カテゴリ:旅日記( 174 )

明日より三日間、東京・青梅にてイベント出店致します
今回はいつも我が家にいるこちらの蛇石を連れての参加( 長距離バス移動中 )
b0367250_10402962.jpg

さて、どんな出会いが待ち受けてるのかが今から愉しみでなりません
改めて皆々さま、宜しくお願い申し上げます!




無事、会場となります青梅に到着
b0367250_10455659.jpg
昭和の街なんですね


通路には昔の作品がズラリと左右に並んでます
b0367250_10501912.jpg
レトロ感がなんとも言えませんね
b0367250_10503865.jpg
なんて温かみのある駅なんでしょうか
b0367250_10505671.jpg
味わいに溢れております
b0367250_10511527.jpg
オードリーヘップバーンさんまでいらっしゃるとは




会場に向かう途中、住吉神社へ参拝することに


《 人懐っこい雪虫 》

気がついたらいつの間にか雪虫が御朱印帳カバーに着地
b0367250_10422995.jpg

偶然にも同じような柄の上にまるで重なるようにいます
何処にいるか見分けがつきますでしょうか?
b0367250_10441304.jpg

それにしても、しばらくは離れてくれませんでしたね…



急遽、マントル調整をさせて頂きました
b0367250_11013897.jpg
不思議とロイヤルブルーの光がまるで小さめな滝のように行き交っておりました

大気圏調整も可能であれば試みたかったのですが…人影があるシチュエーションでは控えておりますので断念

※ タイマー・自撮り撮影



夜はこちらへ

キリロラライブ
『赤き鳳凰の鳴きさわぎ』

キリロラ☆自主公演、
今年の新作でもあります
b0367250_11041813.jpg
不思議な世界観でしたが、華やぎもあり、とても斬新で新鮮でした
b0367250_11042785.jpg
そしてさまざまなヒントを頂きました

華賀美さん、お声がけくださり有り難う御座いました!
そして明日からの三日間、宜しくお願い申し上げます!





【 Nina Stone Clinic in 青梅 ー11/13( 火 )~15( 木 )】
b0367250_10410175.jpg

b0367250_10410929.jpg

河本華賀美さんのヘンプ麻100%衣装・虹の天使展『 女神たちのシンフォニー 』が青梅の繭蔵で11/13( 火 )~18( 日 )まで開催致します

Nina Stone Clinic も11/13( 火 )〜15( 木 )と出店させていただいております
( 華賀美さん、今回もお声掛けくださり有り難う御座います!)


※ 時間 am11時〜pm4時


ヘンプ麻100%衣装に囲まれた空間でストーンビューイングや生きた石たちのストラップと、他にもさまざまな素敵な世界観をお持ちな方々もおります

是非会いにいらしてくださいね^_^


ー 愉しみにお待ちしております ー


会場:ふだんのごちそう繭蔵 2F
〒198-0044 東京都青梅市西分3-127
TEL 0428-21-7291 http://mayugura.com






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-12 22:45 | 旅日記

私が小学3年生の頃、半年ばかりスリランカで暮らしていた時期がありました
当時通っていたコロンボ日本人学校では日本とスリランカ、それぞれの国歌を毎日歌っております
b0367250_21202660.jpg
スリランカの国歌はメロディが美しく、今もたまに口ずさむこともありましたが、まさか本場のスリランカの方の前で歌う機会を頂けるとは思いもよりませんでした
b0367250_21210986.jpg

( 私がスリランカにいた約35年前は、シンハラ族とタミル族の民族紛争があると決まって日本領事館より連絡網が入り、休校になるという激しい時代でもありました )


スリランカの国歌を歌えるのも実は元々スリランカにいるシンハラ族の方
外から来たタミル族はあまり歌える方がほぼいないということも知りました
b0367250_21230045.jpg

たまたまお会いしたスーラージさんがシンハラ族ということもあり、一緒にスリランカの国歌を歌うことが出来ました
( 一部の歌詞は忘れてしまいましたが、メロディは全て記憶しております )


Rajaさん、いつもいつも素晴らしい御縁を有り難う御座います!
b0367250_22090124.jpg


お陰で インド & 日本×ベトナム & スリランカ の三人でインターナショナルな嬉しい記念写真が誕生しました!




