カテゴリ:旅日記( 164 )

上野駅で待ち合わせ中、目に入って来たのがこちら
b0367250_08570838.jpg
中央改札口を出たところに、丁度 秋田県のPRブースがありました

巨大ナマハゲには圧巻
ー また秋田に行きたいです ー



待ち合わせした方とのランチは「 Afternoon Tea 」にて
b0367250_08571775.jpg
“ スモークチキンとチーズのフレンチトーストサンド ” をチョイスしましたが、ブルーベリーソースとチーズの相性の良さにかなり驚いたメニューでした
大変美味しゅう御座いました!

そして貴重なお時間をいただき有り難う御座いました




上野 → 東京へ移動

こちらの0キロポストは、東京駅の東北新幹線 20・21番線のホーム上にあります

b0367250_09060785.jpg

・ 蛇紋岩の六角プレート6枚

・ メノウ石版の六角プレート12枚



たとえ沢山の人が行き交い踏みつける石であるにせよ、そこに鉱脈があると分かれば私は積極的に触れに行きます



「 ここだ 」と見つけた箇所に直接触れ、地球本体の中心への感覚を探り当て、あとは “ 石を本来の状態に戻す ” という私自身の体質を活かしました



さて、今から仙台へ帰ります!

b0367250_09070028.jpg

御江戸滞在中にお会い出来た皆さまに深く感謝申し上げます


また参ります!

本当に有り難う御座いました!







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-15 17:10 | 旅日記

朝一番に御徒町に立ち寄り、お時間が合えばと伺った方は今は香港にお出掛けとのこと

素晴らしい動き方に私も朝からエネルギーを頂きました!
またの再会が益々愉しみです



さて、次なる場所へと移動
渋谷へ
b0367250_11464257.jpg
通りすがりとはいえ、思わず立ち止まりました

まさに一人の女性の生き様を感じられる今回の安室奈美恵さんの引退
‘ アムロス ’ という社会現象も一部では報道されてはおりますが、それだけ愛され・必要とし・励まされたファンがたくさんいるという事に繋がります

その堂々たる姿
凛とした波動はまさに孤高そのものですね




「 みきじろう整体 」
東京都渋谷区渋谷2-11-12 パーク・ノヴァ渋谷 209
b0367250_08350320.jpg
久方ぶりの御江戸だからこそ充実したスケジュールをこなしたい

ならば、みきじろうさんの整体を受けよう!

今回は私がここ半年間、自己流でやっている簡単エクササイズをお裾分けさせて頂きました

[ 実はマントル調整やクリアリング等で稀にハイキングコースを歩く機会がある時に、やはり自分の肉体によって己れに負荷がかかるのはしんどいという事に気付き、コツコツと自己流トレーニングをしております ]

そして何時ものごとく、石の話しを
いつも聞き手にまわって下さるみきじろうさんには感謝申し上げます

もちろん整体もトータルバランスを意識しながらしてくださいました
有り難う御座います!
また宜しくお願い申し上げます!




ランチはこちらのインド料理店にてガパオをチョイス
b0367250_08315540.jpg
インド料理店なのにタイ料理?
まぁ、細かなところは気にせずに…

何よりも特大グリーンターラのポスターを眺めながら頂けましたことが素晴らしかった
b0367250_08335538.jpg
空間に感謝申し上げます




さて、渋谷に訪れる時に必ず立ち寄る場所へ

ん?
いつものように金王桜が触れない…

何故だろう
b0367250_08362038.jpg
自分でも分かりませんが、何かが変わってしまった

私、なのか
地場、なのか


金王八幡宮の境内には素晴らしい宝物館( ほうもつかん )が隣接しております
b0367250_08390057.jpg
都内に現存する最古の御神輿は、細かなところでは傷みこそはあるものの、魅入るものが御座います


