴することができます



そしてその中の1階フロアの一角にあります 「 青い鯉のぼりプロジェクト 」の展示ブースに私も一言、添えさせて頂きました


http://www.fukkomiyagi.jp/report/未来の道しるべになった-青い鯉のぼりの輪%E3%80%82青い/
b0367250_16071659.jpg

〜 ご自身の幸せを信じられますように 〜
b0367250_16072167.jpg



そのまま2階に上がって行くと、突き当たりには津波でこわれた券売機が展示されておりました
b0367250_16160337.jpg
生々しいですね
ふと、奥に見える赤い線が気になりましたが

[ 私も東日本大震災の時、仙台駅前にある朝市にて被災しましたが、やはり内陸部と沿岸部での大きな違いを実感しております ]

映像でしか津波は見てないわけですから、感覚の温度差がかなりあると個人的に感じております

改めて東松島市の当時の被災状況のすさまじさが伝わって来ます
b0367250_16182715.jpg
奥に展示されている旧野蒜小学校の屋内運動場にあったこちらの時計の針

“ その時計の針は人々の生活を一変させた瞬間を指し続ける ” と書いてあります



【 東日本大震災 】
b0367250_16183243.jpg
《 本震 》
平成23年3月11日( 金 )
午後2時46分18.1秒
震源地 三陸沖
マグニチュード9.0



そう

先ほどの赤い線は、駅舎内が津波で水に浸かった高さに御座います
b0367250_16183779.jpg
津波浸水深3.7m



東日本大震災の痕跡は今はもう僅かにしか残されてはおりませんが、その場所の過去の姿について色々想像することは出来たと思います


私も気持ちも引き締まりました

やはりその地に出向き、五感で感じる大切さをこの時改めて実感致しました

全ての出来事にただただ有り難う御座います!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-07 17:40 | 旅日記

〜 思い立ったが吉日 〜

昨日の寿美子さんとのやりとりで急遽、平泉へ
行きはバスで向かうことにしました
b0367250_21104012.jpg
※ ちなみにSuica利用は不可、現金払いのみ




平泉に到着してからは、平泉駅前にあるレンタルサイクルへ
b0367250_21265820.jpg
先約に野良猫が

[ 個人的には特に電動アシスト付き自転車がオススメ ]
…意外にも坂道がありますので




途中で立ち寄った『 無量光院跡 』
b0367250_21561205.jpg
藤原氏の滅亡後、度重なる火災で焼失

ー こちらの空間ですが、遺跡のほとんどが水田化し、現在は池跡( いけあと )・中島( なかじま )・堂礎( どうそ )を残すのみ ー

b0367250_21440465.jpg
偶然にも一瞬だけ太陽の輪郭がはっきりと見えました
完全な円が描かれた太陽にしばし見惚れる二人


せっかくの御縁ということもあり、私龍の御挨拶を
b0367250_21444423.jpg
この地はどんな歴史を辿り、今を視てるのだろう
人類の歴史は地球の歴史でもありますから

[ ただし、地球にとってはほんの一部にしか過ぎませんけれどもね ]




世界遺産中尊寺の参道入り口脇にあります
『 武蔵坊弁慶の墓 』
b0367250_22240637.jpg

傍に建てられた
《 武蔵坊弁慶大墓碑 建立由来 》
という解説板には
「 文治五年(1189年)義経の居城高舘焼討されるや、弁慶は最後まで主君を守り、遂に衣川にて立往生す
遺骸をこの地に葬り五輪塔をたて、後世中尊寺の僧素鳥の詠んだ石碑が建てられた
色かえぬ 松のあるじや 武蔵坊 」


ちなみに実際の弁慶の墓はこちら
b0367250_22260713.jpg
主君・義経と共に最期を遂げた武蔵坊弁慶の遺骨が葬られていると伝えられております
[ 実は偶然にもガイドの方が ‘ こちらですよ ’ と教えてくださったのです!有り難う御座いました!]