ランチもディナーも
“ ヴェジハーブサーガ ” にて

東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビルB1 
Lunch 11:00 ~ 15:00( LO 14:30 )
Dinner 17:15 〜 23:00(  LO 22:30 )
b0367250_21334396.jpg
インド式の完全菜食( 乳製品を除いた一切の動物性食品を使わない、ベジタリアン料理 )を全てのメニューで実現
b0367250_21335304.jpg
ローズラッシーも飲みやすくて大人気


個人的にはこちらの日替りウェルカムスープが素晴らしかったです!
b0367250_22010738.jpg
大変美味しゅう御座いました!
本気でおススメ致します!

※ ウェルカムスープはディナーのみ






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-05 23:55 | 旅日記

朝食は上野にて
b0367250_01130908.jpg
魂の記憶での会話も可能なMさんとの豊かな時間はいつも互いにエール交換し合っている瞬間にも思います


午後には名古屋より来客が
※ 夫に逢いに遥々お越しくださいます


ということもありいつもよりはバタバタな短い時間でしたが、濃密に会話が出来たとは思います

Mさん
いつもいつも有り難う御座います!

また、近々お逢い出来ればと思います

そしてお身体を第一に邁進して行ってくださいね
応援しております!




ー いざ、仙台へ ー

なんとか約束の時間に間に合いました


【 異業種…交流 】

今日は名古屋から塚本社長と安田さんが来仙されました
塚本社長とは9月に行われた物流展で知り合い、それがご縁で今回に至りました
せっかく来て頂いたので、農業の国外進出について意見交換しようと林宙紀さんにも来て頂き、活発な話し合いになっています
ビジネスも人間として成長するのも多くの方との出会いだとつくづく感じます
b0367250_01205793.jpg
※ 夫・小野寺淳一のFacebook記事より転載



[ 震災遺構仙台市立荒浜小学校 ]
b0367250_01265915.jpg
閉館まであと3分というところで小走りながらも、校舎内を見学
b0367250_01331685.jpg
二階に上がりますと津波が押し寄せた痕跡が生々しく、大型カラーパネルによって東日本大震災当時の津波の様子を伝えております



[ 荒浜慈聖観音 ]
b0367250_01372253.jpg
こちらの白御影石製の観音像は、土台も含めた像の高さは約9メートルで、ほぼ津波の高さとのことです



[ 日和山( ひよりやま )]
b0367250_01410814.jpg
仙台市宮城野区蒲生にある山
標高ほぼ3メートル

日本一低い山でもあります

登頂成功おめでとう御座います!



ディナーはこちらにて
b0367250_02004230.jpg
大変美味しゅう御座いました!


二次会は中野栄駅近くにあります
[ カシスリボーン ]にて
b0367250_02022401.jpg
門馬マスターの生演奏をバックにカラオケを


全ての素晴らしい時間に有り難う御座いました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-02 23:25 | 旅日記

