カテゴリ:旅日記( 147 )

誰もが “ 合唱 ” というものを一度は経験してるでしょう

改めて “ 合唱 ” とは何か?


〜 複数の人が複数の声部に分かれて各々の声部を複数で歌う声楽の演奏形態のこと 〜
− Wikipediaより−


私も中学三年間、指揮者を務めさせていただいた経験がありますが、それぞれのパート練習もだが全体練習にも携わり、それぞれのバランスを見ながら仕上げて行きました

ただ、歌声だけではありません

一人一人とのコミュニケーションはもちろんのこと、何よりも互いの信頼関係も重要であることをこの時から考えさせられております


どれか一つでも欠ければ、不思議なものでそこだけが目立ってもしまう
不足な場合もだが、過ぎた場合にも言える現象です

歌には強弱があり、ここで弱く・ここで強くと、曲の進行のバランスを見て、もちろんその曲の物語をどれだけドラマティックに表現するか
( と、あげればキリはありませんが )

あとは歌の真意を見抜くこと、に御座います



これは日常の中でも言えることでは無いのかな、と感じますが如何でしょうか?

何事にもバランスかなと
陰と陽
裏と表
光と陰



[ エネルギーが何処かに集中してしまうと
時として目覚めさせなくても良い存在にもエネルギーが漏れてしまうことにも繋がってしまう可能性が出てきます ]




さて今日も急遽、蔵王へ

b0367250_14252549.jpg
山の天気は面白く
ある箇所だけがすっぽりと雲が抜けて来ました


まるでここを来て
ここの地場を感じてと言われてるかのよう
b0367250_14265663.jpg
次第に雲がどんどん流れて行き


オレンジの土がお出迎え
b0367250_14390247.jpg
動いたか?
動かされたか


b0367250_14293223.jpg
ここだけが気になりました
b0367250_14294080.jpg
鳥たちの鳴き声もこの位置から



日本一周を目指す青年との出会い
b0367250_14312440.jpg
我が娘と変わらぬ年頃だから尚更のこと
エールを送りました!
あとは怪我を治すように、と




もっと上へと向かい
b0367250_14362407.jpg
先日、訪れた場所へ

霧は深いが…
よかったと安堵感



再び先ほどの青年と行き合う
b0367250_14412031.jpg
塩レモンキャンディーを差し入れました
b0367250_14431536.jpg
北海道へと目指すとのこと

青年よ
気をつけて
行ってらっしゃい!




□ー□ー□ー□ー□ー□

夜はタイ料理
b0367250_14524360.jpg
大好物の一つ
“ ネーム ”

タイ北部で生産される伝統的な発酵ソーセージでもあり、チェンマイ暮らしだったからなのか食卓に登場する機会が多かったです

もう、最高!
大変大変美味しゅう御座いました!

□ー□ー□ー□ー□ー□



次回は Team Nina Stone を拡大して訪れてみたいものです

ん?
それって蔵王のことかしら?
それともタイ料理かしら?



^_^






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-07-04 21:00 | 旅日記

【 義父の三回忌法要 】

義父の三回忌法要の為、久方ぶりに埼玉・草加へ
b0367250_07031876.jpg
( 夫婦で長距離バス移動しました!)



b0367250_07014842.jpg

妻としての顔
嫁としての顔
何方も私の大切な役割に御座います

b0367250_07051724.jpg

様々な役割( 顔 )は自身の成長の糧にもなりますので、これからもいろいろな角度で邁進して活きたいと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-06-23 21:00 | 旅日記

今日はお誘いがありましたので、東松島 & 石巻へ出掛けて参りました



東松島に美味しいお蕎麦屋さんがある、とのこと
〜 やはり食べ物のお誘いは余程なことが無い限り、断る理由が見つからない私です 〜


東松島市というより矢本に近い「 きさく苑 」
b0367250_18393086.jpg
どうやら人気店らしく、着いた頃には既に駐車場は満車に近い状態でした


住宅地の中にある、農家の一軒家の中にテーブルが配列されている空間

靴を脱ぎ、中に入ると丁度一番奥のテーブルだけが空いており、そちらにと御案内くださいました
b0367250_09004381.jpg
座ってから辺りを見渡し、ふと見ると…

