<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『 Nina Stone 』
今はまだそれほど多くの人には知られておりません
b0367250_09273213.jpg



石=パワーストーンのイメージが未だ、根強いのが現実的にはある中
b0367250_09314502.jpg

いかに ‘ 生きた石たち ’ の存在意義を伝えるかが今後の私の課題の一つにあるのかなと思います



もう、思考で考えた上でチョイスし、願掛けを意識したパワーストーンより移行をすることが望ましいと私はみております
いわゆる、石に他力を求める時代からの卒業段階に今は問われ、入って来ているということです

もちろんパワーストーン達にも助けられた時期もありました
b0367250_09335985.jpg

よく雑誌の裏表紙に掲載されたラピスラズリのペンダントトップも買い求めた時代もありましたね
〈 かくいう私もその一人です 〉



そこからでしょうか
石を身近に持つというスタイルが日常化し、次にいよいよ願掛けのパワーストーンの時代に入ります

特にバブル崩壊直後はより多くの方が時代にこれからに不安を感じ始めたことから、願掛け意識の強いパワーストーンに人気が強まったように感じます

もちろん、けして願掛けが悪いわけではありません

ただ、シンプルに他力より自力に移行しませんか?ということです



Nina Stone は生きた石たちによって形成し、表現された “ 自分自身 ” に在ります
b0367250_09330022.jpg

誰もが持てるパワーストーンか
覚悟を持った方にしか手に出来ない生きた石・Nina Stone


あなたはどちらに自分を置きたいでしょうか?






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-30 19:20 | Nina Stone Clinic

はじめは二人きりで出掛ける予定でした

が、突如として
夫を含む三人で出掛けることに!?



山寺は「 悪縁を切る 」としても有名な場所

b0367250_02305756.jpg

奥の院までの1015段の石階段を登ることにより『 一段一段踏みしめていくごとに、一つずつ煩悩が消え悪縁を払うことができる 』とも言われております


悪縁とは対相手があって、だけでは無いように感じます
b0367250_02374226.jpg
自分の中にある ‘ ネガティヴ ’ との縁を切ることも含めて、共に登った方は己の中にあると向き合いながらひたすら登りました


登りながら考えました
b0367250_02391439.jpg
どれだけの人がここに訪れ、ひたすら登り続けたのだろうと
b0367250_02392068.jpg
顔では笑顔でも、心の中で感じてる何かがあるからこそ無意識ながらも訪れてるのかなと


私も石に触れたものの、他の観光客の気配でなかなか集中出来ず
b0367250_02441643.jpg
これも私自身がまだまだ修行が足りていない証し


ならばせめてクリアリングだけでも
b0367250_02455132.jpg
それが私の体質でもありますから
さまざまな思いがこちらの石に転写されてますからね

無しにしましょうよ



五大堂からの眺め
b0367250_02593777.jpg

曇り空ではありますが、街並みは見えておりました
b0367250_02594154.jpg

と、後ろでは
b0367250_02594574.jpg

まあ、良しとしますか




今回は美味しい納豆味噌ラーメンもいただき
b0367250_03032949.jpg


‘ 腰掛庵 ’ のわらび餅も手に入れ
b0367250_03033469.jpg


珍しく夫だけが気付いたこちらの石をクリアリングし
b0367250_03033833.jpg


山形県東根市大字関山の
‘ 大滝 ’ へとつづくこちらの赤い橋を渡り

b0367250_03034462.jpg


ここ、大滝の滝壺にたどり着きました
b0367250_03035002.jpg


また一つ、共に過ごしたことでたくさんの気付きにも繋がったかと思います
b0367250_03143636.jpg

何よりも、帰りの車中でエネルギーの波を動かしていたら後部座席から痛む声が

あ、ごめんなさい

次回からは注意しないとなりませんね



エネルギーを真っ向から受け取れる体質を持つ方の前では控えないとなりませんね


そしてこの三人の旅
なかなか味わいのある旅でした


ざす!( 夫風の感謝の挨拶 )






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-29 20:20 | 旅日記

今日は東西南北、内陸部・沿岸部と考えた末でアンテナが反応を示したのが南相馬市でした

地図を見て、自然と眼が行く場所へ



そして今回縁あって辿り着いたのが、ここ南相馬市の沿岸部に御座います
b0367250_18531556.jpg
偶然とは不思議なもので、一部残されたであろう岩をそのまま残した状態にして階段をつくるといった形状のものでした