今日は朝から皇居東御苑( こうきょひがしぎょえん )へ

b0367250_22211065.jpg
入園無料


皇居勤労奉仕活動
b0367250_23155848.jpg
皇居と赤坂御用地で除草、清掃、庭園作業などを行いながらの「 美しい皇居を守る力 」に御座います



早速、私ならではのマントル調整を
b0367250_22232306.jpg
「 石を本来の状態に戻す 」こと

それが私の体質でもあり、役割りにも御座います



全ての存在は地産地消でもって、そのもののエネルギーが満たされます

鉱物も
植物も
動物も
その地だからこそ誕生し、育まれて行きます


あっちへ
こっちへと
安易に動かしてはナリマセヌ
b0367250_22473556.jpg

動かないことを選んだ鉱物なら尚更そう
植物は根を張ることで鉱物と共に在ることを選んでおります


唯一、私たち動物だけです
自由でいられるのは…

b0367250_22445395.jpg

〜 自由と勝手は異なります 〜



次なる場所へ移動致します
b0367250_23122554.jpg
また参りマス




『 靖國神社 ( やすくにじんじゃ )』

平成31年御創立150年記念事業に向けて、境内の内外あちこちで関連工事がされておりました
b0367250_00263167.jpg

こちらは国家の為に亡くなった方々
246万6532柱の英霊が眠る慰霊の地でもあります
b0367250_00264050.jpg

大規模地震などによる不測の事態に備え、拝殿の耐震補強工事中
b0367250_00295719.jpg



そこに待ち合わせていたEさん
b0367250_00270412.jpg
木と対話中


マントル調整を体感して頂いたMさん
b0367250_00272324.jpg
毎年10月中旬から11月上旬にかけて、奉納菊花展が行われており、観賞中



せっかくですので三人でカフェタイム
b0367250_00401258.jpg
大好きなパンケーキが!

どんなお味かしら?
b0367250_00401891.jpg
嬉し過ぎて、この笑顔



マライア・キャリーさんのコンサートチケットは急遽Mさんにお譲りし、私は久方ぶりに会うEさんとじっくり対話を

この選択に狂いは無かったと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-01 21:10 | 旅日記

さあ、今日から二泊三日
御江戸へ!



I'll enjoy Mariah Carey's concert in Tokyo for two days
b0367250_18555712.jpg
高速バスで仙台 → バスタ新宿まで



4年ぶりの日本でのマライア・キャリーさんの武道館公演
b0367250_19423432.jpg
既に人・人・人


コンサートグッズではこちらのジャガードタオルをチョイス
b0367250_19431869.jpg
ちなみに日本限定なのだとか
何よりもゴールド感に釘付けです!


ステージ脇とはいえ最前列
b0367250_19503142.jpg
嬉しい距離にあります



いよいよ開演
b0367250_20021331.jpg
b0367250_20043707.jpg
b0367250_20390670.jpg

ー 日本の国旗が眩しい ー

b0367250_20404053.jpg


アンコールでは大ヒット曲

クリスマスソングの定番と言えば
「 All I Want For Christmas Is You
( 恋人たちのクリスマス)」
b0367250_20422762.jpg
一足早いクリスマスギフトのよう




終了後、コンサート会場を後に
次なる目的地へ

会員制ゲイバーへ
b0367250_20494472.jpg
當間ローズさんともまたまたばったり
それも実はかなりの確率で会えてるとのこと

御縁とは有り難いものです

大好きな翼ママのバースデーウィーク
間に合ってよかった
b0367250_01085703.jpg

Happy  Happy Birthday !

大好きなケインさんとも会えて嬉しかったです!



そして
b0367250_21550760.jpg

Happy  Halloween !




本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-10-31 23:55 | 旅日記

トンボが人間に気兼ねなく近付いて来るシーンを御覧になられたことのある方でしたらお分かりになるかもしれませんが、今日がまさにそのようなシチュエーションの中で大気圏調整をさせていただきました


場所は「 薬莱山( やくらいさん )」に御座います
b0367250_10445229.jpg
赤い鳥居が真っ先に目に入りました

鳥居に近づくと…
ギャー!


山頂部とはいえ、マムシ注意という注意書きがあるではありませんか
b0367250_10451642.jpg
本気で半べそになりながらも、ここまで来て引き返すわけにはいきません


※ 今日は共に動いた Nina Stone の持ち主が撮影してくださいました
b0367250_10492583.jpg
背後からですと、どうやら指揮をしてるように見えるようです

なるほど
ある意味、納得ですね


大気圏の流れをよみ、整えるわけですから
b0367250_11071979.jpg

この時、全くトンボは飛んでおらず


動画撮影を試みたものの
摩訶不思議な現象化もしておりました



一切を終えてから、まるで待ってましたと言わんばかりにトンボの群衆がドッと集まって来ました
やはりその反応は嬉しいです


こちらの写真のようにまるでトンボのリングのようにとまるモノもいれば
b0367250_11364301.jpg

両手にもほら!
b0367250_11384845.jpg

中にはマッタリするトンボも
b0367250_11433796.jpg

私たち人間も澄んだエネルギーを持ち合わせていれば、こうして他の動物たちにとって居心地の良い存在になります


私たちだけではありません
癒されたいと思うのはどんな存在でも同じ

その形こそが ‘ 共存 ’ に繋がるのでは無いのでしょうか


あらあら、本当に居心地がいいのでしょうね
b0367250_12065646.jpg
いつまでも遊べてしまいそうです


嬉しいことに私のところにも
b0367250_12132402.jpg
ちなみにこちらは「 食べちゃうぞ〜 」とふざけた時の一枚です
※ もちろん頂きませんが




お昼はこちら
『 ジンギスカン・生ラム やくらいハイツ 』にてジンギスカンセットを
b0367250_12165275.jpg
久方ぶりに美味しいラムを、生ラムをいただきました

かなりお薦めです
大変美味しゅう御座いました!




