カテゴリ:魂の記憶( 54 )

【 Sign 】

視えない世界でも
何か動きが始まっているようだ

いや、既にはじまってはいたが、
今までは
あくまでも水面下での動きでしかなかった



が、ここに来て

今まででは感じられなかった形や流れで
サインが送られて来るようになるのは間違い無い



少しはこちらも成長出来たから
なの、であろうか

いや、そんな甘いものではない

それとも視えない世界での許可が
降りて来るようになったからだろうか?



いずれにせよ
今までのような遠慮の姿勢では
間に合わないことは確かなよう


もはや誤魔化しが効かない程になってしまった、
という方が分かりやすいのかもしれない



今までは
鏡の向こうにあったモノが
いつの間にか
自分の真ん前までに来てしまってはもう遅い


さて、
どう調理をしょうか
どう淘汰して行こうか

標的は何処に置こうか

次はダレ?
次はドコ?
次はイツ?


もはや相手は背後からは来ない
必ずや正面から来る

背後から来るような
遠慮の時代ではもう無いのは確かであるが



さまざまなサインが
こちらに向かって目掛けて来るであろう

直接でなければ
誰かを通してでも

サインは届けられる


こちらの在り方によって
そのサインの方向性も変わる

b0367250_20492426.jpg


SOSという段階のサインであれば
それは希望への望みへと変わるであろう

ただし

警告という段階のサインであれば
一刻も早い対応が必要である



その時には何かが動かされるであろう

なんとかしたいからこそ
動かしてまで
動くであろう


その時こそ
次なる真実の扉への鍵が明け渡されるであろう






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-12-28 20:20 | 魂の記憶

【 魂に刻まれた記憶 】

たまにふと思ってしまいます


夜見る夢は
翌朝になるとほとんど忘れてしまうのに

魂の記憶は
同じようにはいかないものだな、と


忘れられたらどんなにか楽なんだろう
忘れられるものならばどんなに心が自由を感じられるのだろう
b0367250_20442498.jpg

魂に刻まれた記憶



騒つく感覚は感情がノーと言ってるサイン

それでも向き合わざるをえない記憶の感覚は今も時空を超えてそのままの状態で私に伝えてくれている感覚の伝言
b0367250_20483034.jpg


さて、今夜も夜行バスで御江戸へ向かいます

魂の記憶を片隅に除けながら






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-04 23:15 | 魂の記憶

紀元前3000年頃


あの時
私はどれだけの星を数え
アナタの帰りを待ち受けたことでしょう

b0367250_16122889.jpg


いつか真意が伝わればと思いながらも

最終的には私からその姿を消したナナス


アナタは最後には称号を選んだ




「 ちょっと話をつけて来る 」

そういって、家臣ら22名を連れて、旅に出たが途中で盗賊に襲われ、うち5名が首の無い状態で見つかることとなり…

そのうちの一人がナナス
アナタの衣をまとっておりました

本人確認が難しい程の無惨な状況


このような事件を当時の誰しもが哀しみに暮れたことを今でも覚えております


まさか、ナナス
アナタがこの世から去る事など誰も思いもしませんでしたからね

b0367250_16191906.jpg


これが現実として受け止めるにはかなり時間を要したが私ですが、その後も月日と共に私は国を守り続け、民の心を生活を安泰を常に思いながら統治にいそしんでいたある日



我が領土に一つの招待状が届きます

そこには隣国に新たなる王が誕生すると記しておりました



権力よりも、領土争いが多かったこの時代の中では全く不思議なことではありません

《 そして新たなる王の誕生は一つの国が滅び、また次なる王国が誕生したことにも繋がります 》



この時は何故か
不思議とふと、何かが過ぎりました

何、と具体的なものはありませんでしたが違和感だけがあったのは事実


招待状に印されたライオンの称号を目にした時、何処かで見たことのある感覚が脳裏にひろがりました



ナナスの死以来、私は国の領土からは一歩も出ずにいましたが、この時は久方ぶりにお祝いも兼ねて国を留守にすることにしました




式典はそれはそれは大変煌びやかでお祝いムード一色

この時ばかりは領土争いも停戦
各国の王族が続々と集結

皆、戦略に違いはあっても、国を守る思いは一緒な人たちが次から次へと挨拶を交わし合います

b0367250_16200138.jpg


そして、いよいよ新たなる王の登場!




え?
ナナス…
何故、アナタがそこにいるの?

