<   2018年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

急遽、美味しいと言われているうどん屋さんへ念願のデビューです

b0367250_15435828.jpg


幼き頃から亡き母から、

『 日南は一生、着るものと食べるものには困らない星で生まれてるから心配しないんだよ 』


はい ^_^


おかげさまで日々有り難い召しものと美味しく食べる日々を送っております!


本日も大変美味しゅう御座いました!
Mさん、ご馳走さまでした!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-28 16:00 | 日々徒然

昨年秋までは
毎月27日は『 日南の会 』を
開催しておりました

b0367250_09470071.jpg
正直、今でも抜け切れてません


Nina Stone の持ち主が
一堂に集うということは
生きた石たちにとっての
同窓会になるということ


そこに私がいるということは
必然的にクリアリングされてる
ということになります



とはいえ、私一人で
全てを切り盛りしていましたので
なかなか落ち着けなかったのも
実はありました



生きた石たちを考えると
形を変えてでも
集える時間を
何らかの形で再び開催したい ^_^
b0367250_09481346.jpg


何かいいアイディアが無いかしら?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-27 20:00 | Nina Stone Clinic

互いに支え合いながらの二年でした ^_^



b0367250_09300206.jpg



これからも、


三年・五年・十年・三十年と共に

笑いあり

涙ありと

楽しく

成長しあえる夫婦?親子?で

在りたいと思います



b0367250_09315175.jpg

いつもいつもありがとぉっ!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-26 22:50 | 日々徒然

本日は参加者皆さまにとって貴重なお時間をいただき心より感謝申し上げます



少しでも目指す指標をハッキリと一人でも多くの Nina Stone の持ち主とシェア出来ればと思っての開催でしたが、如何でしたでしょうか?

b0367250_09225269.jpg


そして奇しくも深夜に久方ぶりに大きめで長い揺れが福島を震源地としてありました



まさに問われております



どうか現状の自分よりも、Nina Stone の持ち主であることに誇りをお一人お一人に持っていただきたいです( もちろん傲慢になってしまわない程度に )
Nina Stone は誰もが持てる存在ではありません



そろそろ他の Nina Stone の持ち主にも動いていただけたら幸いです



今後は茶話会やミーティングなどでより皆さまと希望を持ったやりとりが出来ればと思います ^_^



宜しくお願い申し上げます


追伸
b0367250_09564143.jpg
巻き寿司の差し入れをいただきました!
Yさん!
大変美味しゅうございました!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-25 19:00 | Nina Stone Clinic

私、柴田日南、2歳の頃の写真です ^_^
b0367250_08232682.jpg
竹細工の専門家だった父手作りのベビーベッド
よく見ると、六つ目の編み方になっております

右下に映る影が見えませんか?



こうして先人方は日用品の中に六芒星を取り入れていました
b0367250_09171229.jpg


ましてやこの材質が “ 竹 ” となると間違いありません
b0367250_08244579.jpg
まさに最強の組み合わせなんです


そう思うと、いかに竹林によって日本は守られている環境下にあるのかがお分かりになるかと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-24 16:50 | 地域との繋がり

今日は思い切って次世代を担う二人と私を入れた三人で船の旅に出かけることにしました



奈々海さんの船酔いは大丈夫かしら?と心配こそはありましたが、先ずは案ずるより産むが易し



海の玄関口マリンゲート塩釜へ

浦戸諸島への船便が午後塩釜港を出航し松島湾までの島々を巡るコースを先に楽しむことにしました

湾内を50分の船旅でゆったりと愉しむ島、仁王島、鐘島、千貫島、雄島、双子島、と松島の島巡り

b0367250_10411475.jpg
久方ぶりの船の旅です



幾千年の歳月をかけ自然現象や浸食により仁王像を思わせる松島湾の名勝「 仁王島 」
b0367250_02575342.jpg
この島も侵食が進んでいて、首がとれてしまいかなり分かりやすく補強工事がされておりました


松島湾の中央に位置し、大波が打ち寄せると鐘を打ったように音が聞こえる「 鐘島 」
b0367250_03054887.jpg
※ うみねこへの餌やりは、いまは禁止されていますのでご注意ください

それにしてもガイドのアナウンスがなかなかユニークなものでした




松島港に到着し、徒歩で松島海岸駅へ
b0367250_12272370.jpg
仙石線に乗り、再び本塩釜駅を目指します
〜 おにぎりとカツサンドを片手に 〜




そして再び塩釜港へ向かい、浦戸諸島行の汽船で先に寒風沢( さぶさわ )を目指すことにしました
b0367250_12325445.jpg
寒風沢島
人口約170人
面積:1.45平方キロメートル 周囲13.5km
b0367250_22342763.jpg
港周辺は津波被害の跡がまだ残っております

石碑が並んでいる周辺も復旧工事中



一度に無理なのは致し方ないことにあります
野生のタヌキが私たちを出迎えてくれました
b0367250_23090826.jpg
ならば、せめて私龍のご挨拶だけでも
b0367250_23105714.jpg
きっと人々もそう滅多に足を運ぶことも少ないであろうこちらの『 船入島弁財天大神社、船入島龍神大権現社 』