まさに触れられる石( 岩 )がそこにあるだけでも本当に有り難いものです!
b0367250_18592168.jpg
早速、音霊によって各石の反動数を確認
( 人体で例えるとしますと、聴診器を当てるような感覚に近いです )


するとこちらの岩のみ、鈍く、響かない反応が返って来ました
それはその場にいた全員が確認しております


※ なかなか火が付かない線香を手にマントル調整の開始です
b0367250_19061661.jpg

実は今までに持って来たアイテムの中で唯一、今までに無くて今回持って来たモノ

それこそが ‘ 線香 ’ でした

二度に渡って一瞬でこそ火は付いたものの、直ぐにその場で消えてしまったこちらの線香
b0367250_19053462.jpg
湿気ってるのかしら?
よく分かりませんが、なかなかやり甲斐があります

もちろん思いは込めずに
b0367250_19120656.jpg
淡々とこなします


ー 思いは時に独り善がりなものと化してしまいますので、ね ー


三人で再び、音霊にて再確認
b0367250_19143210.jpg
ようやく他の岩たちと同じ周波数にまで調整が出来ました

この瞬間ほど、安堵するものはありません



〜 岩に触れた時、無数の小さなドクロが大きなドクロの集大成となった映像を視せられました 〜

〜 次に、アイロンの底のような形の中に十字架がある形を視せられました 〜



南相馬市だからでしょうか?
b0367250_19174558.jpg

千年以上の伝統を誇る、世界最大級の馬の祭「 相馬野馬追 」が開催されるだけに馬の文化がここでは今もなお根付いております

その一場面を垣間見たようにも感じられました


仕上げに榊を海に放ちます
b0367250_19221149.jpg

見守ってくださった二人が唯一の目撃者ですが、見事な程に真っ二つに分かれて放たれました

皆で大爆笑です!

b0367250_19221548.jpg
まるでウユニ塩湖のような砂浜




帰り道に立ち寄った中浜小学校
b0367250_19245003.jpg
先ほどは全く火が付かなかった線香が、こちらではしっかりと火が付いてくれました

あまり深くは追求しないでいようと思います

分かる方には分かることですからね
それが何を意味するのか、は




東日本大震災のあの日
b0367250_19320612.jpg
あの日を境に大きく人生が変わったという方はけして少なくないと思います


“ 生 ” があることで出来ること
“ 命 ” があるからこそ前に進むことが出来ます
b0367250_19355446.jpg

ダイヤの原石は誰にでもあります
その原石をどう磨いて行くのかは
常に己の選択にあることを忘れずにいてください






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-28 19:55 | 旅日記

生きた石たちが集う空間・Nina Stone Clinic
b0367250_17582645.jpg



今日はクリアリングも兼ねて、自身の持つ自己治癒力を高めるメニューを実施したところ、空間の色が変化していく場面が見事に映し出されました

b0367250_17531543.jpg

b0367250_17531886.jpg

クリアな色から一部、ほのかな薄い赤みに変化して行くのがお分かりになりますでしょうか?
※ 丁度、私が目を閉じ、エネルギーを集中したタイミングで色が変わって来ております



実はこちらはエネルギーの排泄物のようなものにあたります

b0367250_17550325.jpg
〈 クリアリングの動画の方が、見事にエネルギーカラーの変化を映す出しておりますので気になる方は直接動画をお見せ出来ます 〉



この変色こそがエネルギーの排泄物、いわゆる汚れにあたります

汚れがあればネガティブな思考はもちろん、言動的にも肉体的にもプラスなものが生み出し辛くなります

だからこそクリアでいることの大切さと、自分軸を持つ強さが必須となって来るのです

b0367250_17555171.jpg


◇ クリアリング
心や頭の中に詰まっているネガティヴな思考や感情、思い込みを軽くし、クリアな状態にして詰まりを和らげ、心や頭の中のスペースを生きた石が集う空間内で音霊( クリスタルボウル・シンギングボウル・ティンシャ等 )たちの音色やこちらでご用意したお香の香りと共に作りあげていきます

1時間 12,000円 ( 税別 )






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-27 21:00 | Nina Stone Clinic