その特徴のある耳の形
喉仏の出具合
所作の全てが紛れも無く

ナナス
アナタじゃないの


そして、その横には誇らしげに歩く王妃の姿も目に


でも、よく視ると
ナナスの目がうつろなようにも






魂の記憶
ここまで

よほどショックが大きかったことでしょう
これ以上の場面も感情も視せてはくれませんから

ただ強い裏切りからの哀しみという感覚だけを今世の私には伝えてくれています



私の過去世の一人

アヌンタリア


その深き哀しみによる闇が広がらぬよう、意識して私は貴女を支え続けましょう

その誇り高き魂

アヌンタリア



貴女は私であり
私は貴女であります






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-11-03 14:25 | 魂の記憶

今日はこちらの九谷焼の龍と共に結界張りの為、出張に行って参りました
b0367250_23454614.jpg

私の場合、結界張りにせよお祓いごとにせよ、けしてその空間に対して無理強いだけはしないよう強く意識し心掛けております
b0367250_23465176.jpg
というのも、どんなシチュエーションであったとしても、私たち人類は地球本体目線でいきますと、どう考えても後から誕生した存在の一つに過ぎないからです



土地にはその土地特有のエネルギーがあります
b0367250_23555724.jpg

ただし、こうして人間側が創り出す空間の場合、そこに行き交う人の流れもその場所のエネルギーを作り出してしまうのです


気道が流れてる人が行き交う場所
気道がつまってる人が行き交う場所


この違いは歴然にあります


流れてる空間は滞りなく事もスムーズに進みやすく
つまっている空間は行動も発言も自然とネガティヴになりやすい


さて、今のあなたの空間はどちらにありますでしょうか?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-10 14:00 | 魂の記憶

人には自身にとって誇れるものがあることにより、そこを軸にして生き、支えにもなることがあります
〜 それは自慢というよりは自信に繋がることではないのでしょうか 〜



私の場合は時折、この血筋に生まれて来たことに対する複雑さを感じることがあります


実際には既に70数年前にはベトナム王室は途絶えており、今となっては歴史上の存在でしかありません
( ベトナムへ帰るにしても何か特別なものがあるわけでもないのも現状にあります )




とはいえ、幼少期より母からはいつもこの血筋として生まれてきたことの誇りを持つようにと言われて育ちました
b0367250_23551603.jpg

母は生前、シャーマンとしての一面もあり、祭壇部屋をつくり、いつも祈りごとをしておりました
毎週木曜日には決まってお供えをし、祈りを捧げておりました

母が唱えていた不思議な唱え言は、今となってはもう幻のもの

私が高3の時に母は他界




シャーマンとしての母から受け継ぐことが出来たのは、ほんの一部のサインと唱え言
b0367250_23564028.jpg

ただし、それはDNAを持つ者でしか発揮しない貴重な存在でもあります
( 唱え言に関しましては、サロンにいらした事や緊急時に遭遇されたことのある方ならば耳にしたことがあるかもしれません )



DNAとブレンドされることで一つになる
まさに鍵のようなもの
( カードでいえば、そのカードを活かす為の暗証番号にあたります )
b0367250_07241769.jpg
声紋や指紋のように



そのものの役割を果たす為
これからも大切にして行きたいと思います

そして、必要な時期に入った時には私の血を受け継ぐ娘二人にも母より受け継ぎしサインと唱え言を贈りたいと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-07-16 22:00 | 魂の記憶

バブル全盛期
開発のために切り崩された山も在るであろう


少しでもその山そのものの特徴や立ち位置を考えながらの開発であれば、多少なりとも山は味方をし、観光地としても自然と栄えるでしょう

だが、しかし

少しでも真逆な位置にあった場合には、本能的に人間自身も居辛さを感じ始め、その山から離れて行くことでしょう



人間にもテリトリーがあるように
山( 土地 )にもテリトリーが御座います




闇がどうこう等ではなく
シンプルに立ち入られたく無い感覚が人間にもあるように、山にだってあるんです



今日、何気なく立ち寄った山がまさにそのような山に在りました
b0367250_09213225.jpg

聞けば開発された施設もどんどん廃れて行き、どんなに催し物を開催しても人の足が激減しているんだとか

山は正直ですね
納得です

ただそれは
人間を阻害してるわけではなく
その山には別の役割があり
土地のバランスを保つことに専念したいだけ

なのではないのかな、と



そこにいかに早く人間側が気付けるのかが今後の課題にあると思います

そこまでに届けられる電気も水道ももっと必要とされている他の地へ無駄なく届けられるわけですからね
( 資源は有限な存在ですから )



早く気付いていただきたい

山に魔があるのではなく
人間の欲がそうさせてることに






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-07-05 19:00 | 魂の記憶

魂と役割と意志と血筋




私の魂

・それぞれの時代毎に酌み交わした存在との約束を果たすこと

b0367250_08341679.jpg


私の役割

・石を本来あるべく状態に戻すこと

b0367250_09263258.jpg


私の意志

・真の鉱物と人類の共存

b0367250_09365142.jpg


私の血筋

・父・武士の血筋

・母・ベトナム王室の末裔という血筋

b0367250_10000078.jpg





では


あなたの魂は?


あなたの役割は?


あなたの意志は?


あなたのご両親より受け継いだ血筋は?