参拝
b0367250_08362553.jpg
マントル調整もさせて頂きました

私にしか出来ないこと
私だから出来ること

だからこそ、周囲を気にせずに致します
気にしていたらそれだけで ‘ 遅れ ’ が生じることを知ってるからです




夫と落ち合い
b0367250_08481868.jpg
再び船橋市へ向かいます


共に時間を過ごし
共に笑い
共に在ることの素晴らしさ
b0367250_08522877.jpg
時空を越えて繋がれたからこそ、会える頻度こそは低くとも、その中身はいつも深いものがあります


いつもいつも
有り難う御座います!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-14 23:30 | 旅日記

縁あって千葉・船橋市まで足を運んで参りました


御縁があれば私は動きます
いや、そうなるように動くんでしょうね

条件が揃う時はビタっと自然に収まるものですから
b0367250_10182441.jpg
気になる石( 鉱物 )があれば遠慮なく触れます


私龍の御挨拶を
b0367250_10195086.jpg
可能性は行動に起こさなければ
不可能に転じてしまうものです



[ ビフォー ]
b0367250_10212161.jpg

とにかく信じること
b0367250_10212678.jpg
 ー  決して念じてはなりませぬ ー


[ アフター ]
b0367250_10213194.jpg
土地の本来のエネルギーを信じて



うん!
まさに千葉に来られた感満載!
b0367250_10213516.jpg
実は木更津市には二番目の姉がおります
元気にしてるかな?

両親が亡くなったことで一番疎遠になった姉の一人ですが、それでも学生時代の私を見て当時はいろいろと気に掛けてくれてたようです

“ 日南、あれはタロットカードやムーや不思議なことばかりして大丈夫なのか? ” と

感じ方はさまざまですから



ランチはインド料理をチョイス
b0367250_10214081.jpg
ナンを食するたびにお店の個性を感じます

みほさん
b0367250_10304452.jpg
何故か目がかなりショボショボな私ですが
ハイ!チーズ!

愉しい時間を本当に有り難う御座いました!
ー いつも共にあらんことを ー




夕方にはどうしてお逢いしたくて、バタバタながらもちらっとだけ顔を出しに青砥まで行って参りました
b0367250_10221409.jpg
ゆっこさん
大変ご無沙汰しておりました!
再会を心より嬉しく思います!

( タマラを離れたのにとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それ以上の繋がりを信じて私も動いております
動き方に違いがあるだけ、なのかもしれませんね )




さあ!
また超特急で次なる待ち合わせ場所へ!
〈 15分遅くなり申し訳ありませんでした! 〉


「 寿司居酒屋・にぎり屋八べゑ 」
東京都千代田区神田佐久間町3-28 星野ビル1階
b0367250_10465837.jpg
ウニを惜しげもなく使う採算度外視の名物メニュー “ 赤富士盛り ” に旬の牡蠣まで大変美味しゅう御座いました



「 伊江牛焼肉 福重 新橋店 」

東京都港区西新橋1-22-1 西欧ビル1階

b0367250_10544069.jpg
伊江牛とは、自然豊かな伊江島でのびのびと育てられた黒毛和牛です
伊江島で育つ伊江牛は大変少なく、希少価値の高い「 幻の牛 」として知られているとのこと

締めにはタコライスを
こちらも大変美味しゅう御座いました!



すっかりお腹も心も満たされました
b0367250_11102248.jpg
素晴らしき時間に感謝申し上げます!
b0367250_11103031.jpg
またの再会を心より愉しみにしております






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-13 23:30 | 旅日記

今日は久方ぶりにタマラさんとお会いすることが出来ました
b0367250_09062082.jpg

さまざまな流れから出逢い・気付き・成長・確認を繰り返しながらの ‘ 今 ’ にあるように感じます

思考を使うことなく
自然体でありのままのの自分として話し出来る

そうしたホンモノの時間も相手も
なかなか出逢えないものと実感してるだけに
タマラさんとの時間は
私が私でいられる貴重なものの一つに御座います



他軸( 他者からの目や考え )を気にするあまり、タマラさんとの距離感を気にした時期もありました
b0367250_09070556.jpg

遠慮をしたことがそうです


が、やはり思い出してしまうのが少し前に参加した “ コスモ ” の時に見た場面にあるのですが

〜 暗めの宇宙空間の中でタマラさんとAyaさんと私の三人で小さな円を作り、互いに向き合っていたところ、先にタマラさんだけがまるでブラックホールな空間に向け、下に落ちて行きました 〜