昨日、偶然にも下見に訪れたリサイクルショップにあった七福神の置物と全く同じものがそこにありました


左に存在するのは水晶でしょうね
ただ、余計なことはしません

時と場合にもよりますが
触れない方がいい幸せもありますから


“ 天ざる蕎麦 ”
b0367250_12434312.jpg
何よりも天ぷらのサクサク感が素晴らしかったです

細打ちで滑らかなお蕎麦がお好みな方にはオススメ出来る空間ですね

白濁のとろりとした濃厚な蕎麦湯で〆ました
大変美味しゅう御座いました




さて、場所を変えて今度は石巻へ移動
b0367250_20031587.jpg
すると偶然にも Google Car 
( ストリートビュー撮影車 )を発見!

思わず自撮りしちゃいました ^_^

…が、写っちゃったかしら?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-06-07 19:20 | 旅日記

昨年の秋、福島・あぶくま洞以来のメンバーで本日はいざ栃木・日光へ!



久保田さん、運転宜しくお願い致します ^_^
b0367250_21323951.jpg
平山さんもまた更なる気付きの旅にして行きましょうね




さあ!
無事、“ 世界遺産・日光東照宮 ” 到着
b0367250_14401404.jpg
見事ないで立ちの仁王様がお出迎え



2017年3月10日、世界遺産・日光東照宮の国宝「 陽明門( ようめいもん )」が約4年ぶりに一般公開されました
b0367250_14440615.jpg
高さは11.1mの2層造りで、正面の長さは7m、奥行きが4.4mあります
b0367250_14452010.jpg
日差しや風雪にさらされて傷んだ部分を約40年ぶり・今回で21回目の大修復も無事終えて、ご覧のように絢爛豪華な仕上がりに
b0367250_14454819.jpg
またの名前を「 ひぐらしもん 」と言います

一日眺めていても飽きないから、という理由もうなずける程
何よりも豪華絢爛な東照宮の中でも最も豪華で素晴らしい建築物ですからね


( 実は明治維新までは庶民はくぐることが許されず、陽明門の前に土下座をして東照宮を参拝していたとのこと
こうしたエピソードから、いかに今はかなり開かれてるのかが伺えます )



陽明門の天井
b0367250_14503702.jpg
b0367250_14511855.jpg


天晴れです!


b0367250_22241763.jpg
陽明門 は髄身門ですが、こちらの人物が一体どなたなのかは東照宮の謎の一つとなっております


日光東照宮の境内・坂下門( 眠り猫 )
b0367250_22311711.jpg
家康が眠る奥宮の参道入り口に意外な大きさでその存在をかもしだしております

こちらの眠り猫には二つの見方が御座います

一つ目が平和な時代の象徴という説
そしてもう一つが、徳川家康公を護るために寝ていると見せかけ、万が一にであったとしてもいつでも飛びかかれる姿勢をしているという説

どちらもうなずけますね



「 石廊下 」とも呼ばれている、石の廊下に繋が階段は段数にして207段

b0367250_22382699.jpg
「 人の一生は重荷を負うて 遠き道を行くげ如し急ぐべからず 」
〜 奥宮に続く階段の途中の看板に書いてあります 〜



徳川家康公の墓「 奥宮宝塔 」
b0367250_22443401.jpg
[ こちらの奥の院は、1965年の家康350年忌を記念して一般公開されるまで、一切の立ち入りが禁止されておりました ]

様々な説がありますが、純粋にこちらに徳川家康公の御遺骸が御安置されていると信じて手を合わせ、その場を後にしました
b0367250_22540364.jpg
久保田さーん
お待ちをー



こちらが3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠している像 “ 三猿(さんざる、さんえん)”
b0367250_22560005.jpg
私の頭上辺りより向かって左から
「 耳を手で塞いでいる猿 」
「 口を手で塞いでいる猿 」
「 目に手を当てている猿 」

見猿( 見ざる )
聞か猿( 聞かざる )
言わ猿( 言わざる )


本来の意味として、子ども向けに
「 世の中の悪いことを見たり、聞いたり、言ったりしないで、素直なまま育ちなさい 」
という見方もあれば、社会に出てからは
「 余計な事は見たり聞いたりしても、むやみに他人に言ってはいけない 」
といった見方も

ある種、納得な内容にあります




『 日光二荒山神社( にっこうふたらさんじんじゃ )』
b0367250_23084030.jpg

日光山内の中では最古の建物として平成11年12月に世界文化遺産に登録されております

境内の広さが、伊勢神宮に次ぐ3400ヘクタール!