さて、車で場所を移動し、次なる行き先を少し近くの滝へと向かうことにしました


〜 途中、立ち寄った神社では空気感に違和感を感じられましたので私龍の御挨拶を 〜


鳴瀬川の支流、大滝川の上流にあります “ 荒沢の滝 ”
7段の階段状に滝壺に落ちることから七滝とも呼ばれているんだとか
b0367250_16294387.jpg

[ 薬萊神社と表裏の関係にあり特に修験時代は極めて深い信仰をあつめた所
滝つぼ中央より下った平面の大石が修行の時に坐ったといわれている ]
ー 現地説明書きより抜粋 ー

b0367250_16430005.jpg


私の手によって生きた石となった存在たちに手伝ってもらうこともあります
b0367250_16541636.jpg
この時は珍しく奇声をあげながらのクリアリングを

途端に帰り道とこの空間に差が出ましたが、なんとか無事皆で脱出



残っている資料も大切ではありますが、その後さまざまな人間が訪れることによって状況が変わることもそう少なくありません

改めて、自らで感じ取った感覚を逃さない自分を大切にして頂きたいなと感じた一連の出来事でした






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-10-01 17:30 | 旅日記

はじめは二人きりで出掛ける予定でした

が、突如として
夫を含む三人で出掛けることに!?



山寺は「 悪縁を切る 」としても有名な場所

b0367250_02305756.jpg

奥の院までの1015段の石階段を登ることにより『 一段一段踏みしめていくごとに、一つずつ煩悩が消え悪縁を払うことができる 』とも言われております


悪縁とは対相手があって、だけでは無いように感じます
b0367250_02374226.jpg
自分の中にある ‘ ネガティヴ ’ との縁を切ることも含めて、共に登った方は己の中にあると向き合いながらひたすら登りました


登りながら考えました
b0367250_02391439.jpg
どれだけの人がここに訪れ、ひたすら登り続けたのだろうと
b0367250_02392068.jpg
顔では笑顔でも、心の中で感じてる何かがあるからこそ無意識ながらも訪れてるのかなと


私も石に触れたものの、他の観光客の気配でなかなか集中出来ず
b0367250_02441643.jpg
これも私自身がまだまだ修行が足りていない証し


ならばせめてクリアリングだけでも
b0367250_02455132.jpg
それが私の体質でもありますから
さまざまな思いがこちらの石に転写されてますからね

無しにしましょうよ



五大堂からの眺め
b0367250_02593777.jpg

曇り空ではありますが、街並みは見えておりました
b0367250_02594154.jpg

と、後ろでは
b0367250_02594574.jpg

まあ、良しとしますか




今回は美味しい納豆味噌ラーメンもいただき
b0367250_03032949.jpg


‘ 腰掛庵 ’ のわらび餅も手に入れ
b0367250_03033469.jpg


珍しく夫だけが気付いたこちらの石をクリアリングし
b0367250_03033833.jpg


山形県東根市大字関山の
‘ 大滝 ’ へとつづくこちらの赤い橋を渡り

b0367250_03034462.jpg


ここ、大滝の滝壺にたどり着きました
b0367250_03035002.jpg


また一つ、共に過ごしたことでたくさんの気付きにも繋がったかと思います
b0367250_03143636.jpg

何よりも、帰りの車中でエネルギーの波を動かしていたら後部座席から痛む声が

あ、ごめんなさい

次回からは注意しないとなりませんね



エネルギーを真っ向から受け取れる体質を持つ方の前では控えないとなりませんね


そしてこの三人の旅
なかなか味わいのある旅でした


ざす!( 夫風の感謝の挨拶 )