『 中尊寺( ちゅうそんじ )』
岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院
〜 奥州三十三観音番外札所 〜
b0367250_22441492.jpg
樹齢300~400年の杉並木が続く表参道「 月見坂 」を背景に記念撮影


坂の途中にある展望台では衣川( ころもがわ )が望めます
b0367250_23152461.jpg
霧がかってはおりましたが、それもまた幻想的にも感じます


比叡山延暦寺から分火された“ 不滅の法灯 ” が灯る本堂前にある線香立て( 線香を刺す大きな金鉢 )にて

[ ちなみに同様の“ 不滅の法灯 ”は山形県の立石寺にも灯されております ]

線香の煙を頭でも体でもよくなりたいところに手で煙をすくっては思い思いにかける場面を多数見掛けました

あの山に似てるな、と心の中で感じながらしばし ‘ 静 ’ なる時間を



数ある国宝の中でも、1951年に文化財保護委員会が国宝建造物第1号と認定されたのが 『 中尊寺金色堂 』に在られます
およそ800年前に造られ、その後一度も焼失することなく当時の姿を今に伝えられてるとは本当に凄いことにあると思います



個人的にですが…
特に大好きな空間がこちら

『 関山天満宮( かんざんてんまんぐう )

ついつい足早に参道を上れます

何より今回の旅の中で一番嬉しかったことが鳥たちとのやりとりが豊富に出来たこと
こちら側の状況が伝わってかしら?

少なくとも情報交換は出来たかなと

心を開いてくれて有り難う



『 白山神社( はくさんじんじゃ )』
b0367250_23572267.jpg
御祭神
伊弉諾尊( いざなぎのみこと )
・伊弉冉尊( いざなみのみこと )

参拝




途中、お腹が空きましたのでここでランチタイムを
b0367250_00022191.jpg
大変美味しゅう御座いました!
大満足です
b0367250_00031196.jpg
個人的にですが、お勧めは ‘ 冷麺セット ’
満たされましたので!
[ お腹は腹八分目でしたが ]

さあ、お腹が満足しましたので次なる場所へ




続いては、中尊寺と並ぶ平泉の代表的な寺院・毛越寺へ
b0367250_00101243.jpg

こちら『 毛越寺庭園 』は、奥州藤原氏が仏国土・浄土をこの世に再現しようとして造った浄土式庭園

b0367250_00123168.jpg

少し小雨が降って来ました

そろそろ帰るとしますか



また参ります!
b0367250_00134317.jpg
素晴らしい時間を有り難う御座いました

寿美子さん
いろいろと愉しい二人旅に感謝申し上げます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-04 21:00 | 旅日記

昨夜は夫婦で延泊

台東区の下町の旅館「 行燈旅館( あんどんりょかん) 」に宿泊致しました

こちらは外国人旅行客にも大人気のデザイナーズ旅館でもあります


朝焼けの東京スカイツリーもとても綺麗でした
b0367250_10085151.jpg
※ 夫・撮影ですが


こちらの旅館には貸し切りジャグジー風呂がありました( 予約制 )
b0367250_10061978.jpg
せっかくですので、ゆったりと25分間の朝風呂を貸し切りジャグジーで味わうことに

ー 朝晩と必ずお風呂に入る私にとっては大変有り難いシステムに御座います ー

こちらのタイルは全てが有田焼で用意され、2日間かけて、アーティストのミー石井さんが手書きで制作されたとのこと
b0367250_10062838.jpg
ノスタルジーな空間は一つ一つのこだわりによって調和されております
b0367250_10215713.jpg
骨董が大好きという女将さんならではの世界観で満ち溢れております


モーニングはこちらのレギュラーセットを夫婦でチョイス
b0367250_10063426.jpg
宿泊客のほとんどが海外観光客ばかり

一気にまるで何処か海外にタイムスリップしたような気分に
( 海外生活10年の私にとってはとても懐かしい感覚に在ります )


女将さん、スタッフの皆さま、大変御世話になりました!
b0367250_10313972.jpg

さて、チェックアウトをし、次なる目的地に向かうとします




偶然にも通りがかったのがこちら

『 吉原神社( よしわらじんじゃ )』
b0367250_10201868.jpg
御祭神
倉稲魂命( うかのみたまのみこと )
・市杵嶋姫命( いちきしまひめのみこと )
b0367250_10202225.jpg
私龍の御挨拶をさせて頂きました


[ 吉原と言えば、昔から遊郭のあった有名な場所ですが、現在も風俗店など多い立地場所でもあります
さまざまな考え方はありますが、それもまた選んだ道・選ばざるをえない道にあると考えます ]