地植えされた姫榊がとても元気にそびえているのがかなり印象に残りました

b0367250_00211013.jpg
砲台場跡の案内板には次のように記載されております


“ 慶應3年( 1867年 )、仙台藩では寒風沢港を海防上最も重要な地点として、寒風沢、石浜水道がよく俯瞰できるこの地に砲台を築造した

「 加農砲 」三門を据え、弾薬庫、見張所を備え、また沖砲台として船入島には鉄の巨大砲二門を置き、別に石浜崎黒森に一門を据え、藩より大砲方士卒五十人余りが、寺院松林庵に駐屯して警備にあたった ”




次なる目的地は野々島へ

b0367250_00425610.jpg
島の間を結ぶ渡船は誰でも無料で利用可能ですので、手にしていた島の案内マップで記載されている携帯番号に電話をし、お願いしました




野々島到着
猫アレルギーな私なのに⁈
b0367250_00513759.jpg
島の猫たちはとても人懐こく、とても温かくお出迎えをしてくれました


野々島
人口約100人
面積: 0.56平方キロメートル 周囲8.9km


津波被害が甚大だったんですね
b0367250_00535557.jpg
港周辺の集落の一部には家屋があったと思われる基礎が残っており、間取りがとても鮮明に残されたままにありました



『 熊野神社 』
大己貴命 ( おおなむじ )が祀られております

一見普通の神社に見えますが裏側に回ると小さなキリシタン仏があり、禁教令が出されていた時代に隠れキリシタンたちが拝んでいたとされております

本殿に隣接した鐘楼を私たち三人、それぞれで鳴らしました

音霊ですから
b0367250_01003389.jpg
他にも野々島には至る所に「 ボラ 」と呼ばれる洞穴があります

過去に防空壕や倉庫などに使用されたという話があるようで、その時期などの詳しい情報は得られていないんだとか
とはいえ、今でも民家の倉庫や漁具の資材置き場として重宝されてる様子




時間の都合上、ラストは桂島へ
b0367250_01370533.jpg
ここでも渡船をお願いしょうと書かれている携帯番号にかけてみたところ、丁度側に居たという何ともコントのようなパターンに

とても元気な方で、次に野々島に来る時は声掛けてねと言ってくださいました ^_^



桂島
人口 約300人
面積: 0.76平方キロメートル 周囲6.8km
b0367250_01405560.jpg
浦戸諸島の中で一番本土に近く、船で20分ほどで行ける離島にあります



『 石浜神社 』
b0367250_01482834.jpg
中はかなり荒れてはいましたが、祭神は木花咲耶姫売命( このはなさくやひめのみこと )・花園法王( はなぞのほうおう )・聖徳太子 ( しょうとくたいし )の三柱として祀られております


こちらでも本殿に隣接して鐘楼がありました
もちろんこちらでも音霊を

何より最初に驚いたのが、こちらの波型手すりがあったことにあります
登りでは取っ手としての機能
降りる時は杖としての機能
この両方の機能が掛け合わせらた人間工学に基づいてデザインされたもの




さて、そろそろ戻るとしますか
b0367250_08033313.jpg
少しだけ待合室にて休憩をとりました

こちらでは乗船用のチケット売り場がないですが,帰りのチケットは船内で購入し、無事帰りました




今回の船の旅が少しでも若き二人にとって、後に繋がるものとなりますように

私もいずれは先人という立場になる身
だからこそ尚更感じるものがあります


何を残せるか、をです

b0367250_08070552.jpg
夜はこちらで


ん?
田ぬき?

野生のタヌキと出会ったばかりなのに、面白いものですね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-23 19:55 | 旅日記

吉田神社にはこんな土鈴もあります
節分の縁起物
四つ目の鬼の土鈴



方相氏の厄除土鈴
( ほうそうしのやくよけどれい )
b0367250_23484015.jpg
四つ目でとても怖い顔をしていますが、悪鬼を祓うために節分祭の追儺式に登場する貴重な存在


Nina Stone Clinic のお気に入りコーナーにもちろん仲間入りです ^_^
b0367250_23494507.jpg
さて、こちらの角度からも


ちなみに手前両脇に鎮座されている小物入れはラクダの骨で作られたもの
砂漠の多い中東ではラクダは大切な生き物です
大事にしたラクダを骨まで使って美しい小物入れに変身させるという伝統工芸の素晴らしさを感じさせますね



そしてこちらが
b0367250_23594013.jpg
えっ…と

その…


ん…
b0367250_23594412.jpg
ごめんなさい



すっかりお名前を忘れてしまいました


ラスト2体というところで手にした分、思い入れは御座いますが


どなたかご存知は方はおりませんか?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-22 10:55 | Nina Stone Clinic

※ 2017年12月21日でも掲載されておりますが、再度投稿いたします






汚してしまった水を綺麗にしょうとする方々がおります

伐採してしまった木を元に戻そうと植林する方々もおります





では、採石してしまった石たちは?