親子三神を御祭神として
・大己貴命( おおなむちのみこと )
・妃神( きしん )の田心姫命( たごりひめのみこと )
・御子神の味耜高根彦命( あじすきたかひこねのみこと )


“ 親子杉 ”
b0367250_08441796.jpg
境内にはたくさんの御神木が存在してますが、こちらの御神木だけが今回は目に入りました


はてさて、お引っ越しでしょうか?
b0367250_08483977.jpg
なんとも不思議な光景



さて、ぼちぼち帰るとしますか
b0367250_08494598.jpg
本当に仲良しな二人
久保田さんの足が♫マークになっております



仙台に戻ります
b0367250_08511975.jpg
と、その前に腹ごしらえ


サロンに到着すると
b0367250_08513035.jpg
何故かかかとから
‘ こんばんは ’



…そんなに歩いたかしら?



久保田さん
平山さん
本日も素晴らしい時間を有り難う御座いました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南な

by ninastone | 2018-06-05 23:20 | 旅日記

今日はお初な組み合わせのメンバーで福島・石川町へ行って参りました


ここ、石川町は日本三大鉱物産地( 他には岐阜県苗木地方と滋賀県田ノ上地方 )の一つで、現在は採取には制限が付けられていますが、水晶を始めとする百数十種類もの鉱物を産出する場所なのだそう

そのような素晴らしい地に今回は御縁を頂き大変光栄に思います



と、その前にこちらで腹ごしらえを
“ 蕎麦美人( そばびじん )”
b0367250_19320402.jpg
なんて素敵なネーミングなんでしょう
まさに素晴らしい言霊にも繋がりますね

気持ちに🎵マークが付くような言霊を日々発していたいものです


( ガラス張りの店内からの眺めはそれはそれで贅沢なものでしたが、ただしテーブル側からしか観られません )


そしてチョイスしたものはこちら “ 野菜天ざる ”
b0367250_14164387.jpg
季節の野菜が勢ぞろい
竹を半分に割った器にお蕎麦と野菜の天ぷらが盛られておりますが、竹というのが有り難いものです
( 魔除けに適した素材の一つですからね )

何よりも大好きなこごみもですが、菊の葉やよもぎ等の珍しい山菜の天ぷらに舌鼓

こちらの表情でも伝わるかと思いますが ^_^
b0367250_14300701.jpg
大変美味しゅう御座いました!


さて、今回の旅の一番の目的地に参りますか
b0367250_14313744.jpg
天気にもかなり恵まれましたね
嬉しい限りです


と、その前にちらっと私龍の御挨拶を
b0367250_14594109.jpg
感謝を込めて




“ 学校法人石川高等学校 ”
b0367250_14355200.jpg
実はこちらの学校の創立者・森 嘉種先生は鉱物学者であったため、こちらの学校ではかなり鉱物に縁が深く、校章のデザインまでもがこちら石川町の鉱物の代表とも言うべき水晶、サマルスキー、ゼノタイムの結晶の形を組み合わせてつくられたくらいに在られます

驚きです
b0367250_14483513.jpg
鉱物が校章のデザイン原案になっているとは、森 嘉種先生の深き思いを感じられますね


今回は同行してくださったみゆきさんからの御縁があったお陰で、学法石川高校の敷地内にありますこちらの鉱物の展示施設兼考古学部部室へお邪魔させていただきました
b0367250_14474193.jpg
中の写真は控えましたが、なかなか興味深いものでやはり資料用に集められただけに、丁寧に鉱物たちが陳列されておりました