さあ!
目的地に到着です
b0367250_10401172.jpg

ずっとポスターでも気になっておりました三の酉・浅草【 鷲神社( おおとりじんじゃ )】の酉の市

御祭神
天日鷲命( あめのひわしのみこと )
・日本武尊( やまとたけるのみこと )
b0367250_10475258.jpg

《 日本各地で行われている「 酉の市 」の中でも、日本最大といわれ、関東三大酉の市にも数えられております 》

b0367250_10514112.jpg
・毎年70万人~80万人を動員
・熊手の店舗約150店舗


もはや、ケタ違いな数字ですね



「 一粒万倍福銭守 」
b0367250_11024043.jpg
こちらでは授与されておりますが、酉の市でしかいただける機会がないとのこと

これもまた大変有り難い御縁ですね



さて、熊手もピンからキリまでありますが
b0367250_10532780.jpg
華やぎのあるコーナーもちらほらと
b0367250_10533361.jpg
と、夫を待たせてるので急がねば



さまざまな熊手を観ていたら、どうしても気になったこちらの熊手に決めました
b0367250_10550396.jpg

賑やかな熱気と溢れる手拍子からは、言霊と音霊に満ち溢れ、魅了された空間でもありました!

b0367250_10575477.jpg

こうしてまた新たな日本の祭りごとに触れられて光栄に思います

b0367250_10554404.jpg
ずっと待っていてくれた夫にも感謝です


b0367250_11102091.jpg

〜 平成最後の熊手と共に 〜

仙台、ただいま!
b0367250_10564343.jpg
※ おかめは「 お多福 (おたふく) 」とも呼ばれ、その名の通り、福を多く招く女性のこととのこと


Nina Stone Clinic にて飾らせて頂きます






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-25 19:30 | 旅日記

今日は久方ぶりに夫と二人で御江戸を散策



上野公園にて「 十月桜 」を愛でてみたり
b0367250_08353078.jpg


「 下町風俗資料館 」にて昔の遊び道具で遊んでみたり
b0367250_08395233.jpg

日本人形を見ては、幼少期に持っていた日本人形の髪が左側だけしょっちゅう伸びては切っていたことを思い出したり
b0367250_00414967.jpg



忍者イベントでは美味しそうな出店を見付け
b0367250_08402096.jpg

焼けるのを待ち
b0367250_08402556.jpg

いただきます!
b0367250_08402969.jpg

あ、ち!
b0367250_08403277.jpg
猫舌だったことにど忘れ



縁ある石を見つけては
b0367250_00441842.jpg
人目を気にすること無く私龍の御挨拶を
b0367250_00451034.jpg
敬意を表する瞬間




そして今夜、御世話になる宿がこちら
b0367250_00461776.jpg

昨日が満月でしたが、今宵の月もまだまだ明るく照らしてくれております
b0367250_00513566.jpg



夕飯は中華
大好きなビーフンを
b0367250_00542919.jpg
御馳走さまでした!

今日も一日
有り難う御座いました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-24 22:15 | 旅日記

〜 愉しい光遊び 〜


御江戸にて、夫が撮影してくださいました

b0367250_07373572.jpg

まるでドレスのような光遊び

b0367250_07384197.jpg

全てに感謝でもあり、大変嬉しく光栄な一枚です

b0367250_07392045.jpg

ほら!
後ろ姿にも!

b0367250_07401725.jpg

ちなみに、夫はミルフィーユと表現してます

b0367250_07404069.jpg

感性は人それぞれに在ります



嬉しいは愉しい
愉しいは豊かさ

豊かさは力となり
力は自信に繋がる



夫よ
有り難う
b0367250_07462745.jpg

生きる力を
引き出してくれて
有り難う



『 幸稲荷神社( さいわいいなりじんじゃ )』
b0367250_07493967.jpg

御祭神
伊弉諾命( いざなぎのみこと )
・伊弉冉命( いざなみのみこと )
倉稲魂神( うかのみたまのかみ )
・息長足姫命( おきながたらしひめのみこと )
誉田別命ほんだわけのみこと 
足仲彦命( たらしなかつひこのすめらみこと )

b0367250_07494739.jpg

この住所も嬉しく思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-23 17:15 | 旅日記