あまりにも生々しい感覚
ハッキリとした空間のにおい
b0367250_11192514.jpg


後に解明したのが、先にタマラさんが人間として誕生しに行った場面とのことでした

なるほどなぁと思いました
( 確かにAyaさんと私は人間としての年齢はかなり近いものがありますからね )

全く違和感がありませんでした



タマラさんは陽のエネルギー
Ayaさんは陰のエネルギー

私は石を本来の状態に戻す能力( 体質 )



石を本来の状態に戻す、ということは
石が本来の状態では無い、にも繋がります

だからこそ今この時代に私がおります

時に私は石( 鉱物 )側に立って表現することがあります
人間という肉体を持って生まれたのも、石側の意思を人類側が創り上げたコミュニケーションツールの一つでもあります ‘ 言葉 ’ に変換させる為です

言語化には今なお苦戦してはおりますが、何よりも感覚に対しての比喩に長けた日本語という言語を手にするのに、半分は日本の血を選んで来たのもうなずけます


私たち日本人が当たり前に使われている日本語がどれだけ素晴らしく尊いものなのか

私もまだまだ生かせずにいる日本語がたくさんあります

改めて美しさに溢れる日本語をもっと身に付け、石( 鉱物 )の今をもですが、必要なメッセージも発信出来ればなと思います


改めて

タマラさん
本日も貴重なお時間をいただき
心より感謝申し上げます





少し遅めのランチはタイ料理をチョイス
b0367250_09091134.jpg
パクチーで味覚のエネルギーを満たします

少し前に組み替えをされた Nina  Stone の持ち主との時間は、本当に胸躍るものが御座います

互いにエール交換も兼ねての再会
本当に有り難い時間です

またの再会を楽しみにしておりますね!





さて、次に向かいましたのがビッグサイト
b0367250_09151838.jpg
国旗の位置が嬉しいです

日本とベトナム

まさに私の中で流れております


到着!
b0367250_09163710.jpg
夫は出展者側のスタッフの一人として邁進中


私も動きます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-12 18:05 | 旅日記

長距離バスでの移動はトイレ休憩の度に必ずサービスエリアに立ち寄れるため、私にとってはその土地のエネルギーを感じ取るのに大変有り難い機会をいただいております
b0367250_00123176.jpg

長距離バスとは、私にとっては最高の移動手段の一つです
では、行って参ります!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-11 13:00 | 旅日記

本日、一粒万倍日

皆さんはどのような種まきをされましたでしょうか?

私はと言いますと…当初、予定していたのが北部へのマントル調整でしたが、急遽、南下する運びとなりました




『 神明社( しんめいしゃ )』
b0367250_13160231.jpg
御祭神
天之御中主神( あめのみなかぬしのかみ )
・高御産巣日神( たかみむすびのかみ )
・神産巣日神( かみむすびのかみ )


参拝を終え、御朱印をいただいたいる間にふと目に付いたのがこちらの榊の木
b0367250_13214770.jpg
‼︎

これって榊の木なの?
これほどの高さまで成長するとは!
b0367250_13215565.jpg
高さはもちろんのこと、その葉の大きさや艶感は魅入ってしまうほど見事で素晴らしい地植えの榊の木
b0367250_13220010.jpg
もちろん記念のツーショット!
かなり御満悦な私

もうこれだけでテンション上がります



さて、次にそのままテクテクと白石城へ
b0367250_13294949.jpg
こちらは平成7年に三階櫓 “ みっかいやぐら ”( 天守閣 )と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されております


いざ、城内へ
b0367250_13353196.jpg
全国的にも数少ない木造復元でもあるこちらの白石城は、戦後の木造復元天守閣での高さ・広さと日本最大級を誇るとのこと