お恥ずかしながら私は鉱物の種類はサロンにあるもの以外はあまり知りません

〜 例えるとするならば、人間をなに人として見ないように、鉱物もなに類とは見ないといった感覚にありますので 〜


改めて今回は森 嘉種先生の情熱とロマンを感じた大変貴重な時間を過ごせた事に感謝し、せっかくだからと最寄りの神社へも参拝する運びとなりました




『 石都々古和気神社( いわつつこわけじんじゃ )』
b0367250_15032483.jpg
こちらのご祭神は、
・味秬高彦根命( あじすきたかひこねのみこと )
・大国主命( おおくにぬしのみこと )
・八幡神である誉田別命( ほんだわけのみこと )
になります


何より目を引いたのが和文だけでは無く、看板の全てに英文までもが表記されていること
b0367250_15402974.jpg
なんて素晴らしい御配慮なのでしょうか

…と感じたのは束の間


ただ、むしろ本当の驚きはここからでした
b0367250_15490923.jpg

そのまま参道を登って行きますと、巨石や立石が多数あり、天狗岩・亀石・屏風岩・船形岩・神籬岩・勾玉岩などいずれも完全なる英文表記のみとなってしまいました!

えーーーっ‼︎

数日前から英会話な流れにありますが、ここに来ても英語モードを求められるとは思いもよりませんでした!


b0367250_15552579.jpg


光遊びもちらっと
b0367250_15472375.jpg
なかなか素晴らしい地場に御座います
b0367250_15472837.jpg
やはり、鉱物のまちだからなのでしょうね



参拝を終え、駐車場に戻ると世界で最も有名な山岳犬として知られる大型犬の一種、バーニーズ・マウンテン・ドッグ がお散歩中
b0367250_15592951.jpg
お名前は “ ハルタロウ ” くん

可愛すぎてもはや孫を撮るおばあちゃん並みに写真を撮る私
b0367250_16072929.jpg
思わず以前一緒に暮らしていたボーダーコリーの ※“ マリッサ ” を思い出してしまいました


このあと、御朱印を頂きに社務所に向かいましたが、やはり気になっていた英文表記の案内板のことを伺ったところ、なんでもこちらの宮司は英会話が大好きだからなのだそう



最後の最後まで刺激的な石川町の旅
b0367250_16174219.jpg
みゆきさんの御案内
みほさんの運転

素晴らしい時間を共に過ごさせていただき有り難う御座いました!



毎度、珍道の旅も次回 第二弾はいつになるか
改めてまた宜しくお願い致します!




〜 最後に 〜
b0367250_16132191.jpg
※ 二女撮影・“ マリッサ ” です

可愛らしさ満載です!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-06-04 20:20 | 旅日記

久方ぶりの御江戸も今日で最終日
ふらり上野駅周辺を歩くことにしました
b0367250_22263142.jpg



『 上野東照宮( うえのとうしようぐう )』
b0367250_22313217.jpg
境内に入ると何故か辺りが騒がしく


初めて外国人同士の軽い喧嘩をその場で目撃しました
それも男女の、です

男性が女性の背負っていたリュックをまるで胸ぐらを掴むように掴み、ぐいっと自分寄りに引っ張って揉めていた様子

何があったのかは分かりませんが
仲介に入った別の外国人の男性により一瞬にそのリュックを背負った女性は場を逃げました



不思議な場面

神社参拝に来たハズなのに
ここって日本でしたよね?
神社の境内なのに観光客にとっては観光地の一つでしか無い感覚が少しばかり残念に思いました

そして、周辺にいた日本人はただ見て見ぬ振り


全てが不思議な感覚

でした




『 五条天神社( ごじょうてんじんじゃ )』
b0367250_23533917.jpg
さて気を取り直し、気持ちを切り替える為に五条天神社へ参拝に伺ったところ、ちょうど “ 例大祭 ” が始まった様子

第二次世界大戦の戦禍を免れたこちらの神楽殿では奉納里神楽を見物にたくさんの人たちが集まっておりました

少しばかりホッとしました

先ほどまでの複雑な感情も収めることができました



今日のランチはどこにも致しましょうか?
と悩んだのも束の間
b0367250_00332591.jpg
いつも恩師と会うこちらの場所にて


今日は一人
恩師を思いながら過ごすことに

( 今回、恩師には時間が合わずにおりましたが、以前言ってくださった “ 同胞 ” という言葉を信じて、仙台に戻ることに致します )




上野駅に向かうと何故かそこには宮城県観光PRキャラクターの “ むすび丸 ” が


まさかの上野駅にてツーショット

b0367250_00401270.jpg

改めて今回、お時間を調整し、お会い出来た方々にはただただ感謝でしかありません。

またの再会を楽しみにしております!