石を土を埋め立て地以外に戻そうとする考えは現段階でどれだけあるのでしょうか?





大地こそ地球のベースです

その上に水や草木が存在します

そして私たちもおります



b0367250_23053702.jpg



その地球本体が担当である私だからこそ、採石され仮死状態になってしまった石たちを本来の状態に戻しております





地球本体に目を向けてください

私たち人類が生きてるように、地球本体も活動しているんです





これ以上の採石は、よりマントルを活性化し、その活性化された地球エネルギーによって地震や火山が起こりやすくなります





それと同時に心臓を持つ動物たちもイライラや不安や怒りなど、感じやすくなるでしょう

だからこそ不可解な出来事が起きやすくなります

感情のままに動く事故や事件が多発するんです





地球本体をここまでにしてしまったのも人類が土足でさまざまな領域を侵してしまったからこそ





もっと現実に現状に意識を持ってください

私たちは全員、この地球の上で生かされてることもです


b0367250_23380705.jpg



生きた石・Nina Stone の必要性と立ち位置をもっと分かりやすいように発信が出来るよう努めます





改めて宜しくお願い申し上げます






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-21 20:55 | 生きた石たちの世界

どんなことも
最終的に選んだのは自分に在ります


どんな路にも
必ずそこを選択して来た自分がいます




そして今の “ 自分 ” となっております



相手からのアドバイスが
呪詛とならぬように
b0367250_18412509.jpg

相手からのアドバイスが
糧となる自分になるにはどう在ればいいのか



ただ、その時のための
しっかりとした自分づくりを

悔いなき日々を迎えられれば
より軽やかな自分でいられます



だからこそ
どんな時も惑わされない自分で在りたい


自分の魂の答えは
常に自分の中に在ることを忘れないで






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-20 15:55 | わたしの中にある道徳

昨日も数カ所ほど神社巡りへ


『 生出森八幡神社( おいでもりはちまんじんじゃ )』
b0367250_22280845.jpg

社殿は仙台市の登録文化財として

b0367250_22325376.jpg


社殿前には神楽殿があり, 例祭にここで演じられる生出森神楽は名取市熊野堂神楽の明治24年頃の直伝のもの

仙台市指定無形民俗文化財でもあります


b0367250_22312272.jpg
ちなみに手水場の水はすっかりカチコチに凍結しておりました






『 坪沼八幡神社( つぼぬまはちまんじんじゃ )』
b0367250_09212833.jpg

元々は古墳だった所に、当時陸奥( 東北 )地方一帯に勢力をふるっていた大豪族
安倍氏が根添城を築いていたおりましたが、1056年の前九年の役の時、安倍氏と源義家がこの地で激戦を行い、 この地の安倍氏は滅亡し、この時に征夷大将軍となったのが源頼義なのであります

b0367250_09220421.jpg

また、石清水八幡宮の御分霊をお祀りしており、仙台の八幡神を祀る神社としてはこちらが一番古い神社とのこと

b0367250_09243465.jpg



歴史を感じさせる拝殿で、周囲は日本古来の里山としても知られており、また夏にはホタルの名所として多くの人々から愛されております
b0367250_09334091.jpg



神功皇后( じんぐうこうごう )〜息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)〜

“ 古事記 ”や“ 日本書紀 ”に記されている第14代天皇でもあります夫の仲哀天皇( ちゅうあいてんのう )が急死し、その後お腹に子供( ※のちの応神天皇 )を妊娠したまま朝鮮半島に出兵して三韓征伐を行ったというなんとも気迫に満ちた皇后です
その後 “ 日本書紀 ”などによれば、神功元年から神功69年まで政事を執り行なったとのこと

後に神功皇后は母神として、子供の守護或いは良縁に関わる信仰が厚く広く、親しまれるようになりました



境内には立派な鐘楼( しょうろう )があります
b0367250_09355816.jpg
戦時中に拠出した一代目を昭和年復元した二代目の鐘で、歳の数を鳴らすと厄除けとなるとのこと
b0367250_09375432.jpg

ただ、さすがに40数回と鳴らすのもなと思い適度な回数分鳴らして参りました


子宝石、細石…
b0367250_09412747.jpg
あと一つの石は何を役割としてるのかを聞いてはみたものの、ご存知無いとのこと


どんな石であれ、そこに御利益を乗せているのは人間側の都合


しっかりと私龍のご挨拶をさせていただきます




帰り道にはラーメンをいただきました
b0367250_09470264.jpg
やはり生まれ持った肉体は人間側に在りますので、ここで口から食せることに感謝を込めて

いただきます!





そう
何故、最近になって私自身が神社巡りばかりしてるのか


それはその土地にある歴史に触れられることと、人間の動線を視るためにもあります



詳しくは
いつか綴れたらなと思います






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-02-19 20:30 | 旅日記