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-29 20:20 | 旅日記

今日は東西南北、内陸部・沿岸部と考えた末でアンテナが反応を示したのが南相馬市でした

地図を見て、自然と眼が行く場所へ



そして今回縁あって辿り着いたのが、ここ南相馬市の沿岸部に御座います
b0367250_18531556.jpg
偶然とは不思議なもので、一部残されたであろう岩をそのまま残した状態にして階段をつくるといった形状のものでした


まさに触れられる石( 岩 )がそこにあるだけでも本当に有り難いものです!
b0367250_18592168.jpg
早速、音霊によって各石の反動数を確認
( 人体で例えるとしますと、聴診器を当てるような感覚に近いです )


するとこちらの岩のみ、鈍く、響かない反応が返って来ました
それはその場にいた全員が確認しております


※ なかなか火が付かない線香を手にマントル調整の開始です
b0367250_19061661.jpg

実は今までに持って来たアイテムの中で唯一、今までに無くて今回持って来たモノ

それこそが ‘ 線香 ’ でした

二度に渡って一瞬でこそ火は付いたものの、直ぐにその場で消えてしまったこちらの線香
b0367250_19053462.jpg
湿気ってるのかしら?
よく分かりませんが、なかなかやり甲斐があります

もちろん思いは込めずに
b0367250_19120656.jpg
淡々とこなします


ー 思いは時に独り善がりなものと化してしまいますので、ね ー


三人で再び、音霊にて再確認
b0367250_19143210.jpg
ようやく他の岩たちと同じ周波数にまで調整が出来ました

この瞬間ほど、安堵するものはありません



〜 岩に触れた時、無数の小さなドクロが大きなドクロの集大成となった映像を視せられました 〜

〜 次に、アイロンの底のような形の中に十字架がある形を視せられました 〜



南相馬市だからでしょうか?
b0367250_19174558.jpg

千年以上の伝統を誇る、世界最大級の馬の祭「 相馬野馬追 」が開催されるだけに馬の文化がここでは今もなお根付いております

その一場面を垣間見たようにも感じられました


仕上げに榊を海に放ちます
b0367250_19221149.jpg

見守ってくださった二人が唯一の目撃者ですが、見事な程に真っ二つに分かれて放たれました

皆で大爆笑です!

b0367250_19221548.jpg
まるでウユニ塩湖のような砂浜




帰り道に立ち寄った中浜小学校
b0367250_19245003.jpg
先ほどは全く火が付かなかった線香が、こちらではしっかりと火が付いてくれました

あまり深くは追求しないでいようと思います

分かる方には分かることですからね
それが何を意味するのか、は




東日本大震災のあの日
b0367250_19320612.jpg
あの日を境に大きく人生が変わったという方はけして少なくないと思います


“ 生 ” があることで出来ること
“ 命 ” があるからこそ前に進むことが出来ます
b0367250_19355446.jpg

ダイヤの原石は誰にでもあります
その原石をどう磨いて行くのかは
常に己の選択にあることを忘れずにいてください






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-28 19:55 | 旅日記

会津周遊 二日目


朝一番に宿の周辺を散策
b0367250_00042249.jpg
紅葉がはじまりはいつも秋に向けての心の準備をさせてくれます

散策中に出会った子猫との束の間のコミュニケーション
b0367250_00124247.jpg
ずっと真っ直ぐに見てくれました

朝食もしっかりといただきました
b0367250_00124633.jpg
大変美味しゅう御座いました

帰り際には一人一人に宿からのプレゼントが
その細やかな心配りが嬉しいですね

大切に致します
b0367250_00125063.jpg
‘ 起き上がり小法師 ’ に御座います

[ こちらは忍耐強い七転八起の象徴として愛され、密かに人気のある会津の縁起物です ]

ちなみに女性には赤を
男性には青の起き上がり小法師がお土産として頂きました

大変お世話になりました!