なんとも素晴らしい空間にあります
b0367250_13452971.jpg
昔ながらの工法を用い、補強金具は一切使われていない空間はまさに木と共に呼吸ができる空間にも感じます

b0367250_13474210.jpg
なんて清々しい

やはりこのような空間は気が引き締まりますね
b0367250_13501044.jpg
館内にいるスタッフの方とも話が弾み、“ 一戸町・鳥越 ” というキーワードに反応を示したスタッフの一人にメッセージをお伝えし、白石城を後にすることとします


あ、その前に御礼に私龍の御挨拶を
b0367250_13530058.jpg
石には意志が御座います

ただ、他にある地球上にある存在の中では一番動き( 成長 )が見え辛いのも石です
b0367250_13530624.jpg
もし、このモノの意志が我々人類に語りかけられるような存在だとしたら…
b0367250_13531384.jpg
きっと今とは違う文明へと発展していたに違いありません


どの時代においても
誰もがそのコトを・そのモノを正解だと信じて、物事を選択しながら、日々を進めていることでしょう

かくいう自分もその一人ですからね

白石城でのマントル調整は考えさせられる貴重な時間にも感じました



帰り道にちらっと立ち寄ってみた柴田町
b0367250_14145269.jpg
次回はもっとゆっくりと訪れてみたいと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-08-24 20:10 | 旅日記

今日は朝から身体がまるで鉛のように重く感じております

「 やはり 」と感じる場面が多々ありましたからね

ちなみに「 やはり 」という感覚は、そう感じる前に何か心当たりを感じたからこそ湧き上がる感覚の一つですから



『 益子神社( ましこじんじゃ )』
b0367250_14563589.jpg
御祭神
伊邪那岐尊( いざなぎのみこと )
・伊邪那美命( いざなみのみこと )
・羽山祇命( はやまつみのみこと )
・大山祇命( おおやまつみのみこ )
・金山彦命( かなやまひこのみこと )

境内にあった欅を生かし、平成15年に再建した鳥居は観ていて気持ちのよいものでした

b0367250_15032425.jpg
まさに地産地消とはこのことにあるのかなと私は感じますが如何でしょうか

そこの土地によってさまざまな条件によって育まれたモノをその土地で活かすことは、現代社会において最も理想なことであり、最も難しくもあることなのかなとも感じます




『 三吉神社( みよしじんじゃ )』
b0367250_15110139.jpg
御祭神
・弥都波能売神( みつはのめのかみ )
・三吉大神( みよしおおかみ )
・坂上田村麻呂命(さかのうえのたむらまろのみこと)

朱色が鮮やかな鳥居の傍にある池には鯉が伸び伸びと泳いでおります
b0367250_11021502.jpg
のどかな風景にもみえますね


鼻先がスリムな龍をよく見かける中、こちらの手水場で鎮座する龍はほっぺがふっくらとした感じ
b0367250_11074542.jpg
背後にある岩場から姿を表す、といったシチュエーションでしょうか?
※ 古代より涸れることなく清水が湧き出て、地名も大清水というところから、遠方よりこちらの清水を汲みに来て下さる方もいらっしゃるとのこと

ー 個人的な感想としましては、人の感じ方はそれぞれだな、と ー


拝殿には大変立派なしめ縄が
b0367250_11152992.jpg
ビニール製のしめ縄を見かける機会が増えている今、こちらのような立派な稲で造られたしめ縄を見ただけでこちらの神社にかかわる方々に対して大変有り難い気持ちになります

〜 まさに “ 在り方 ” を考えるきっかけにもなります 〜


『 金刀比羅神社( ことひらじんじゃ )』
『 機織神社( はたおりじんじゃ )』
『 竹駒稲荷神社( たけこまいなりじんじゃ )』
b0367250_11241940.jpg
それぞれの御末社が拝殿向かって左奥に鎮座しておりますが、かなり独特な雰囲気に私は走って参拝し走って戻りました

b0367250_11463641.jpg

あまり長居はしてはならぬ
走れ!
走れ!