今日は過去世より深き御縁で繋がっている方々とお逢い出来た日のようにも感じました


そのお一人が今日がお誕生日とのこと
プラスアルファとして、還暦を迎えられたとのこと

〜 Happy Happy Birthday 寿美子さん! 〜


思わず母よりも長生きされてるじゃないですか、と
( ちなみに私の母は57歳で他界しております )
b0367250_10113268.jpg
急遽、二人で塩竈神社を参拝

互いに光り遊びも楽しみながら
b0367250_10161361.jpg
偶然にもそれぞれの母親が同じ命日だったというのも繋がりの深さを感じます


ランチはこちら
‘ ブレアマリーナ / Trattoria BLAIR MARINA ’
b0367250_11415291.jpg
東塩釜駅から徒歩で行ける海鮮の美味しいイタリアンのお店ですが、私にとっては約20年ぶりに来たお店です

昔から人気のある空間でしたが、やはり美味しくいただきました



さてサロンに戻り、今度は二人から三人へ

紐交換には必ず意味があります
b0367250_11550467.jpg

生きた石たちだから持ち主に伝えたいことが盛りだくさんです

b0367250_11550814.jpg

だからこそ伝えます
伝え続けます

b0367250_12515553.jpg

伝えない事程、実は勿体無いことに気付いてるからです

いつもいつも
有り難う御座います!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-26 22:00 | 日々徒然

これからも地球本体は何千、いや何万年と生き続けます
b0367250_09245228.jpg


その中の僅か100年足らずの命を生きる私たち一人一人ですが…

地球バランスがここ近年凝縮して崩され過ぎた今だからこそ、私も関わる一人としてさまざまなアプローチを、頂いた御縁を、「 石を本来の状態に戻す能力者 」として活かせるようにこれからも動いて参ります






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-25 15:15 | 生きた石たちの世界

会津周遊 二日目


朝一番に宿の周辺を散策
b0367250_00042249.jpg
紅葉がはじまりはいつも秋に向けての心の準備をさせてくれます

散策中に出会った子猫との束の間のコミュニケーション
b0367250_00124247.jpg
ずっと真っ直ぐに見てくれました

朝食もしっかりといただきました
b0367250_00124633.jpg
大変美味しゅう御座いました

帰り際には一人一人に宿からのプレゼントが
その細やかな心配りが嬉しいですね

大切に致します
b0367250_00125063.jpg
‘ 起き上がり小法師 ’ に御座います

[ こちらは忍耐強い七転八起の象徴として愛され、密かに人気のある会津の縁起物です ]

ちなみに女性には赤を
男性には青の起き上がり小法師がお土産として頂きました

大変お世話になりました!




今日は飯盛山( いいもりやま )へ
b0367250_00290530.jpg
白虎隊、会津藩士の思いを改めて知り、先人への敬意を表すると共に、現世代を生きれる事に改めて感謝した次第です

「 利を求めず、義に生きる 」
福島県会津にいまでも語り継がれる会津人としての精神に在ります

〜 こちらにも綾瀬はるかさんのポスターが 〜
b0367250_00300290.jpg
やはり大河ドラマの影響というものは大きいですね


戊辰戦争に参戦した会津藩は,軍制改革を行い,藩士を年齢別に分けました
b0367250_07130119.jpg
・白虎( 16~17歳 )
・朱雀( 18~35歳 )
・青竜( 36~49歳 )
・玄武( 50歳以上 )

今でいう中学三年生から高校一年生にあたる16〜17歳の少年で編成された白虎隊

19人の隊士たちが選んだ “ 自刃 ”という手段

時代と当時の精神を感じます


こちらの ‘ 会津さざえ堂 ’ は、1796( 寛政8 )年に建立された六角三層の仏堂
b0367250_07275235.jpg
正式名称
円通三匝堂( えんつうさんそうどう )

内部はDNAと同様の「 二重らせん 」のスロープ構造により、独立された上り・下りの動線のお陰で参拝客同士が決してすれ違うことがありません
b0367250_07325009.jpg
国の重要文化財に指定され、日本遺産にも認定されているにもかかわらず今も内部に入り、参拝出来るのは大変有り難いなと感じます


移動しながらふと目にとまったこちらの石
b0367250_07342550.jpg
もちろん出来ることはさせて頂いております

一瞬だけ今回のツアーを主催されたSさんに、
「 石が分かるの? 」
と聞かれましたので、シンプルに
「 はい ^_^ 」
とお答え致しました




さて、昼食をいただきに移動します

120年以上もの歴史をもつ元海産物問屋でもあります ‘ 大正浪漫 渋川問屋 ’
b0367250_07414974.jpg
会津の地で長く受け継がれている郷土料理でもあり会津の名物でもありむす、こづゆ、塩川牛、鰊の山椒漬け等々を美味しく頂きました

特にこづゆはすっかりお気に入りです!