本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-04-20 10:55 | 魂の記憶

今日が“ Nina Stone ”デビューというお方が本日、御江戸より遥々お越しくださいました
b0367250_15474370.jpg
〜 やはり初対面の方は良い意味の緊張感が走るものですね
引き締まる思いです 〜


これはかりは持ち主にしか分かり得ない感覚にありますが、誰もが知ることの少ない存在“ Nina Stone ”を持ってみたい!と言う思いは本当に有り難く思います




b0367250_19181088.jpg
余談ではありますが、少し前にあった出来事として
“ Nina Stone ”の持ち主になって良いものか否かについて、別のお方に相談をしたのだそう

するとそのお相手の方から
『 あなたには日南さんの石は強過ぎるから持たない方がいい 』
と言われ、Nina Stone を断念されたケースも実は御座いました


こればかりは私も手も足も出さないようにしております

というのも、第三者に相談として委ねてる段階でご自身で掴みに行こうとされてないのが多少なりとも見え隠れしてるからです

もちろんこれは良いとか悪いとかではなく、シンプルに自分の声に従っていただきたかったなとは個人的には考えてはおりますが
b0367250_19200966.jpg




あ、話が逸れてしまいました ^_^
失礼致しました

戻しますね





今日のお方はサロン内に陳列されている石たちを目にした途端に感覚として懐かしさを感じ、目頭を熱くされておりました

( このような劇的な場面を目の当たりに出来ることに私も心から感謝申し上げます )


懐かしさから溢れる涙
感激もひとしおだったに違いありません

見てる私まで胸が熱くなりました


生きた石たちを知っている
b0367250_19323662.jpg
間違いなくこの方の魂は時空を超えて
再びこうして生きた石たちに
逢いに来てくださいました


ご自身の反応にかなり驚きを隠せずにいる様子でしたので、私から一言


『 Nina Stone Clinic では、説明が効かない不思議な出来事が当たり前に起きています
だからこそ今までは口コミのみの空間にありました

ただ、これからは少しでもこの有限な時間を活かす為にも私自身から縁ある方々に届くよう発信する覚悟を決めたところです 』


Nina Stone Clinic では、今回のような魂のドラマが連日のように繰り広げられております

どの流れもその方で無ければ、シナリオとしては完成されません



今日の涙を見てより一層に核心につきました


過去世を通して
魂の記憶が少しでもあるうちに
どうか一度生きた石たちに逢いにいらしてください
b0367250_20421768.jpg
私も生きた石たちも
再会を楽しみにお待ちしております






お越しいただきました本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-03-30 20:20 | 魂の記憶

杜の都・仙台在住、
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南
です






魂の記憶というものは、時として厄介だなあと感じることが多々あります

b0367250_10231629.jpg


特に私は何か自分自身がイヤな思いだったり、鳥肌が立つような言葉を耳にしたりすると尚更のこと



『 無礼な! 』

と、自然と出てしまう感覚なんです

b0367250_10241003.jpg

困ったものです





今はもう国を治める側でもありません

王室系統の血筋とはいえ、今世におきましては既に崩壊している立場

ベトナム国内でも、特に手厚いもの等無く…
民衆からは既に過去の存在




ただ、さまざまな歴史の波( 流れ )がある中で、個人の考え方ややり方には多少の変動があるとは思いつつも、最終的には国を滅そうとするトップはいないと信じたいものです


中には真実の歴史すらも塗り替えられるケースだってあるわけで…





と、常に心に葛藤があります

そんな毎日ではありますが、これが城内であれば分からなかったことや気付けなかったことに私は今は直面出来てるのですから、それはそれで有りなんだなと言い聞かせております



完全なる納得は無い

何処かで妥協せざるを得ない

b0367250_10275275.jpg


そう自分に言い聞かせております






◯◯◯
55
111
111
3333
5555
8888
8888
8888
※ 以上が本日、見かけた車のナンバーです






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

by ninastone | 2018-01-06 18:50 | 魂の記憶

【 支配欲との葛藤 】

杜の都・仙台在住、
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南
です






〜 私の中にある支配欲 〜
b0367250_07570050.jpg

これがまた厄介な一面なのであります




こうすれば良いのに
こうやれば良いのに



さまざまな思いが交錯してしまうのが現状にあるのも、相手のその先の姿や場面を感じ取ってしまうが故でもあります

b0367250_07575081.jpg

ただ、この感覚は今に始まったことではありません

子どもの頃からありました


初めのうちは口にしてはおりましたが、そのおかげ?せい?なのか周囲からはよく
『 子どもらしくない子どもね 』
と言われたものです



次第に場の空気を読むようになってからは控えるようにはなりましたが、もちろん本音は変わらずなまま

( まぁ、本音は本音でしかありませんから、変わりようがありませんが )




ただ、最近になって思うのが、良かれと思って伝えた内容であったとしても、相手の経験値や知識力の用意が出来ていないうちは本人の身にはならないんだなと言うこと
b0367250_07582300.jpg


やはり時期( タイミング )も大事なんだなと痛感


b0367250_07584328.jpg


何故そのように物事が働いてしまうのかの殆どは、生まれ持った魂 × 経験値にあるんだという事だけでも頭に入れていたいものですね

b0367250_07591326.jpg


そう言った意味では、私も私自身の魂の性格を理解してるからこそ
この自分の中にある支配欲との闘いに常に在ります






1
1
1
11
22
33
33
77
88
111
333
333
777
6666
7777
8888
9999
9999
※ 以上が本日、見かけた車のナンバーです






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!

by ninastone | 2018-01-05 17:55 | 魂の記憶