本能的に何かをキャッチしたが、未だそれが何かは分からずにおります



ふぅ〜
b0367250_11475646.jpg
大好きな柑橘系で自らを整えるとしますか

幼少期より特にレモンやライムが大好きな私は、こうした食材を口にすることで本来の自分に還せております




仙台に戻るとそこにはダブルレインボーが
b0367250_11495370.jpg
やはりSNS越しで見るのと、自らの眼で観るのでは迫力が違いますね

自らの感覚をいつまでも鍛えていたいものです



仙台、ただいま!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-08-22 21:25 | 旅日記

今日も朝から縁ある場所へ渡り歩きます
b0367250_21552613.jpg
それにしてもなかなかの気温
汗が吹き出しております
b0367250_22014749.jpg
日傘が必須ですね

〜 何をするにせよ、自己管理が大切ですから 〜




『 藤田鹿島神社( ふじたかしまじんじゃ )』
b0367250_22074554.jpg
御祭神
・武甕槌命( たけみかづちのみこと )
大己貴命( おおなむちのみこと )
少彦名命( すくなひこなのみこと )

〜 参拝 〜




『 水雲神社( すいうんじんじゃ )』
b0367250_22371069.jpg
御祭神
天御中主神( あめのみなかぬしのかみ )
・高龗神( たかおかみのかみ )
・闇龗神( くらおかみのかみ )

境内の一部は呼吸がしやすい地場もありましたので、更なる拡がりを信じて石に触れさせていただきました
b0367250_22371852.jpg
実は頭ではマントル調整をしょうとしてもクリアリングで終えたり、その逆もあったりと石に触れてみないと分からないことが多々御座います

という意味では、こちらはクリアリングで終わりました


そこから更に徒歩で移動し、観月台公園周辺に向かいます




『 小峰神社( こみねじんじゃ )』
b0367250_22560646.jpg
御祭神
・日本武尊( やまとたけるのみこと )

〜 参拝 〜




『 聖徳太子神社( しょうとくたいしじんじゃ )』
御祭神
厩戸皇子命( うまやどのみこと )
b0367250_23582646.jpg
『 富士神社( ふじじんじゃ )』
御祭神
・木花咲耶姫命( このはなさくやひめのみこと )

〜 参拝 〜



さて、こちらでも先日の岩手に引き続き今日はこちら福島にて蛇と遭遇
蛇とバッタリな機会がここのところ増えております

それもいずれも何故か数センチ前を蛇が横断するというパターン
やはり、いつ見ても( 遭遇しても )蛇には驚かされますね!
b0367250_08195112.jpg
今日のは子ども蛇でしたので威嚇されました
驚かせてごめんね




さあ、気持ちだけでも切り替えねば
b0367250_08262401.jpg
移動途中でいつも川の水量を見るようにしておりますが、さすがにこちらの川はほとんど川底がむき出しになる位に水が無かったことが気になりました


そして、いざ福島市へ!




『 鹽竈神社( しおがまじんじや )』
b0367250_08282937.jpg
御祭神
・経津主命( ふつぬしのみこと )
・武甕槌命( たけみかづちのみこと )
・塩土老翁命( しおつちのおじのみこと )

その他に、‘ 信達二郡村誌 ’ ‘ 郷土誌 ’によれば、寛保二年に猿田彦大神( さるたひこのおおみかみ )を勧請したと記されてもおりました



b0367250_10231535.jpg
ー 塩竈神社といえば、陸奥国一宮と言われる宮城県塩釜市が有名ですが、まさかこちら福島にもあるとは全く知りもしませんでした ー
b0367250_10234889.jpg



注連縄の形がとても目を引きます
b0367250_08381811.jpg
参道は山ですので当然ずっと登り坂ではありますが、途中は石段が整備されており、想像していたよりも登りづらくはありませんでした