今から仙台に帰ります

有り難う御座いました!





【 仙台、ただいま! 】
b0367250_00424812.jpg
やはりホームはしっくり来ますね

そして、お出迎え?下さり有り難う御座います!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-25 22:00 | 旅日記

今日は朝から石の仕入れを視野に入れながらのスケジュールにする事とします

約一年ぶりになるでしょうか

基本的に私は海外からの直接輸入は避けております
ほとんどの石たちは様々な国から発掘され、中国に集まり、研磨されて再び輸出されております( もちろん全てではありませんが )


石たちも植物たちも、バランスをみてその場で誕生しています
そのバランスが私たち人類の手によって崩されている今、バランスが果たして保たれるのでしょうか?



まぁ、気持ちを切り替えるより他ありませんね

仮死状態になった石たちのたった一部でも、お迎えに行かねばなりませんから



いざ、御徒町へ!
ジュエリータウンとも呼ばれる宝石の街でもあるだけに、宝石商がずらりと並んでおります

その中でも宝石大国・インドから来た宝石商でもあり、インド占星術をされているラジャ・ラジグルさんとの再会はやはり嬉しいものです
b0367250_10574177.jpg
ラジャさん
いつも素晴らしい宝石と私の体質に深い御理解をくださり嬉しく思います!

〜 いつも私からの波動を心地良いとも言ってくださいます 〜
b0367250_11004307.jpg

ランチはラジャさんが経営されているこちらのインド料理

完全菜食の “ ヴェジハーブサーガ ” にて


こちらでは全く日本人の味覚に合わせていない、味も辛さも本場のベジタブルカレーを味わえますのでビーガン料理をご希望する方には特にお薦めですね ^_^

※ 最近ではスパイスの販売もされてるとのこと




一旦、御徒町を離れ
『 白山神社( はくさんじんじゃ )』へ
b0367250_21174307.jpg
今回、夫から勧められたのがこちらの神社でして、どうやらいろいろな色や様々な種類のあじさいが約3000本咲き乱れている日本でも有数な美しいあじさいの名所なんだとか
b0367250_21223366.jpg


…少しばかり時期が早かったかな、とも感じましたが思わぬ小さな先客に巡り会えました
b0367250_21282219.jpg
黒猫ちゃんが二匹

そして何より、こちらには思わず心で笑ってしまいました
b0367250_21331932.jpg
お気付きになりましたでしょうか?
b0367250_21340816.jpg
明らかに違和感なく、こちらにも先客が…


( 改めて、私たち人類が人類の文明社会用に創られた対象物は、他の動植物にとっては何でもないことなんだなと思わされます )
b0367250_00194096.jpg
再び上野に戻ります



悲願だった場所へ
“ ステーキのくいしんぼ ”
b0367250_00203152.jpg
胸が踊ります
b0367250_00232194.jpg
こちらの右下にこっそりと貼られてますが、もう今は食べられない量ですので

本日は抑えめで400gステーキをいただきました
b0367250_00265760.jpg
ご満悦っぷりが伝わるかな、と
b0367250_00282548.jpg
大変美味しゅう御座いました!
大満足にあります!