今日は飯盛山( いいもりやま )へ
b0367250_00290530.jpg
白虎隊、会津藩士の思いを改めて知り、先人への敬意を表すると共に、現世代を生きれる事に改めて感謝した次第です

「 利を求めず、義に生きる 」
福島県会津にいまでも語り継がれる会津人としての精神に在ります

〜 こちらにも綾瀬はるかさんのポスターが 〜
b0367250_00300290.jpg
やはり大河ドラマの影響というものは大きいですね


戊辰戦争に参戦した会津藩は,軍制改革を行い,藩士を年齢別に分けました
b0367250_07130119.jpg
・白虎( 16~17歳 )
・朱雀( 18~35歳 )
・青竜( 36~49歳 )
・玄武( 50歳以上 )

今でいう中学三年生から高校一年生にあたる16〜17歳の少年で編成された白虎隊

19人の隊士たちが選んだ “ 自刃 ”という手段

時代と当時の精神を感じます


こちらの ‘ 会津さざえ堂 ’ は、1796( 寛政8 )年に建立された六角三層の仏堂
b0367250_07275235.jpg
正式名称
円通三匝堂( えんつうさんそうどう )

内部はDNAと同様の「 二重らせん 」のスロープ構造により、独立された上り・下りの動線のお陰で参拝客同士が決してすれ違うことがありません
b0367250_07325009.jpg
国の重要文化財に指定され、日本遺産にも認定されているにもかかわらず今も内部に入り、参拝出来るのは大変有り難いなと感じます


移動しながらふと目にとまったこちらの石
b0367250_07342550.jpg
もちろん出来ることはさせて頂いております

一瞬だけ今回のツアーを主催されたSさんに、
「 石が分かるの? 」
と聞かれましたので、シンプルに
「 はい ^_^ 」
とお答え致しました




さて、昼食をいただきに移動します

120年以上もの歴史をもつ元海産物問屋でもあります ‘ 大正浪漫 渋川問屋 ’
b0367250_07414974.jpg
会津の地で長く受け継がれている郷土料理でもあり会津の名物でもありむす、こづゆ、塩川牛、鰊の山椒漬け等々を美味しく頂きました

特にこづゆはすっかりお気に入りです!

大変美味しゅう御座いました




この後に訪れた、慧日寺( えにちじ )では当時の特徴がわかる石敷広場も復元されており
b0367250_08043810.jpg
個人的にテンションMAX!

とはいえ、鉱脈はツボでもありますから「 ここ! 」という石のみを触れさせて頂きました




次なる場所は桧原湖( ひばらこ )へ

こちらは磐梯山の噴火で川がせきとめられたことから誕生した広大な湖にあります

※ 最大水深は約30m、湖周30km
b0367250_08261193.jpg

モーターボート遊覧コースを堪能致しました

それにしてもそのスピード感にびっくり!
と共にこっそりとクリアリングも

いつも持ち歩いてる相棒でクリアリング中、妙な脂汗のようなものが手のひらから出て来た感覚はなんとも言えないものでしたね
b0367250_08322843.jpg
[ 磐梯山の噴火によって477人が犠牲となり、桧原宿は水深約15メートルの湖底に沈んだままに御座います ]

桧原集落にあった大山祇神社( おおやまづみじんじゃ )は当時高台にあったため、完全なる水没は逃れたものの、一の鳥居は写真のような位置にあるくらいですからいかに湖底深く沈められてしまったのかが伺えるかと思います
b0367250_09075999.jpg

この瞬間、大自然の現実を垣間見たようにも感じました


ちなみに桧原湖では冬季は氷上でワカサギ釣りが楽しめるとのこと
人間はやはり強いですね

ある意味でですが



ラストは旬の果物を使用した手造りジェラートと、ハチミツ入りの焼き立てコーンでも知られている ‘ honeybee ’ に立ち寄り
b0367250_09142083.jpg
カフェラテをチョイス

あまりジェラートを口にしない私でも美味しくいただけました



本当に濃厚で濃密な二日間のバスの旅

〈 そういえば今回乗車したバスは、おろしたての新車バスとの説明もありました!〉
b0367250_09194434.jpg
Sさんはじめ、同行いただいた皆さま
素晴らしい時間を共に過ごさせていただき有り難う御座いました!