※ むしろ私にとっては、また蛇と遭遇しないことを切に祈りながら登りましたが


“ 羽根山 ”という小高い山の頂上に到着

どうやら一部、土砂崩れをお越したのかしら?
ブルーシートで被されておりました
b0367250_08382577.jpg
遠くに見える山は福島市のシンボル、信夫山に御座います



境内の奥には山城跡が
戦国時代には山城がこの羽根山に築かれていたとのこと

上杉所縁の直江兼続の弟の秀樋口秀兼が城主でした
b0367250_08463416.jpg
左奥の案内板には ‘ 落ちない神社 ’ とも書かれております

高校、大学受験の際には軽く山登りをしながら参拝もいいですね


行きも帰りも目についたのがこちらの石
b0367250_09061417.jpg
実際に鉱物からは私たち人類はどう視えているのでしょうか…
何故かふとそう頭を過ぎりながらのクリアリング&マントル調整のハーフ&ハーフを



今日はかなり歩いたからなのか、少しばかり疲労感を感じております

もっと自分を鍛えないとなりませんね
改めてそう気付かされます






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-08-21 23:25 | 旅日記

自分を楽しむことは自身のシールドをより強く、そして鮮明にもしてくれます



この ‘ 青 ’ を五感で感じたくて
b0367250_06083816.jpg
それぞれの中にある ‘ 青 ’ と繋がる瞬間
その ‘ 青 ’ はどのような表情を見せてくれるのだろうか?


視覚からは無限なる海が
聴覚ではうみねこ達の鳴き声が
嗅覚では潮の香りが広がり
味覚ではウニ丼を堪能
b0367250_06160928.jpg
ちなみに味は完全に食べられていました

そう、以前より耳にしたことのある現象はこのことだったんだなと実感
なんとも不思議な感覚にありました



そして触覚ではまるで宝探しで宝が見つかったかのように貝をめくってみると…
b0367250_06193633.jpg
小さなカニさんの宿を発見
あら、お邪魔してごめんなさい


偶然歩いてる途中で拾った石も
b0367250_16280241.jpg
拾えば必然となります
必要だから拾う
ただ、シンプルなことに御座います


さて、島を目指すとしますね
b0367250_16294909.jpg
まるで探検家のように向かってみようではありませんか

無限なる可能性にかけて
わずかな可能性も動けば結果には繋がりますからね



南三陸町にあり、海岸に突き出た『 荒島神社( あれしまじんじゃ )』
b0367250_16591315.jpg
ー きっと東日本大震災の前には立派な鳥居があったに違いありません ー

が、今はその瞬間をリアルに見せてくれるかのように東日本大震災の津波によって流失しておりました


御祭神
・綿津見神( わたつみのかみ )
・豊玉姫命( とよたまひめのみこと )
・金山彦神( かなやまひこのかみ )
・金山姫神( かなやまびめのかみ )
・大物主神( おおものぬしのかみ )
・市杵島比売命( いつきしまひめのみこと )
b0367250_23570638.jpg
本殿の正面にはまだ新しい小さめな鳥居も
b0367250_23583698.jpg
本殿そのものも、この朱の色が鮮やかでした



私龍の御挨拶を
b0367250_00035330.jpg
実は石に触れるまでは、マントル調整になるのかクリアリングが必要なのかは分かりません

自然な化学反応は一つである証


蝉の抜け殻がこれだけ見つけやすい位置にあり、こうして密集しているのも、天敵が少ない証なのだそう
b0367250_06304456.jpg
共に動いてくださった方からの知識により、その場がより豊かさを増すものですね

まさに文殊の知恵のようなもの


先ほど拾った石もこちらに戻しました
b0367250_06334391.jpg
石は動かしてはなりませぬ

そこの土地だからこそ誕生してるのだから

私たち人類が人間の生活スタイル仕様にし過ぎてはなりませぬ


〜 人間で言う、皮膚移植はもうたくさん 〜



さて ‘ 南三陸さんさん商店街 ’ にて、腹ごしらえを
b0367250_06433281.jpg
私も人間の肉体を持って生まれた以上は口からいただけるうちに、同じ地球上に住まう別の “ いのち ” をいただきます
b0367250_06433925.jpg
ホヤ最高!