夜はMihoさんと目澤さんと三人で遅めのティータイムを
b0367250_01014955.jpg
閉店間際まで話が尽きることはありませんでした

ただただ、今はこうして時空を超えて再び繋がれた御縁が本当に嬉しく思います

お時間を作ってくださり有り難う御座います!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-24 23:55 | 旅日記

今日は朝から気持ちが高まっております

それはまるで大切な存在に会いに行くかのような…



ー あの桜の木に会える

それだけで満足じゃ ー




その前に『 氷川神社 』へ参拝を

b0367250_08444459.jpg
そういえば、昨日もでしたが今日も近くの幼稚園児?保育園児?が保育士と一緒にお散歩コースとして境内を歩く姿を見かけました

保育士によってその説明は多少内容の見方の違いこそはありましたが、共通しているのが

“ あの中に神さまはいるんだよ
みんなのことを見守っているんだよ ”
b0367250_08530910.jpg
保育士の説明を真剣にお話を聞く園児から、自由奔放に動きまわる園児まで
改めて小さな肉体を持ったうちは誰もが己の個性を活かしながら生きてるな、ということに気付かされます




『 金王八幡宮( こんのうはちまんぐう )』
b0367250_08555643.jpg
ー お久しぶりでした
なかなか来れずにいて
大変失礼致しました ー


金王桜との嬉しい再会
b0367250_08580434.jpg

よくあちこちの神社へ参拝させて頂いておりますが、境内にある御神木に一切見向きどころか触れる事も出来ない私も唯一こちらの桜の木だけはすーっと手が行きます



そして自然と胸と目頭が熱くなります



この桜の木もどんな歴史の中で生きて来たのでしょうか





一年ぶりのみきじろう整体( 渋谷 )久方ぶりの再会でしたが、いつもの笑顔でお出迎えいただきました

b0367250_21391111.jpg

そして( 私にとっては )新たな施術内容に興味津々!

おかげでつい石の話に力が入り、あっという間に1時間が過ぎてしまいました



みきじろうさん、いつもいつもありがとうございます!





ランチには珍しく身体に負荷のかからないものをチョイス

b0367250_21492907.jpg
有機野菜の盛り合わせベジランチ

そしゃくをする
唾液を出し
味覚にも刺激を
もちろん腸にとっても優しいこと




『 金吾龍神社  東京分祀( きんごりゅうじんじゃ・とうきょうぶんし )』
b0367250_22032023.jpg
ご祭神は太古の龍神様で北海道小樽市に鎮座
北海道本社が被災によって再建中のため、東京に分祀を作られたとのこと

御縁をいただき参拝へ
御朱印もいただきました
b0367250_22431334.jpg
いろいろと考えさせられた空間にありました




夜はインド料理を
b0367250_22273117.jpg
こちらのスタッフの一人が物凄く気になったのか、私の胸元にいつも存在するペンダントトップを見ては不思議と言って来たキーワードがありました

ポカラ?
ネパール?

と…
b0367250_22351082.jpg
確かに両親はポカラにもいたようですが…

不思議な会話に思いました






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-23 23:55 | 旅日記

今日はこれから久方ぶりの御江戸です
b0367250_12052263.jpg


今回はどんな出来事が待ち受けているのだろう
b0367250_08463636.jpg

素晴らしい出会いにも希望を抱きながら、身が引き締まる思いで久方ぶりの御江戸へ長距離バスで行って参ります!



ちなみに長距離バスの良さは、トイレ休憩のため各サービスエリアに立ち寄れること

そこの土地のエネルギーやバランスを肌で感じ取れるからにありますね

b0367250_09005566.jpg
中には趣向を凝らしたサービスエリアも増えて来たようにも感じます

工夫を重ねて面白さや味わい深さを追求した非日常的な空間デザインなどで旅に更なる彩りを添えてくれているに違いありませんね




無事、大崎駅前に到着

早速最寄りにある神社、『 尾木神社 』へ
こちらへの参拝は二度目となります
b0367250_12092699.jpg

無事、着きました
有り難う御座います

b0367250_12174334.jpg

数日間、御江戸を楽しみたいと思います
宜しくお願い申し上げます



『 貴船神社( きふねじんじゃ )』
b0367250_12193640.jpg

古来より水神として崇められてきており、今回は印刷ではありましたが御朱印を頂くことが出来ました




さて、今回の目的の一つ

【 八ヶ岳からこんにちは vol.1
「 宇宙、神、共同創造、これからの世界 」】
b0367250_00024785.jpg

やっと!
ようやく!
来ることが出来ました ^_^

ドキドキしながらも、早く来過ぎて一番乗り

アウェー感たっぷりではありますが、石の世界だけではなく、広い視野を持っていかないとと思い立ってこうして動いたわけですからね


皆さんのトークの全てが私にとっては新鮮でもあり、懐かしさをも感じられ、要所要所で再確認が出来た内容にありました

自分の本能からの直感を信じてよかったです!
b0367250_00153601.jpg

刺激を受けるとはまさにこういう事なんだなと実感

私も鉱物と人類の真の共存をもっともっと発信したくなりました!