大変美味しゅう御座いました




この後に訪れた、慧日寺( えにちじ )では当時の特徴がわかる石敷広場も復元されており
b0367250_08043810.jpg
個人的にテンションMAX!

とはいえ、鉱脈はツボでもありますから「 ここ! 」という石のみを触れさせて頂きました




次なる場所は桧原湖( ひばらこ )へ

こちらは磐梯山の噴火で川がせきとめられたことから誕生した広大な湖にあります

※ 最大水深は約30m、湖周30km
b0367250_08261193.jpg

モーターボート遊覧コースを堪能致しました

それにしてもそのスピード感にびっくり!
と共にこっそりとクリアリングも

いつも持ち歩いてる相棒でクリアリング中、妙な脂汗のようなものが手のひらから出て来た感覚はなんとも言えないものでしたね
b0367250_08322843.jpg
[ 磐梯山の噴火によって477人が犠牲となり、桧原宿は水深約15メートルの湖底に沈んだままに御座います ]

桧原集落にあった大山祇神社( おおやまづみじんじゃ )は当時高台にあったため、完全なる水没は逃れたものの、一の鳥居は写真のような位置にあるくらいですからいかに湖底深く沈められてしまったのかが伺えるかと思います
b0367250_09075999.jpg

この瞬間、大自然の現実を垣間見たようにも感じました


ちなみに桧原湖では冬季は氷上でワカサギ釣りが楽しめるとのこと
人間はやはり強いですね

ある意味でですが



ラストは旬の果物を使用した手造りジェラートと、ハチミツ入りの焼き立てコーンでも知られている ‘ honeybee ’ に立ち寄り
b0367250_09142083.jpg
カフェラテをチョイス

あまりジェラートを口にしない私でも美味しくいただけました



本当に濃厚で濃密な二日間のバスの旅

〈 そういえば今回乗車したバスは、おろしたての新車バスとの説明もありました!〉
b0367250_09194434.jpg
Sさんはじめ、同行いただいた皆さま
素晴らしい時間を共に過ごさせていただき有り難う御座いました!

また御目にかかれますことを楽しみにしております!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-24 23:55 | 旅日記

今日は夫婦でお誘いを頂き、30名の皆さんと貸切バスにて、福島・会津を周遊して参りました



先ずは会津祭り・会津藩公行列出陣式を見学

〜 平成30年は明治維新から150年の節目の年 〜

NHK大河ドラマ ‘ 八重の桜 ’ にて出演した綾瀬はるかさんも参列して会場は大いに盛り上がっておりました
b0367250_21523306.jpg
それにしてももの凄い人・人・人!
そしてなかなかの暑さです!




その後は ‘ 古民家レストラン独鈷( どっこ ) ’ にて昼食を
b0367250_21583581.jpg

・箸はじめ3種盛(季節のもの)

・牛すき焼き

・秋の味覚 天ぷら(海老、銀杏、ヒラタケ、蓮根、さつま芋)

・霜降り上馬刺し

・秋鮭のキノコあんかけ

・名月しんじょと彩野菜

・きゅうりとクラゲの酢の物

・自然薯のすりとろろ

・麦飯(会津湯川米)

・会津の芋汁

・漬け物盛

・福もなか

・竹炭コーヒー


昼食とは思えないもの凄い量でしたが、やはりその土地のものをその場でいただけるのはこの上無く贅沢なことにあります


大変美味しゅう御座いました!




彼岸花とかすみ草の組み合わせにもため息が出ます

b0367250_22083330.jpg
( あ、こちらにも綾瀬はるかさんのポスターが )

昔はお殿様へ啓上するお米を保管されていたというこちらの蔵屋敷付きの古民家

江戸時代に建てられたというわけですから、築150年は越えております


古き良きものを今に伝える空間デザインのセンスを感じられ、本当に素晴らしい昼食のひとときでした

b0367250_22222126.jpg
有り難う御座いました!