大変美味しゅう御座いました!


『 カフェ蓮( かふぇれん )』
b0367250_06474653.jpg
この後に起きたまた更なる軌跡は別の機会に書くとしますね



奇跡!と感じて感覚に艶めきを感じるのか
たまたまでしょと感じて常に疑いの目でみるのか

受け取り方はさまざまではあるが、シンプルに受け取れる自分では在りたいものですね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-08-18 20:30 | 旅日記

今日は夫の御両親の故郷にてお墓参りへと行って参ります



と、その前にそこの地域にあります神社へご挨拶へ
『 保呂羽神社( ほろわじんじゃ )』
b0367250_00443060.jpg
御祭神
大名持命( おほなもちのみこと )
・少彦名命( すくなひこなのみこと )
・日本武命( やまとたけるのみこと )


雨の音がとても耳にやさしく
静かなる参拝をさせて頂きました
b0367250_19171752.jpg
縁あって今こうして東北にいることも
役割を果たす為に今を生きることも
全て未知なる可能性を実現させるためにあります


‘ 葉脈 ’ という言葉があるように、‘ 鉱脈 ’ もありますが…往来の ‘ 鉱脈 ’ の持つ意味と、私のマントル調整に必要とする ‘ 鉱脈 ’ とではかなり意味合いが異なるものが御座います
b0367250_19225678.jpg

私にとっての ‘ 鉱脈 ’ とは、人体で例えるとすれば ‘ ツボ ’ に在ります
b0367250_19214333.jpg
「 ここだ 」


そっと触れることもあれば、ガッシリと掴む場合もあります。

私の場合は送り込むというよりも、様子をみてからバランスをみて仕上げるといった感覚にあります。
『 満たされたところにどんなにエネルギーを注いでも、こちらからの贈り物がダダ漏れになるだけですからね )

b0367250_11265257.jpg

〜 ちなみにこちらでは、墨色で左回りにまるで小さなブラックホールのように渦を巻いておりました
炙り出しのように自分自身を問い掛けても来ます
嘘をつく人は苦しいでしょうね

この地は親側が子育て出来ない小さな子供たちもいたようです

どんな事情かは各々にあるかと思いますが、修行?道場?以上のバトンをも感じました 〜




そして、いつもお世話になっております長徳寺へ

お堂の中にいると、雨音さえ厳かに聞こえて来るのは不思議
その中、渋谷住職に読経を上げて頂き、夫婦で先祖の供養、日々の感謝を
b0367250_11291093.jpg
石たちも喜んでおりました!
やはり音霊のバイブレーションは正直ですね

こんなにも透明度と輝きが増し増しになっております!



読経終了後には昨年秋に岩手県の有形文化財指定された阿弥陀如来像の説明を受け、記念撮影
b0367250_11313627.jpg

玄関には最優秀作品賞を受賞した渋谷住職作の平泉ナンバーも飾られていました
b0367250_11321146.jpg
ゴールド大好きな私にとっては羨ましいデザイン




ランチは “ 芭蕉館 ” にて
b0367250_23463198.jpg
こちらでは ‘ わんこそば ’ がいただけます

‘ わんこそば ’ と言えば、一杯食べたら次々にお蕎麦を手早く入れられるのを想像しますが、このお店は ‘ 平泉式のわんこそば ’

24杯分が一式となって登場し、あとは自身のペースで自分で入れて食べるスタイルのお店とのこと


ただ、今回はそうゆっくりとは出来ませんのでシンプルに ‘ 冷やしとろろそば ’ をチョイス
b0367250_00141409.jpg

夫を被写体にして、遠近法によるお遊びショットを
b0367250_00180597.jpg

大盛りでいただけましたので、午後からも張り切って参ります!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南き

by ninastone | 2018-08-16 14:00 | 旅日記