実はこの時、偶然にも昨年の目白でのイベントでストーンリーディングをさせていただいたKさんが私に気付いてくださり、会場にいらした方々とその場をお繋ぎくださいました
本当に有り難う御座いました!
b0367250_00304095.jpg

( 昨年とは雰囲気がだいぶお変わりになっておりましたので直ぐにピンと来ずで大変失礼致しました )

b0367250_00313973.jpg
ビュッフェスタイルに陳列された素晴らしいメニューが勢揃い
b0367250_00314377.jpg
グリーンカレーには大好きなパクチーをてんこ盛りに!
大変美味しゅう御座いました!




【 会員制gaybar西麻布OJIVA 】


素晴らしい出会いと素敵で濃ゆい時間を共に過ごさせて頂きました!

( もちろんオンリーワンな方ばかり )

b0367250_08231186.jpg

今回は私からのギフトとしてストーンリーディングを持参

皆さまとは約一年ぶりの再会にあります

( 初めましてな方もおります )


b0367250_08240159.jpg

私の右隣におりますモデル&シンガーのマルコスさんが芸名を當間ローズ [ touma rose ]に改名し2018年7月4日にユニバーサルミュージックからメジャーデビュー致します

仙台でのライブステージも検討してましたので、皆さんその時には応援よろしくお願い致します!




日本ポールダンス協会理事・KAORIさんとの再会もKAORIさんのエネルギッシュでこの上無い素晴らしいステージと共に最後には熱くハグを交わして頂き、互いのこれからの健闘を誓い合うこともできました







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-22 23:55 | 旅日記

何故か最近ずっと気になっていた地域が御座います

“ 涌谷( わくや )”


理由は分かりませんが、地図を目の前にし感覚に従うと決まって止まるのが涌谷町にありました
というわけで早速、涌谷町へ



辿り着いたのがこちら
“ 天平ろまん館 ”
b0367250_00374790.jpg
〜 天平21( 749 )年に陸奥国小田郡( 現在の涌谷町 )にて日本で初めて金を採掘されたという驚きの歴史があります

涌谷町で産出された金によって奈良の東大寺の大仏を完成に導けたこと
それまでは金は外国からの輸入に頼っていたのが、国内で初めて産出されたことによって危ぶまれてた塗金材不足による完成もがこの地で採れた黄金( 砂金 )900両( 約13kg )を献上し、大仏完成の見込みがたったといわれております

これに天皇は大いに喜び、この地の租税は3年間免除された上に年号も天平から天平感宝と改められたという歴史が御座います 〜



さて、こちらでは奈良東大寺大仏に使われたことを伝えるための館で左側は展示室( 有料 )と砂金採り体験場( 有料 )があります
b0367250_00534839.jpg
せっかくの機会ですので昔ながらの「 椀がけ法 」という方法で砂金採りの体験にチャレンジ!
b0367250_00591249.jpg
ご覧ください
この必死感が伝わるでしょうか?^_^


実は想像以上にかなり気の遠くなる作業です

コツが掴めず、最後の最後までスタッフの方に御世話になりっぱなしの私でした



この感覚と一連の行動
やはり魂の性質はいつの世でも
つい出てしまうものなんですね



帰り道に 『 涌谷神社 』 に立ち寄り、参拝
b0367250_05204539.jpg
御朱印をと思いましたが、どうやら留守だった御様子
お預け、という事でしょうか




“ 街はずれのcafe料理店レーチェLeche ” にて遅めのランチをいただき
b0367250_05455132.jpg
「 レーチェ 」は、スペイン語で「 ミルク 」という意味なのだそう
b0367250_05493134.jpg

なるほど
だからあちこちで牛のグッズがあったんですね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-05-18 20:40 | 旅日記