次に向かいましたのが、大内宿( おおうちじゅく )
b0367250_22261002.jpg

〜 江戸時代の宿場町の風情を今に残す、かやぶき屋根が軒を連ねる集落に御座います 〜



ここでしか食べられない ‘ ネギそば ’ の存在を知りつつも、つい先ほどお腹を満たして来たばかりですので夫婦で散策をすることに

すると目にとまりましたのがこちらの巨大な鳥居に御座います

『 高倉神社( たかくらじんじゃ )』
b0367250_22265937.jpg
御祭神
・高倉宮以仁王( たかくらのみやもちひとおう )

※ 御祭神の高倉宮は皇族であられたということにより社号標には色褪せてはいますが、きちんと黄金の菊の御紋が刻まれております


一の鳥居、二の鳥居といずれも木製で、形をあえて整形されてないところが何とも素晴らしく感じました
b0367250_23040064.jpg

手水場も常に流れ続ける清らかな小川の水はなかなか煌めいておりました



誰も居ない空間にていつものセルフタイマーでの撮影を

b0367250_23194337.jpg

b0367250_23194993.jpg

b0367250_23195443.jpg

ん?
…まぁ、深くは考えまい
b0367250_23262860.jpg
御縁を頂けたことには変わりはありませんからね


さあ、バスの集合時間に間に合わせないと
b0367250_23272740.jpg
思いがけずに巡り会えたこちらへの路に感謝しながら後にします

〜 再び逢いに来れますように 〜




さて、宿へ到着
足湯でまったりとしながら…も
b0367250_23322955.jpg

やはり気になる場所を見つけてはマントル調整!
b0367250_23323269.jpg
本能が騒ぐわけですから、こればかりは…ね


それにしてもまたまたご馳走がズラリと!
b0367250_23380586.jpg
会津の伝統的な料理で具だくさんの「 こづゆ 」が特に印象的でした


そして華やかな空間を彩る東山芸妓( からり妓さん )の舞
b0367250_23380999.jpg
江戸時代から会津独自のしきたりや、歌や踊りの伝統芸能が今でもしっかりと受け継がれております

〜 真衣さんにはまたお会いしたいものです 〜



この日のラストは Nina Stone の持ち主との再会
b0367250_23381320.jpg
もはや私の初期の頃からの繋がりに御座います

こうして会いにお越しくださり感激です!

今までもこれからも宜しくお願い申し上げます!






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-23 23:55 | 旅日記

動物はとても正直ですね
b0367250_21263965.jpg

本能をフルに活かさなければ
自分の命にも関わるわけですから

b0367250_21271790.jpg

それを分かっているからこそ
相手が自分にとって
陽の存在なのか
陰の存在なのかを
十分に理解しております

b0367250_21274806.jpg

己を知っているからこそ
冷静に考え
状況判断が出来るのでしょう



さて
果たして人間社会はどうなんだろう

そうふと頭をよぎりましたが
深く考えるよりも

笑顔でいよ
b0367250_21301817.jpg
そう切り替えられたのも
ほかの動物たちのお陰かもしれませんね






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-22 22:15 | 日々徒然

これはあくまでも
個人的に感じてること

それは、よく
“ 晴れオトコ ”・“ 晴れオンナ ”
と自身を表現するシチュエーションを耳にしたり、目にしたりした時に感じた時に、何故かいつも立ち止まって考えてしまうんです



この大地を自分のお肌として
置き換えたとします
b0367250_08192583.jpg

果たして晴れてることが素晴らしいことに繋がるのだろうか?とつい考えてしまいます
( 大地にしてもお肌にしても、元気な状態があるのも日頃から水分が満たされていなければ難しいわけです )


元気の源には必ず “ 水分 ” が必要不可欠なものとなりますから、やはり雨も大切です


ともなりますと、ここぞと言う時だけの ‘ 晴れ ’ なくらいで丁度いいと感じております
※ 水量が不足してる今であれば尚更のこと


その時こそ「 この路でよかったんだな 」という視えない世界からのメッセージにも繋がるのでは無いのでしょうか






本日も最後までお読みくださり、大変光栄に感じます!
Cám ơn nhiều!



**** 杜の都・仙台在住 ****
整導石師( せいどうせきし )・柴田 日南

by ninastone | 2018-09-21 15:25 | わたしの中にある道徳