また御目にかかれますことを楽しみにしております!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-24 23:55 | 旅日記

今日は夫婦でお誘いを頂き、30名の皆さんと貸切バスにて、福島・会津を周遊して参りました



先ずは会津祭り・会津藩公行列出陣式を見学

〜 平成30年は明治維新から150年の節目の年 〜

NHK大河ドラマ ‘ 八重の桜 ’ にて出演した綾瀬はるかさんも参列して会場は大いに盛り上がっておりました
b0367250_21523306.jpg
それにしてももの凄い人・人・人!
そしてなかなかの暑さです!




その後は ‘ 古民家レストラン独鈷( どっこ ) ’ にて昼食を
b0367250_21583581.jpg

・箸はじめ3種盛(季節のもの)

・牛すき焼き

・秋の味覚 天ぷら(海老、銀杏、ヒラタケ、蓮根、さつま芋)

・霜降り上馬刺し

・秋鮭のキノコあんかけ

・名月しんじょと彩野菜

・きゅうりとクラゲの酢の物

・自然薯のすりとろろ

・麦飯(会津湯川米)

・会津の芋汁

・漬け物盛

・福もなか

・竹炭コーヒー


昼食とは思えないもの凄い量でしたが、やはりその土地のものをその場でいただけるのはこの上無く贅沢なことにあります


大変美味しゅう御座いました!




彼岸花とかすみ草の組み合わせにもため息が出ます

b0367250_22083330.jpg
( あ、こちらにも綾瀬はるかさんのポスターが )

昔はお殿様へ啓上するお米を保管されていたというこちらの蔵屋敷付きの古民家

江戸時代に建てられたというわけですから、築150年は越えております


古き良きものを今に伝える空間デザインのセンスを感じられ、本当に素晴らしい昼食のひとときでした

b0367250_22222126.jpg
有り難う御座いました!





次に向かいましたのが、大内宿( おおうちじゅく )
b0367250_22261002.jpg

〜 江戸時代の宿場町の風情を今に残す、かやぶき屋根が軒を連ねる集落に御座います 〜



ここでしか食べられない ‘ ネギそば ’ の存在を知りつつも、つい先ほどお腹を満たして来たばかりですので夫婦で散策をすることに

すると目にとまりましたのがこちらの巨大な鳥居に御座います

『 高倉神社( たかくらじんじゃ )』
b0367250_22265937.jpg
御祭神
・高倉宮以仁王( たかくらのみやもちひとおう )

※ 御祭神の高倉宮は皇族であられたということにより社号標には色褪せてはいますが、きちんと黄金の菊の御紋が刻まれております


一の鳥居、二の鳥居といずれも木製で、形をあえて整形されてないところが何とも素晴らしく感じました
b0367250_23040064.jpg

手水場も常に流れ続ける清らかな小川の水はなかなか煌めいておりました



誰も居ない空間にていつものセルフタイマーでの撮影を

b0367250_23194337.jpg

b0367250_23194993.jpg

b0367250_23195443.jpg

ん?
…まぁ、深くは考えまい
b0367250_23262860.jpg
御縁を頂けたことには変わりはありませんからね


さあ、バスの集合時間に間に合わせないと
b0367250_23272740.jpg
思いがけずに巡り会えたこちらへの路に感謝しながら後にします

〜 再び逢いに来れますように 〜




さて、宿へ到着
足湯でまったりとしながら…も
b0367250_23322955.jpg

やはり気になる場所を見つけてはマントル調整!
b0367250_23323269.jpg
本能が騒ぐわけですから、こればかりは…ね


それにしてもまたまたご馳走がズラリと!
b0367250_23380586.jpg
会津の伝統的な料理で具だくさんの「 こづゆ 」が特に印象的でした


そして華やかな空間を彩る東山芸妓( からり妓さん )の舞
b0367250_23380999.jpg
江戸時代から会津独自のしきたりや、歌や踊りの伝統芸能が今でもしっかりと受け継がれております

〜 真衣さんにはまたお会いしたいものです 〜



この日のラストは Nina Stone の持ち主との再会
b0367250_23381320.jpg
もはや私の初期の頃からの繋がりに御座います

こうして会いにお越しくださり感激です!

今までもこれからも宜しくお願い申し上げます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-23 23:55 | 旅日記